引越し会社の選び方は?安い引越し会社のデメリットは?

引越しをする際、どの会社に頼むか迷いますよね。いくつも見積もりを取ったけど、どこがいいのか分からず、とりあえず名前を知っている会社にお願いすることも。また、料金にもかなりバラつきがあり、安いところを選びたくなる気持ちもあります。しかし、安い引越し会社は、さまざまな面で不安も伴います。そこで今回は、いい引越し会社を選ぶためのポイントや、安い引越し会社を選ぶ際のデメリットなどをご紹介します。

 

 

引越し料金は会社によって大きく変わる

冒頭にも説明したように、引越し料金は利用する会社によって大きく変わります。引越し料金には明確な相場がなく、各引越し会社が自由に料金を決めています。そのため、価格に大きな差が生まれます。

引越し料金をとにかく安く抑えたい方、安すぎるのは不安だからある程度お金を払う方、引越しに対する考え方は人それぞれでしょう。

しかし、料金だけでなく満足のいくサービスを受けるために、あらかじめ見積もりを取ることが大切です。見積もりを取り、多くの会社を比べることで、自分に合った引越し会社を選択することができます。

 

 

引越し会社のお得な選び方

それではここからは、引越し会社のお得な選び方をご紹介します。「お得」と表現してはいますが、「お得=安い」ということではありません。みなさんが満足のいく引越し会社を選ぶ方法だと捉えてください。

一括見積りをする

引越し会社を選ぶうえで、もっとも重要なのは「一括見積り」もしくは相見積もりをするということです。つまり複数の会社から引越しの見積もりを取るということですね。

引越し会社を選ぶまでには、3つのステップがあると考えてください。

1.一括見積もりをする

2.一括見積もりをした会社の中から数社に訪問見積もりをしてもらう

3.引越し会社を選ぶ

現在説明しているのは、1つ目の「一括見積もり」についてです。最低でも5社、多い場合は10社程度に見積もりを出してもらいましょう。

先ほど説明したように、引っ越し会社によって料金やサービスは大きく変わります。多くの会社に見積もりを出してもらうことで、それぞれを比べて自分に合った会社を選択できるのです。最近は、インターネットで簡単に一括見積もりができるので、利用してみてください。一括見積もりをする際は、すべて同じ条件で依頼するようにしましょう。

一括見積もりを経て条件のいい会社をいくつか見繕ったら、3社~5社程度に訪問見積もりをお願いしましょう。インターネットの一括見積もりだけでは細かな条件まで指定できないので、訪問見積もりは絶対に行ってください。訪問見積もりの際の営業マンの対応も判断基準の1つになります。説明が分かりづらかったり、こちらの話を聞かずに営業トークを始めるような営業マンの場合は、断ることをおすすめします。

稀に「今選んでくれたら安くします!」という営業マンもいますが、必ず全部の会社に見積もりをしてもらってから決めてください。「複数社に見積もりを取っているから今は無理。必ず数日以内には結論を出すから待ってくれ」と伝えましょう。普通の営業マンであれば、複数社から見積もりを取ることは理解しているので、それで引き下がってくれるはずです。

以上の流れで、安いだけでなく安心して頼むことができる引越し会社を選択してください。

単身パックを利用できる会社を選ぶ

1人暮らしの場合、通常の引越しプランを選んでしまうと荷物が少ないにもかかわらず無駄に大きなトラックが来てしまい、料金もかさむということが考えられます。

それを避けるために、単身パックが利用できる会社を選ぶというのもお得に引越しをする秘訣です。ただし、単身パックの場合、運べる荷物の量に限りがあるので、持ち物が多い人は注意が必要です。

繁忙期を避ける

お得に引越しするためには、繁忙期を避けるというのも大切なポイントです。引越し業界では、3月~4月の時期を繁忙期と呼んでおり特に依頼が殺到します。新生活に向けて多くの方が引越しをする時期ですね。

繁忙期は需要が供給を上回るため、各引越し会社が料金を高めに設定することで対応しています。そのため、繁忙期を避けるだけで少し料金を安く抑えたり、サービスを追加してもらえる場合があります。

ただし、引越しは進学や就職など必要に迫られてする場合も多いのでどうしようもないかもしれませんね。

希望日に幅を持たせる

繁忙期の中でも、特に依頼の多い日や少ない日というのもあります。例えば、やはり週末に引越して週明けから新生活をスタートさせたいという人は多いですし、週の半ばである火曜日や水曜日に引越す人は少ない傾向にあります。

そこで、引越しの希望日に幅を持たせることでお得に引越すことができます。「〇日にお願いしたい」というのではなく、「〇日~〇日だったらいつもで大丈夫」と伝えることで、引越し会社もスケジュールを組みやすくなります。

急な引越しなどで希望日に幅を持たせられない場合は仕方ないですが、ある程度前から予測できる引越しの場合は、せひ活用してください。

地元密着の業者も比較してみる

引越し会社には、CMなどで見かける大手の引越し会社もあれば、地元密着型の引越し会社もあります。一括見積もりを出す際は、そういった地元密着型の引越し会社にもお願いしましょう。

地元密着の引越し会社は、地元の特徴をよく分かっており、私たちが気づかないような点まで指摘してくれることがあります。さらに、大手より充実したサービスを行っている会社もあります。まずは比較することから始めましょう。

 

賃貸の森なら未公開物件がたくさん
⇑ LINEでカンタンお部屋探し ⇑

 

引越し会社は安さだけで選んではいけない

ここまでお得に引越し会社を利用するための秘訣をご紹介してきましたが、最後にお伝えしたいのは、引越し会社は安さだけで選んではいけないということです。

安い引越し会社のデメリット

CMや広告を頻繁に出していないため、料金を安く抑えている引越し会社もあります。その点だけを見るといい引越し会社のようにも見えますが、安い引越し会社にはデメリットもあります。

補償内容に不安がある

1番大きなデメリットになり得るのが補償内容です。大手の引越し会社であればある程度信頼できますが、小さな引越し会社は少し不安があります。

特に契約前に確認して欲しいのが「引越し運送保険」があるかどうかです。引越し運送保険とは、荷物が壊れたり紛失した場合の保険だと考えてください。

みなさんがCMや広告で見かけるような引越し会社は間違いなく引越し運送保険がついていますが、地元密着の引越し会社や小さいな引越し会社だとない場合もあります。

万が一に備えて必ず確認しましょう。

能力が一律でない場合も

大手の引越し会社は、社員教育もしっかりと行われており能力が安定している傾向にあります。もちろんアルバイトも参加していますが、全員がアルバイトということはありません。

一方料金の安い小さな引越し会社の場合、社員教育が行き届いておらず、能力が一律でないケースも目立ちます。能力に不安があれば、もちろん荷物を任せることはできませんし、いくら安くてもお願いしたくはないでしょう。

その引越し会社の能力が不安な場合は、インターネット等の口コミを参考にしてみましょう。地元の引越し会社であっても、今は間違いなくどこかに口コミが載っています。ネガティブな口コミが目立った場合は、お願いしない方がいいかもしれません。

 

引越し会社は安心できるところを選ぼう!

引越しにはお金がかかります。少しでも料金を安くしたいという気持ちは痛いほど分かります。しかし、もし引越し会社の選択に失敗し、大事な物が壊れてしまっては後悔してもしきれません。料金も大事な要素の1つですが、引越し会社は「安心して任せられる」という点を重視して選んでください。 

 

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事