賃貸物件の引っ越し前には水回りを掃除しよう!場所別にコツを徹底解説

公開日 : 2022/02/06  

賃貸物件で引っ越すとなると、やるべきことは数多くあります。インフラに関する手続きや引っ越し業者の手配、新住居の初期費用の支払い、など。そして、多くの方におすすめするのが、水回りの掃除です。

今回は、賃貸物件の引っ越し前に行う水回りの掃除方法についてご紹介します。これから引っ越しを控えている場合は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

賃貸の引っ越し前は水回りの掃除が大切

賃貸物件で引っ越しをする場合は、水回りの掃除が大切です。その理由は、賃貸物件の借主が負っている「原状回復義務」にあります。原状回復義務とは、入居前の状態に物件を戻す義務のことです。入居者自身で物件をきれいにするか、もしくは退去時に一定の費用を支払い、貸主側が業者を手配するかの2つの方法があります。貸主側が業者を手配する場合は、基本的には入居前に支払った敷金から費用が支払われます。敷金の額を超えて修繕費用等がかかるケースでは、プラスアルファの費用を支払う必要があります。                             

また、すべての汚れや傷などについて、原状回復を求められるわけではありません。「通常の生活で自然発生する劣化や汚れは原状回復の対象外」となっています。どのような劣化や汚れが原状回復の対象となるのかについては、国土交通省がガイドラインを定めています。引っ越し前に気になる傷や汚れを発見したら確認しましょう。

原状回復の上記性質から、退去時に物件がきれいな状態であれば、費用は請求されません。原状回復義務はあくまで「入居前の状態に戻す」のが目的であって、物件をより良い状態にするのが目的ではないのが理由です。そのため、退去前に部屋を掃除し、きれいな状態に戻すことで、原状回復費用を抑えられる可能性があります。不要になった敷金は返還されるため、新生活の資金に回すことができます。

日頃の生活で特に汚れやすいのが水回りです。そこで、退去前に水回りを丁寧に掃除することで、原状回復費用を最小限にでき、お金の節約をできます。

原状回復や敷金などの性質については、以下の記事でも解説しています。ぜひご確認ください。

水回り別お掃除のコツ

原状回復費用の負担を減らすには、退去前に水回りを丁寧に掃除することが大切です。水回りの掃除で用意するアイテムは、基本的に以下の2つです。

  • スポンジ・ブラシ
  • 布巾(マイクロファイバークロス)

さらに、ビニール袋やゴム手袋を用意しておくと便利です。最初にスポンジやブラシで汚れが気になる場所をこすり、水や洗剤で洗い流します。最後に乾いた布などで拭き上げたら完了です。以下では、水回りの掃除方法については、場所別にコツをご紹介します。退去時に水回りを掃除する際は、ぜひ参考にしてください。

キッチン

キッチンの掃除は、シンクのお手入れが中心になります。シンクを清潔な状態でキープするためには、毎日料理や洗い物をした後にこまめに掃除するのが大切です。掃除用のスポンジを置いておき、使用するたびに汚れを落としましょう。こまめに掃除していれば、特別な洗剤などを使用しなくても、頑固な汚れを防止できます。

また、シンクを掃除する場合は、三角コーナーの生ごみも一緒に処理しましょう。生ごみは放置していると雑菌が繁殖し、嫌な臭いを発生させることもあります。そうなる前に処理しておくことで、きれいな状態を維持できます。

シンクの掃除をこまめに行うのが難しい場合は、定期的にパイプクリーナーなどを使用し、排水口を掃除するのがおすすめです。使用する際は、商品に記載されている用法容量を守ってください。

トイレ

トイレも毎日使用する場所であり、汚れやすい箇所といえます。便器の内部はもちろん、床と便器の接合部や便器のふち裏は汚れやすい場所です。日頃からこまめに掃除している場合は、あまり気にする必要はありませんが、隅々まで掃除している方は少ないでしょう。

まずはトイレ用のウエットシートなどを活用して、全体の汚れを拭き取りましょう。便器の内部はブラシを使用し、汚れをこすり落とします。細かい部分の汚れが落ちない場合は、使い古した歯ブラシなどを使用するのが良いでしょう。

洗面所・浴室

洗面所や浴室は、カビが発生しやすく、退去時に修繕が必要になりやすい場所です。すでにカビが発生している場合は、塩素系のカビ取り剤を用意しましょう。カビの発生場所に吹きつけて5分程度放置し、水で洗い流します。その他の汚れについては、浴室用洗剤などを使用して掃除しましょう。

賃貸の引っ越し前にはハウスクリーニングを依頼するのもあり?

上記の通り、賃貸の水回り掃除は比較的面倒です。原状回復費用を安くできるとはいえ、時間がなかったり忙しかったりしてできない、という方も多いでしょう。そんなときにおすすめなのがハウスクリーニングです。

ただし、ハウスクリーニングを依頼する場合は、事前に大家さんや管理会社の許可をとるのが無難です。賃貸物件はあくまで大家さんの所有物であり、掃除とはいえ無断で手を加えるのは控えたほうが良いでしょう。大家さんによっては提携しているハウスクリーニング業者がいる場合もあり、利用することで安価に掃除ができます。

ここでは、ハウスクリーニングを依頼するメリットやデメリットをご紹介します。

メリット

ハウスクリーニングを利用するメリットといえば、以下の4つの点が挙げられます。

  • 家そのものや家電などが長持ちする
  • 自分での掃除があまり必要なくなる
  • 掃除の難しい場所もきれいにできる
  • 掃除の仕方を学ぶことができる

掃除が苦手な方にこそ依頼してみてほしいサービスです。

デメリット

ハウスクリーニングを依頼するデメリットといえば、以下の2つが考えられます。

  • 一定の費用や時間がかかる
  • 技術に個人差がある場合もある

特に懸念点となるのが、技術に個人差がある点です。ハウスクリーニング業者によっては、納得する出来にならない可能性があります。事前に口コミなどを確認し、多くの方が満足している業者に依頼するのが良いでしょう。

まとめ

賃貸物件では、引っ越し前に水回りを掃除しておくことで、退去時の費用を抑えられる可能性があります。上記の方法を参考に掃除を行い、できるだけきれいな状態にしておきましょう。

横浜や東京で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺い、理想の物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事