茅ヶ崎市ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

神奈川県茅ケ崎市といえば、湘南エリアの中でも別荘地として知られており、東京・横浜のベッドタウンとして今もなお人気を集めています。また、「サザンオールスターズ」などの有名なバンドを輩出した街でもあり、数多くのファンが聖地巡礼などに訪れる街でもあります。今回は、そんな茅ヶ崎市に住む際に必要となる情報について詳細にまとめました。

 

茅ヶ崎市ってどんな街?

茅ヶ崎市は、神奈川県の中心部のやや南部に位置し、湘南地域の中心的な都市として知られています。工業や産業というよりは、東京・横浜のベッドタウンとしての地位を確立し、数多くの観光客などが訪れる街になりました。別荘地ということもあり、多くの住宅が立ち並んでいるため、物件を探している方にもおすすめのスポットです。

1908年(明治44年)に茅ヶ崎村をはじめとした複数の村が合併し「茅ヶ崎町」ができました。その後戦争や関東大震災等を経て、1947年(昭和22年)に市制を施行し現在の茅ケ崎市となりました。

そんな茅ヶ崎市は、どんな街なのでしょうか。

茅ヶ崎市の人口と大きさ

茅ヶ崎市の人口は、2018年10月1日の推計人口で242,003人となっており、横浜市や川崎市・相模原市などに次いで県内で7番目に人口の多い街です。また、人口については、市制を導入して以降増え続けているという特徴もあります。

面積は、35.70㎢となっており、こちらは県内18番目の大きさとなっています。面積自体はそれほど大きくありませんが、人が多く集まるということもあってか、人口密度の高い街となっています。

リゾート都市として有名な茅ヶ崎市

茅ヶ崎市をはじめとした湘南地区は、リゾート地・海などのイメージが強いと思います。その中でも特に茅ヶ崎市は、リゾート地として海外も含め多くの観光客の方が訪れています。幅200mもある「サザンビーチ茅ヶ崎」には、夏ごろになるとサーフィンなどのマリンスポーツを求め、早朝から多くの方がやって来ます。海好きにはたまらない街と言ってよいでしょう。

一方、このようなレジャーが盛んな街として知られている茅ケ崎市ですが、湘南地域ということもあって都心部へのアクセスが不便なのではないかと考えられがちです。しかし、そんなことはありません。湘南新宿ラインによって東京都心部へも1時間程度で行くことができ、横浜の中心部であれば数十分で移動が可能です。そのため、茅ケ崎市は都心部へ通勤・通学する方が多く住んでいる街でもあります。

 

茅ヶ崎市の交通について

リゾート地としてだけでなく、学生や社会人の住む町としても機能している茅ヶ崎市。そんな茅ヶ崎市の交通事情を確認してみましょう。

茅ヶ崎市内を走る鉄道は2線路

茅ヶ崎市内を走っている鉄道は以下の2つです。

・JR東海道本線(湘南新宿ライン・宇都宮線・上野東京ライン)

・JR相模線

鉄道の数自体は決して多くありません。しかし、JR東海道本線が走っていることで、東京から静岡までの移動が可能となり、都心部や地方へ通勤・通学する方んも不便を感じさせないでしょう。

また、近場を電車で移動する際は、茅ヶ崎市内と相模原市までを結ぶJR相模線を利用することができます。湘南地域の移動の際には頻繁に利用することになるでしょう。

茅ヶ崎市内にある駅一覧

茅ヶ崎市内にある駅は以下の通りです。

・JR東海道本線

茅ヶ崎駅

・JR相模線

茅ヶ崎駅-北茅ヶ崎駅-香川駅

線路が多くないため、市内にある駅の数も少ない傾向にあります。中心となる駅は「茅ヶ崎駅」で、東海道本線と相模線の両方が乗り入れているため、毎日多くの方が利用しています。

主要駅までの所要時間

中心駅である茅ヶ崎駅から神奈川県内・東京都内の主要駅までの所要時間は以下の通りです。通勤・通学の際の参考にしてください。

・横浜駅 26分(JR上野東京ライン乗り換えなし)

・川崎駅 34分(JR上野東京ライン乗り換えなし)

・新宿駅 55分(JR湘南新宿ライン乗り換えなし)

・渋谷駅 61分(JR上野東京ライン品川駅でJR山手線に乗り換え)

・町田駅 39分(JR上野東京ライン藤沢駅で小田急江ノ島線に乗り換え)

線路や駅数が少ないのは残念な点ですが、都心部の駅にもほとんど乗り換えなく移動することができるというのは大きなメリットです。都内に学校や職場があるという方にもおすすめの街です。

茅ヶ崎市内にある道路について

茅ヶ崎市は、都市部から少し離れているということもあり、自動車を利用する人が多い街でもあります。それに伴い道路も発達していきました。

高速道路としては、「新湘南バイパス」「さがみ縦貫道路」があります。特に新湘南バイパスは、「茅ヶ崎中央IC」「茅ヶ崎西IC」「茅ヶ崎海岸IC」があるため、市内のどこに住んでいても利用する機会のある道路です。

市内を走る主要道路には、東京都までをつなぐ「国道1号」や、横須賀市魔までの往来を可能にする「国道134号」、横浜市を経て千葉県木更津市までをつなぐ「国道468号」などがあります。

どの主要道路も通勤・通学の時間帯には混み合う傾向にあります。自動車で通勤・通学しようと考えている方は、事前に道路の込み具合等を確認しておいた方がよいでしょう。

 

茅ヶ崎市内にある主要施設

次は、茅ヶ崎市内にある主要施設をご紹介します。茅ヶ崎市に住む際は、必ずお世話になることでしょう。

公共施設

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館は、画家の小山敬三氏や萬鉄五郎氏などの作品が展示されている美術館で、現在も年に数回個展や展覧会が開かれています。

展示されている作品だけでなく、現代的な形をした建物自体にも注目が集まっていて、国内外問わず観光客が訪れる美術館になりました。

また茅ヶ崎市美術館では、展示されている作品を見るだけでなく、ワークショップを定期的に開催しており、自分自身の創作活動にも生かすことができます。

観覧料も一般で200円、高校生以下は無料となっているので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

商業施設

ブランチ茅ヶ崎

ブランチ茅ヶ崎は、商業施設でありながら市役所の出張所や図書室などの公共機能も備えられており、1か所ですべてを完了させられる複合商業施設です。入っている店舗は、スーパーマーケットやクリーニング店・銀行など普段利用するものから、各種クリニック・カフェなど、ふとしたときに訪れるような施設も併設されています。

また、施設の中には「茅ヶ崎市立浜見平保育園」もあり、近所に住む場合はお世話になるかもしれません。

ここに来るだけですべての用事を終えられるので、茅ヶ崎市特に浜見平地区に住む場合は、必ず利用することになるでしょう。

 

茅ヶ崎市の家賃相場

茅ヶ崎市の家賃相場をご紹介します。茅ヶ崎市に住む際の参考にしてください。

茅ヶ崎駅の家賃相場

・ワンルーム 5.60万円

・1K 5.76万円

・1LDK 9.04万円

・2DK 8.44万円

・2LDK 11.59万円

・3DK 9.86万円

・3LDK 12.63万円

 

茅ヶ崎市の物件探し まとめ

一般的に茅ヶ崎市は、リゾート地や観光地として知れていますが、神奈川県内中心部や都内へのアクセスのしやすさなどもあって、市外へ通勤・通学する人も多く住んでいる街です。また、市内に多くの施設が備えられているため、遠出することなく生活を送ることができます。最後に、茅ケ崎市内で物件を探す際におすすめの不動産屋をご紹介します。

ネクストライフ 相模大野店

・住所 神奈川県相模原市南区相模大野3-12-6 アポロ相模大野ビル2階

・アクセス 小田急小田原線「相模大野駅」から徒歩約2分

・電話番号 0120-973-426

・定休日 水曜日(お問い合わせ、予約可)/年末年始/1月~3月は無休

 

市区町村一覧

市町村市町村
政令指定都市横浜市青葉区横浜市旭区横浜市泉区横浜市磯子区横浜市神奈川区横浜市金沢区、横浜市港南区、横浜市港北区、横浜市栄区、横浜市瀬谷区横浜市都筑区横浜市鶴見区、横浜市戸塚区、横浜市中区横浜市西区、横浜市保土ヶ谷区区、横浜市緑区横浜市南区川崎市川崎区川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市宮前区川崎市多摩区川崎市麻生区、相模原市南区、相模原市中央区、相模原市緑区
中核市横須賀市
その他の地域厚木市大和市、海老名市、座間市綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市藤沢市茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町、鎌倉市逗子市、三浦市、葉山町
この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事