東京都下の住みやすい街!おすすめの駅はどこ?[一人暮らし]

「大学は東京がいい」「就職と同時に上京して一人暮らしをしたい」と思っている人は多いはずです。しかし、東京に住む際、もっとも大きな壁となるのが家賃の高さです。そこで今回は、学生や新卒の社会人の方向けに、東京都下の住みやすい街、一人暮らしに向いている街や駅をご紹介します。

 

東京都内・都下ってなに?

突然ですが、「東京に住む=都内に住む」ことだと思ってはいませんか?もちろん日本語としては間違っていないのですが、不動産の世界では東京の物件でも「都内」という言葉と「都下」という言葉を使い分けます。

具体的には、「東京23区=都内」「23区外=都下」という使い分けです。23区外とは、八王子市や武蔵野市などを指します。23区外のことを東京都市部と呼ぶこともあります。

なぜ都内・都下という言葉を使い分けるのか。それは、両者に大きな違いがあるからです。物件をお探しのみなさんが覚えておかなければならないのは、「都内と都下では家賃が大きく違う」ということです。

次はこの点について見ていきましょう。

都内と都下の家賃の違い

都内と都下の家賃を単純に比較すると、「都内=高い」「都下=安い」となります。もちろん、間取りや立地、どの駅の近くを選ぶかなどにより家賃は変わるので一概には言えませんが、ざっくり説明すると都内の方が高いということです。

それでは具体例を用いて確認しましょう。それぞれ、ワンルームや1Kの場合の家賃で考えています。

都下の中でも学生や社会人の方に人気のある街が「八王子市」です。そんな八王子市の家賃相場は、「4.4万円~5.3万円」となっています。八王子市であれば、1DKの間取りも6万円強の家賃で住むことができます。

一方、都内の中でも同じように学生に人気のある街「練馬区」の家賃相場は、「6.3万円~7.3万円」となっています。同じ間取りに住むと考えると、2万円弱の差が出ることになります。これは学生さんや、社会人になりたての方にとって大きな金額ですよね。

他にも、池袋に近いということで社会人に人気のある「豊島区」の家賃相場は、「8万円強」で、皇居があるため治安が良く女性に人気の街「文京区」の家賃相場は、「9.5万円」程度となっています。

都内と都下の家賃の差が分かっていただけたでしょうか。もちろん、都内にももっと安いワンルームの物件はあります。しかし、安いには安いなりの理由があり、それなら少し不便でも広くて安い都下の物件に住むというのもありなのではないでしょうか。

 

東京都下の住みやすい街 5選

それではここからは、東京都下で一人暮らしをする際、おすすめの街を5つご紹介します。加えて、市内の駅もご紹介するので、その付近で物件を探してみはいかがでしょうか。

八王子市

東京都下での一人暮らしにおすすめの街、1つ目は「八王子市」です。東京都下でもっとも人口の多い市であり、東京都で唯一中核市に指定されています。

八王子市内では、圧倒的に「八王子駅」近くの物件がおすすめです。JR中央線・JR横浜線・JR八高線が乗り入れており、新宿駅や東京駅まで乗り換えることなくたどり着けます。

また、八王子駅周辺はショッピング施設や飲食店が充実しており、たいていのものは都内に出なくても揃えることが可能です。

八王子駅周辺の家賃相場は、ワンルームで5万円弱、1Kで6万円ほどとなっています。学生さんでも手の出しやすい家賃ではないでしょうか。

立川市

東京都下での一人暮らしにおすすめの街、 2つ目は「立川市」です。多摩地域にある立川市は、たくさんの公園やスポーツ施設・博物館などがあり、家族で住む方も多い街です。

立川市内の駅では、「立川駅」付近の物件がおすすめです。乗り入れている路線は、JR中央線・JR南武線・JR青梅線の3本で、新宿駅や東京駅に乗り換えなしで行くことができます。また、神奈川県の川崎駅にも乗り換えなしでたどり着けます。池袋駅や渋谷駅も乗り換え1回で足りるので、困ることは特にないでしょう。

立川駅周辺にはスーパーや飲食店だけでなく、デパートの「ルミネ」があり、人気のファッション店やカフェなどが立ち並んでいます。

立川駅周辺の家賃相場は、ワンルームタイプの物件で5万円強、1Kの物件で7万円弱となっています。少し話は変わりますが、10万円前後で1DK・1LDKといった間取りの物件も借りられるので、ご結婚した後も住み続けられます。

三鷹市

東京都下での一人暮らしにおすすめの街、3つ目は「三鷹市」です。自然の景観を残しつつも、都市の利便性を取り入れた街として老若男女問わず人気があります。

一人暮らしをするなら、三鷹市の中心駅である「三鷹駅」付近の物件がおすすめです。三鷹駅には、JR中央本線・JR中央線・JR総武線が乗り入れ、新宿駅まで乗り換えなく移動できます。周辺には「吉祥寺」や「荻窪」といったエリアもあり、住みやすい環境が整っています。

駅付近は、北口よりも南口の方が栄えており、スーパーや飲食店などが立ち並んでいます。

三鷹駅周辺の家賃相場は、ワンルームタイプで6.6万円ほど、1Kの物件で7万円ほどとなっています。もう少しグレードを上げたい場合は、吉祥寺駅や荻窪駅付近で探すとよいでしょう。もう少し家賃を押さえたい場合は、東小金井駅付近だと1万円ほど安くなります。

国立市

東京都下での一人暮らしにおすすめの街、4つ目は「国立市」です。景観や治安の良さから、特に女性に人気の街です。

一人暮らしをするなら、国立市の中心駅である「国立駅」がおすすめ。レンガ造りのおしゃれな外観が特徴です。駅付近にはリーズナブルなお店もあり、学生さんが多い印象です。JR中央本線が乗り入れているので、新宿駅までは1本で移動できますが、もう少し多くの路線が乗り入れて欲しいところです。

国立駅周辺の家賃相場は、ワンルームタイプで5万円弱、1Kの物件で6万円ほどとなっています。 立川市の隣町にもかかわらず、家賃はグッと安くなります。また、学生さんが多いということもあり、一人暮らし用の物件が多いのも特徴の1つです。

青梅市

東京都下での一人暮らしにおすすめの街、最後は「青梅市」です。青梅市は、車をお持ちの社会人の方に特におすすめの街となっています。東京に住みつつも、田舎のような雰囲気を味わいたい方にぴったりです。

青梅市の中心駅である「青梅駅」に乗り入れているのは、JR青梅線のみで、新宿や東京には乗り換えなしでアクセスできますが、1時間以上かかります。渋谷や品川・池袋に行くにはいくつか乗り換えをしなければなりません。移動がどうしても不便になってしまうので、時間の余裕のある方か車をお持ちの方におすすめしています。

その代わり家賃がかなり抑えられます。ワンルームタイプや1Kの間取りであれば、3万円から4万円程度で借りることができます。1LDK・2Kといった間取りの物件もあるので、「多少交通が不便になっても広い家に住みたい」という方は、青梅駅周辺を検討してみてはいかがでしょうか。

  

東京に住むなら都下という選択肢もあり!

どうしても、「東京に住む=都内に住む」と思ってしまう人が多いです。確かに、都内は施設も多いですし便利かもしれません。しかしその分、家賃が高く狭い部屋に住まなければいけなくなってしまうことも。それだったら、23区を少しだけ飛び出して、家賃が安くて広い家に住むという選択肢も検討する余地があるのではないでしょうか。

今回の記事が、少しでもみなさんの物件探しのお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったらシェアしよう!
関連する記事