近年急増するカードキーの賃貸物件のメリット

賃貸物件を選ぶ際、重視する点は人それぞれ異なるかもしれません。しかし、多くの方がセキュリティの大切さに気づいている現代では、なるべく防犯性の高い物件を選びたいと思っている方も少なくありません。そこで今回は、防犯性が高いことから近年急増しているカードキー付き賃貸物件についてご紹介します。

 

 

オートロック付き物件の種類

そもそも、最近はオートロック付きの物件が増えていますが、オートロックにもさまざまな種類があります。以下では、オートロックの種類についてご紹介します。それぞれの防犯性にも触れていくので、物件を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

集合キー式

共用扉と部屋の鍵が共通している物件を集合キー式と呼びます。本来は別々のケースが一般的ですが、所持する鍵が1本で済むのが大きなメリットです。

ただ、鍵が共用のためセキュリティ的に不安があるのも事実かもしれません。

暗証番号式

鍵を持たない方式としては、暗証番号式の物件も増えています。鍵を落とす心配がなくなり、自分が他人に暗証番号を忘れなければ突破されにくいという特徴があります。

ただ、暗証番号を忘れてしまう、他のパスワードと同様のものを使用しているとそこから流出する可能性があるなど、デメリットも存在します。

指紋認証式

オートロック式物件には、生体認証を取り入れたものも登場しています。そのなかでも、指紋認証の物件は一般化しつつあります。

持ち運ぶものもなく、コピーされる心配もありません。そのため、セキュリティ的にはかなり優れています。ただし、指紋認証などの生体認証を取り入れた物件は少ない、また家賃が高いなどの特徴があります。条件によっては、なかなか選択肢に入ってこないかもしれません。

カードキー式

磁気カードやICカードを使って解錠するのがカードキー式という物件です。カードなので持ち運びしやすく、最新のものではスマートフォンと連携も可能になっています。

ただ、カードの劣化や紛失によって解錠できなくなるというデメリットがあります。

カードキーの仕組み

前述の通り、カードキーには磁気タイプとICチップが埋め込まれているタイプのものがあります。カード内には、部屋ごとの暗証番号などの情報が記録されていて、センサーにかざすもしくは差し込むことでその情報を読み取らせて解錠します。

 

 

カードキー付き物件を選ぶメリット

カードキーには上記のような特徴があり、一般的にセキュリテイ性に優れていると言われます。また、近年カードキー 付きの物件が増えているのは、それ以外にもさまざまなメリットがあるためです。そこで以下では、カードキー付き物件を選ぶ際のメリットについてご紹介します。今住んでいる物件で、鍵に関する悩みを抱えている方は、カードキー付き物件を選ぶことで解決するかもしれません。

施錠・解錠しやすい

カードキー式を採用している場合、扉の開け閉めが簡単に行えます。前述の通り、カードキー は磁気やICチップを読み込ませて解錠します。わざわざ鍵穴に鍵を差す必要が必要がないため、スムーズに解錠・施錠が行えます。

カードキー をかざすだけで開け閉めができる場合、両手がふさがっていても開けやすいという特徴があります。

持ち運びやすい

カードキー は薄くて軽いため、持ち運びやすく取り扱いやすいのが特徴です。一般的な鍵と比べても収納スペースが必要ありません。

パスケースや携帯ケースの中に入れることもできるので、紛失の心配もないというメリットがあります。

複製されにくい

カードキー には、複雑な情報が数多く記録されています。そのため、セキュリティ性能が高く、複製されにくいというメリットがあります。

ただし、契約内容によってはカードキー は入居者でも簡単に複製できず、管理会社や大家さんの許可が必要なケースも少なくありません。そのため、簡単に合鍵を作れないというデメリットにもつながります。

ピッキングに強い

カードキー タイプの扉には、基本的に鍵穴が存在しません。そのため、無理やりこじ開けたり、ピッキングの被害にあいにくいという特徴があります。女性がカードキー タイプの物件を選ぶひとつの理由です。

鍵の閉め忘れがない

カードキー式の物件は、基本的にオートロックです。そのため、鍵を閉め忘れて外出してしまうことがありません。鍵のかけ忘れによる空き巣被害なども減らせるでしょう。

ただ、カードキーを忘れて外出した場合に締め出されてしまうリスクがあります。カードキーを忘れないための工夫が必要です。

 

賃貸の森なら未公開物件がたくさん
⇑ LINEでカンタンお部屋探し ⇑

 

カードキー付き物件を選ぶ際の注意点

カードキー付き物件には上記のようなメリットがありますが、メリットばかりではありません。以下では、カードキー付き物件を選ぶ際の注意点をご紹介します。カードキー だけでなく、物件を選ぶ際はメリットとデメリットの双方を理解しておくの大切です。

カードの破損

カードキー 付き物件を選ぶ際に気をつけたいのがカードキー の破損です。薄く軽い素材で作られているため、扱い方によっては簡単に折れ曲がったり割れてしまうことも珍しくありません。

また、見た目の損傷はなくとも、内部の磁気やICチップが破損することで使えなくなる場合もあります。バーコードが印字されているものは、それが薄くなって読み取りづらくなると解錠できなくなることもあります。丁寧な保管や取り扱いが必要でしょう。

カードの紛失

破損と同様に気をつけなければならないのが、カードキーの紛失です。前述の通り、カードキー はセキュリティ性能が高いため、簡単に複製できません。再発行にも時間と費用が必要になります。

万が一カードキー を紛失した場合は、大家さんや不動産管理会社へ連絡しましょう。再発行する場合、費用は基本的に借主が負担することになります。

カードキーの置き忘れ

先ほど紹介したように、カードキー 付きの物件は基本的にオートロックを採用しています。そして、カードキー を忘れて外出してしまった場合、家から締め出される可能性があります。

カードキーが手元にないため、管理会社や大家さんに連絡を取って、スペアキーで解錠してもらう必要があります。時間と手間が必要になるため、外出する際は必ずカードキーを持つのを忘れないようにしましょう。

家賃が高い

カードキー付き物件の最大のメリットは、セキュリティの面で優れている点でした。そのため、物件数は決して多くないものの、新規の入居者からは需要が高い傾向にあります。また、カードキーのシステムを採用するためには、一定の費用がかかります。

このような背景から、カードキー付き物件は、周辺の他の物件と比べて家賃が高く設定されていることが少なくありません。想定している家賃より高い物件であっても、セキュリティ面を考えてカードキー付き物件を選ぶかどうか考える必要鵜があるでしょう。

 

 

カードキー は、特に女性の一人暮らしにおすすめ

防犯性の高いカードキー 付き物件は、特に女性の一人暮らしにおすすめです。万が一の時でも、鍵のかけ忘れの心配がなく、知らない間に家に侵入されるなどを気にする必要がありません。

一方、カード自体の破損や紛失があるのに加えて、家賃の高い物件が多く、場合によっては想定家賃を超えてしまうかもしれません。ただ、防犯性の高さによる身の安全はお金には変えられません。セキュリティと家賃の高さを天秤にかけたうえで物件を選びましょう。

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事