ガスキッチンとIHキッチンの徹底比較![経済的なのは?メリット・デメリットは?]

賃貸物件を選ぶ際、さまざまな点を比較しますが、近年比較されることが増えてきたポイントが「ガスキッチン」と「IHキッチン」です。両者それぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらがいいとは言えません。そこで今回は、ガスキッチンとIHキッチンの違いについて徹底的に比較していきます。物件を選ぶ際の参考にしてください。

 

ガスキッチンのメリット

まずはガスキッチンを利用する上でのメリットを確認します。

高い火力での調理が複数口可能

ガスキッチンの最大の特徴といえば、やはりその「火力」ではないでしょうか。高火力で調理できるからあえてガスキッチンを選ぶという方も少なくないはず。

また、その高い火力を複数口同時に使えるというのもガスキッチンの魅力の1つです。いろいろな料理を一度に作れるのはうれしいですね。

鍋をあおりながら調理可能

メニューによっては、フライパンや鍋をあおりながら調理することがあると思います。ガスキッチンの場合、鍋をコンロから離しても火力が急に弱まることはないので、安心してあおりながら調理することができます。空気を含ませることでおいしくなる料理もあるので、気兼ねなくあおることができるのはうれしいポイントです。

調理器具が豊富

当然のことですが、ガスキッチンは昔からあり、IHキッチンは最近登場しました。そのため、調理器具のほとんどはガスキッチンに対応しています。かわいいものから実用的なもの、お店で使うような本格的なものまで幅広くあります。「この調理器具はガスキッチンに対応してるかな?」とわざわざ確認する必要がない、というのも魅力的です。

特に調理器具にこだわりたいという人には、ガスキッチンをおすすめします。

停電時でも使用可能

ガスキッチンなら、停電時でも使用することができます。特に冬場の停電などでは、暖を取る役割も果たすことができます。災害時の対応力はガスキッチンに軍配が上がります。

時間帯によって使用料金が変わらない

これは生活環境によってメリット・デメリットが変わってきますが、ガスは都市ガス・プロパンガスにかかわらず、時間帯によって料金が変化することはありません。そのため、ガスキッチンを利用することで、月にどれくらいのガス代がかかるか事前に把握しやすいという特徴があります。

都市ガスとプロパンガスについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

 

ガスキッチンのデメリット

次はガスキッチンを利用する上でのデメリットを確認します。

火災の危険

ガスキッチンは火を扱うため、どうしても火災の危険がつきまといます。特に空気が乾燥しているとその危険は高まります。火の消し忘れによる火災は、毎年必ず発生しています。

最新のガスキッチンには、温度が上昇しすぎるとセンサーで自動的に火を消してくれる機能がついているものもあります。消し忘れが怖いという方は、そういったガスコンロを購入してもいいかもしれませんね。

室温の上昇

ガスキッチンは直接火を扱うため、室温の上昇が避けられません。特に夏場は、キッチンでの熱中症なども発生するくらいです。上手に換気をするなどして、体調を崩さないようにしましょう。

掃除がしにくい

ガスキッチンは凹凸があるため、どうしても掃除がしにくいという特徴があります。本格的に掃除するためには、それぞれの部品をバラバラにする必要があり、面倒だと感じる人も多いでしょう。掃除がしにくいということは、汚れが溜まりやすいということでもあります。

 

 

IHキッチンのメリット

次はIHキッチンを利用する上でのメリットを確認します。

火災の危険が少ない

IHキッチンは、もちろん火ではなく電気を使用して調理をします。そのため、ゼロではありませんが火災の危険をガスキッチンより抑えることができます。

また、コンロの上に鍋を乗せていないと自動的に電源を切れるものがほとんどなので、その意味でも安全だと言えます。高齢者の方などにはIHキッチンの方がいいかもしれませんね。

掃除しやすい

フラットな作りとなっているIHキッチンは、掃除がしやすいというメリットもあります。鍋やフライパンを片付けてしまえば、雑巾などで拭くだけで掃除が完了します。清潔な状態を保ちやすいというのは、キッチンにおいても重要な点でしょう。

火の回りが早い

「IHキッチン=火力が弱い」というイメージが強いですが、実は電源を付けてから火が回るのは、IHキッチンの方が早いと言われています。準備してから調理に至るまでスピーディーに行えるのはうれしいですね。

火力確認がラク

IHキッチンの場合、火力確認は手元のメーターや液晶に表示されているもので判断します。ガスキッチンの場合は、かがんで実際に火力を確認しなければいけないことに比べると、ラクに火力確認をすることができます。

  

賃貸の森なら地元不動産会社が賃貸情報を厳選
⇑ LINEでカンタンお部屋探し ⇑

  

IHキッチンのデメリット

次はIHキッチンを利用する上でのデメリットを確認します。

一度に複数口利用することが困難

IHキッチンは電気を使用しているため、最大の電気容量が定められています。無制限に使用できるようにしてしまうと、IHキッチンを使用するだけでブレーカーが落ちる、なんてことになりかねないからです。

そのため、どうしてもガスキッチンと比べて火力が弱くなりがちです。特に、複数口を一度に利用しようとすると、電力を分散させなければならないため、火力に不満を感じるかもしれません。料理好きの人の中には、IHキッチンが嫌いという方も多いようです。

あおり調理ができない

ガスキッチンの場合は思う存分できていた、フライパンや鍋のあおり調理ですが、IHキッチンの場合は向いていないと言ってよいでしょう。IHキッチンは、フライパン等が離れると電源が切れる仕様になっており、あおり調理をすることでもう一度電源を付け直さなければいけなくなることもあります。IHキッチンを使用したことのある人は、電源が切れる際に鳴る「ピーピー」という音を聞いたことがあるでしょう。

調理器具が限られる

IHキッチンを利用したことのある人の中には、「あ、この調理器具IH対応してないんだ…」という経験をしたことのある人も多いでしょう。このように、IHキッチン対応の調理器具は以前に比べれば増えてきていますが、現状ガスキッチンより種類が限られています。特にデザイン性の高いものなどは、IHキッチンに対応していない傾向にあります。実用性だけでなく、調理器具の見た目にもこだわりたいという方は不満かもしれません。

停電時には使用できない

これは当たり前のことですが、IHキッチンは電気で動いているため停電時に使用することはできません。停電時だからこそ温かいものを食べて心を落ち着けたいということもあるので、そういったときに備えて卓上のガスコンロなどを用意しておくとよいでしょう。

時間帯によって料金が変化することも

ガス代と異なり、電気代は時間帯によって料金が変わることがあります。簡単に説明すると、深夜帯~早朝は料金が安く、昼間~夕方は料金が高く設定される傾向にあります。会社員の方などで、昼間は一切に家にいない方であればIHキッチンの方がお得かもしれません。一方、小さなお子さんなどがいて、常時家で料理をする機会があるご家庭では、IHキッチンは割高になることも。

利用している電力会社やガス会社がそれぞれホームページで料金を公開しているので、どちらを利用した方が安いか確認してみるとよいでしょう。

 

  

自分の生活環境に合ったものを選択しよう!

ガスキッチンとIHキッチンは、それぞれメリット・デメリットがあり、「こっちがベスト!」というものは存在しません。みなさんの生活環境やどれくらい料理をするのか、どこにこだわるのかなどに合わせて選ぶべきでしょう。今回の記事がその参考になれば幸いです。

 

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事