横浜市旭区ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

横浜市の中央よりやや西側に位置する旭区。鉄道を利用すると横浜駅との関わり合いが深く、道路を利用すると相模原市や町田市とかかわりが深くなるという区になります。区内にある鶴ヶ峰駅や二俣川駅は横浜市から副都心としてしていされていることもあり、近年発展が目覚ましい地域となり、これからさらに住みやすい土地になると言われています。そんな旭区についていろいろと調べてみました。

 

横浜市旭区ってどんな街?

横浜市旭区の人口と大きさ

旭区の人口は245,747人(2018年10月1日の推計人口)、面積は約32.7㎢です。大きさも人口も横浜市にある18の行政区の中で、14番目前後となりますが、横浜駅からの利便性を考えると、人口密度も低く暮らしやすい地域といえるでしょう。

地形の面ではやはり坂が多い横浜市らしく、区内にも坂が多く、駅に向かう、スーパーに買い物に向かうなどといった日常生活の中でも、坂の上り下りは切り離せない地域となります。電動アシスト自転車や自動車での移動を中心に考えたい区といえるでしょう。

緑地面積と団地が多い区

旭区は高度成長期に横浜駅へのベッドタウンとして一気に開発が進んだ地域であり、今でも万騎が原・上白根・左近山・ひかりが丘・横浜若葉台など、多くの団地が残る地域でもあります。また、旭区北部の大部分は横浜市より風致地区に指定されているため、多くの緑が残る街並みとなっており、風致地区以外のエリアも全体的に緑地面積の多い区になっていますので、住環境としては非常に暮らしやすい地域になっています。

特異な気候に注意

旭区で暮らす場合、ぜひ覚えておいていただきたいのが特異な気候についてです。旭区役所と横浜駅は直線距離にして約8km。しかしそれでも横浜駅周辺と旭区では気候がかなり違います。横浜市中心部に比べてやや高台にあることに加え、企業や工場などが少なく、ヒートアイランド現象が起きにくいこと、さらに緑地が多いこともあり、年間を通して最高気温や最低気温が低めになります。夏の最高気温は横浜市中心部より1~2℃低く、冬の最低気温も同様になる傾向にあります。注意したいのが冬場の積雪。基本的に太平洋側であり、関東平野に属する地域ですから、降雪自体は少ないのですが、真冬になると横浜市中心部では雨なのに、二俣川周辺は雪などということは珍しくありません。また、年に一度か2度ある積雪があるような天候の日は、多少の積雪では済まず、しっかりと降り積もることも。実際に2014年2月に関東地方に大雪が降った日は、横浜市中心部の積雪が27cmであったにもかかわらず、旭区の積雪は60~70cmにもなったとか。ただでさえ高低差の激しい地域ですから、積雪があると生活を直撃する可能性があります。冬には積雪もあるということを念頭に置いておくといいでしょう。

 

横浜市旭区の交通について

車と電車で結びつきの強い地域が変わる

旭区内を通る鉄道路線は3本。ただし東海道新幹線は線路こそ通っているものの、駅はありませんので、実質利用できるのは2本の相鉄線ということになります。相鉄線を利用すると、向かう方面は横浜駅ということになり、鉄道で移動する場合は、まず横浜市に出てからというのが基本になります。

一方道路交通を見ると、区内中央を南北に保土ヶ谷バイパス(国道16号)が通っており、この道路が区内の大動脈ということになります。この国道16号線を区の北側に抜けると、すぐに東名高速道路の横浜町田ICがあり、道路交通はどちらかと言えば東京都町田市や神奈川県相模原市との無図美月が強くなります。また、区内の主要道路としては、保土ヶ谷バイパスと並行するように通る八王子街道と、区の中央よりやや北側を東西方向に通る中原街道があります。

主要駅までの所要時間

  • 横浜駅 16分(相鉄本線「二俣川駅」から・乗り換えなし)
  • 町田駅 23分(相鉄本線「二俣川駅」から「大和駅」で乗り換え・乗車時間のみ)
  • 川崎駅 25分(相鉄本線「二俣川駅」から「横浜駅」で乗り換え・乗車時間のみ)
  • 品川駅 36分(相鉄本線「二俣川駅」から「横浜駅」で乗り換え・乗車時間のみ)
  • 新宿駅 50分(相鉄本線「二俣川駅」から「横浜駅」で乗り換え・乗車時間のみ)
  • 渋谷駅 44分(相鉄本線「二俣川駅」から「横浜駅」で乗り換え・乗車時間のみ)

二俣川駅は相鉄本線の急行が停まるため、横浜まで16分の近さであり、この横浜駅から目的地によって乗り換え路線を変更するのが基本となります。品川駅や川崎駅に向かうのであればJR東海道本線か京浜急行線を、渋谷駅に出るのであれば、東急東横線かJR湘南新宿ラインを、新宿駅に出るのであればJR湘南新宿ラインを利用する形になります。二俣川駅から横浜駅と逆方面に向かうと、小田急江ノ島線に乗り換えることができるので、町田駅や八王子駅に向かう場合はこちらのルートになるでしょう。

横浜市旭区内にある駅一覧

相鉄本線

  • 希望ヶ丘駅
  • 二俣川駅
  • 鶴ケ峰駅

相鉄いずみ野線

  • 南万騎が原駅
  • 二俣川駅

旭区内にある駅は4つですべて相鉄線の駅ということになります。交通の中心となるのは2つの相鉄線を利用でき、さらに相鉄本線の急行停車駅でもある二俣川駅。駅前の発展具合では、どの駅も最低限必要な商店街やスーパーは揃っていますので、どの駅も暮らすには問題ないといえるでしょう。

この相鉄線は区の南側を東西に貫いているため、区の中央から北側は鉄道路線を利用するには若干不便な地域ということになります。区の中央西側には相鉄本線の「三ツ境駅」(横浜市瀬谷区)を、区の北東部にはJR横浜線の「中山駅」(横浜市緑区)を、区の北西部には東急田園都市線の「南町田駅」(東京都町田市)を最寄り駅とするエリアもあります。

 

横浜市旭区にある主要施設

公共の施設・レジャー施設など

よこはま動物園ズーラシア

・住所 横浜市旭区上白根町1175-1

・アクセス 相鉄本線「鶴ヶ峰駅」からバスで約15分

日本国内の都市型動物園としては最大級の規模を誇るズーラシア。1999年に開園し、2015年に最新のエリアが解放され、開園から16年をかけて全エリアが開園した動物園になります。コアラやパンダなど、珍しい動物こそ飼育されていませんが、動物園の人気者であるライオンやキリン、ゾウなどは多く展示されており、区内に限らず首都圏の人が多く集まる動物園になります。

こども自然公園

・住所 神奈川県横浜市旭区大池町65-1

・アクセス 相鉄本線「二俣川駅」から徒歩で約15分

二俣川駅の南側、南万騎が原駅の東側に広がる広大な自然公園。公園の中心に「大池」と呼ばれる大きな池があり、地元では大池公園とも呼ばれています。園内には「万騎が原ちびっこ動物園」やバーベキュー場、さらにホタルの生息する場所などがあり、散策にはベストの公園です。また1000本以上の桜が植えられているため、花見シーズンは多くの花見客で賑わいます。

神奈川県警察運転免許センター

・住所 神奈川県横浜市旭区中尾1-1-1

・アクセス 相鉄本線「二俣川駅」から徒歩で約15分

神奈川県内で唯一の運転試験場が、二俣川駅の北側、徒歩15分程度のところにあります。基本的に免許センターには公共の交通機関で行くことが推奨されますが、それでも免許の更新などの方は、車で訪れることも少なくありません。そのため、保土ヶ谷バイパスの「本村IC」から厚木街道、試験場通りといった通りは混雑する傾向にありますので、覚えておくといいでしょう。

商業施設など

JOINUS TERRACE 二俣川

・住所 神奈川県横浜市旭区二俣川2-50-14

・アクセス 相鉄本線「二俣川駅」直結

2018年に二俣川駅南口にできた駅ビルになります。大型食品スーパー・そうてつローゼンを中心に、ファッションショップやユニクロ、書店、無印良品に加え、レストランフロアも充実しています。二俣川駅は北口にも「相鉄ライフ二俣川」という駅ビルがあり、こちらは5階に旭区民センターがはいるなど、銀行や公的施設も入る駅ビルになっています。

ココロット鶴ヶ峰

・住所 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-82-1

・アクセス 相鉄本線「鶴ヶ峰駅」からすぐ

鶴ヶ峰駅の南口にあるショッピングモール。相鉄ローゼン鶴ヶ峰店を中心としたショッピングモールで、レストランやファストフードも充実しています。鶴ヶ峰駅からは屋根付きの通路で繋がっているため、雨の日でも濡れずにお買い物が可能です。

横浜四季の森 フォレオ

・住所 神奈川県横浜市旭区上白根3-41-1

・アクセス JR横浜線「中山駅」からバスで約20分/相鉄本線「鶴ヶ峰駅」からバスで約25分

区の北東部、ズーラシアに近い位置にある複合商業施設。1階にロイヤルホームセンター、2階に食品スーパーマルエツ、3階に家電量販店のノジマが入る商業施設になります。各フロアにはファストフードや薬局なども入っており、日常生活に必要なものはここですべてそろうような施設になっています。

横浜市旭区の家賃相場

二俣川駅の家賃相場

・ワンルーム、1K 50,000円

・1LDK、2DK 80,000円

・2LDK 100,000円

・3LDK 120,000円

駅の北口にも南口にも大型のスーパーがあるため、日常生活に必要なものは駅周辺でほぼそろいます。そんな二俣川駅ですが、2019年11月にはJR線湘南新宿ラインとの相互直通運転が開始されます。この運転が始まれば、二俣川駅から新宿駅まで乗り換えなしで通うことも可能になります。さらに2022年には東急線との相互運転も開始予定で、そうなると東急東横線各駅へ乗り換えなしで通えることに。ますます使いやすくなる駅になりますので、開通前が引越しの狙い目かもしれません。

南万騎が原駅の家賃相場

・ワンルーム、1K 43,000円

・1LDK、2DK 73,000円

・2LDK 90,000円

・3LDK 100,000円

二俣川駅はその利便性から駅周辺の家賃相場は当然高くなります。そこでオススメなのが南万騎が原駅周辺です。二俣川駅まで一駅で、徒歩でもいけない距離ではない駅ですが、相鉄本線の駅ではない、急行停車駅でもないということで、家賃相場は二俣川駅よりも安くなります。二俣川駅周辺で家賃が折り合わない場合は、こちらの駅周辺も視野に入れて探すといいでしょう。

横浜市旭区 都岡の家賃相場

・ワンルーム、1K 38,000円

・1LDK、2DK 65,000円

・2LDK 70,000円

・3LDK 95,000円

都岡は区の北東部。鉄道の駅までの距離は、相鉄本線の「鶴ヶ峰駅」までバスを利用して15~25分程度、JR横浜線の「中山駅」までバスを利用して25~35分程度の位置にあります。鉄道の駅までは火と距離ありますが、ズーラシアなど公園の多い地域で、住環境としては抜群です。この周辺は近隣に大学などがないため、特に単身者向けの物件が少なくなりますので、できるだけ多くの物件を持っている不動産店で探すといいでしょう。

西谷駅の家賃相場

・ワンルーム、1K 50,000円

・1LDK、2DK 78,000円

・2LDK 100,000円

・3LDK 120,000円

区の南東の区境にある相鉄本線の西谷駅。この駅も二俣川駅同様、2019年11月に開通するJR線の相互直通運転を利用できる駅になりますので、それに合わせてどんどん人気が上がってくる地域になるかと思います。それでも駅周辺の発展が鶴ヶ峰駅や二俣川駅ほどではなく、新線開通前は家賃相場も安くなっています。新線が開通してより街が発展すると考えれば、開通前に物件を探したいところです。

 

横浜市旭区の物件探しのまとめ

横浜市旭区は、横浜駅までのアクセスの良さから古くからベッドタウンとして発展してきた街になります。しかも2019年11月以降は、都心部への直通運転も始まりますので、ますます利便性の高い地域になるのは間違いありません。暮すにあたって覚えておきたいのは、まず坂道が多い地域であることでしょう。毎日の生活での行動範囲に坂道があると、想像している以上に負担は大きくなります。物件の内見に行った際は、駅やバス停、商店街やスーパーへの経路を確認し、どの程度のアップダウンがあるかを確認しておきましょう。もうひとつ。横浜の中心部と比べると、年間を通して気温がやや低い地域になります。極端な防寒対策は必要ありませんが、ある程度の準備は必要です。特にマイカーを持っての引っ越しの場合、一応積雪に対する準備もしておくといいでしょう。

ネクストライフ 相模大野店

・住所 神奈川県相模原市南区相模大野3-12-6 アポロ相模大野ビル2階

・アクセス 小田急小田原線「相模大野駅」から徒歩約2分

・電話番号 0120-973-426

・定休日 水曜日(お問い合わせ、予約可)/年末年始/1月~3月は無休

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事