賃貸アパートでは表札を出すべき?メリット・デメリットを解説

公開日 : 2022/01/22  

賃貸アパートに住む場合、一度は悩むことがあるのが「表札を出すかどうか」ではないでしょうか。近所の方が出していると「出さなきゃいけないのかな」と思う反面、セキュリティ面などが不安になる方も多いでしょう。

今回は、賃貸アパートで表札を出すメリット・デメリットを比較します。賃貸の表札についてお悩みの場合は、ぜひこちらを参考にしてください。

賃貸アパートでは表札を出す義務がある?

さっそく結論ですが、賃貸アパートでは表札を出す義務はありません。入居者は表札を出すかどうか、自分で判断できます。一般的な賃貸アパートでは、玄関ドアの周辺とポストの2箇所に表札を設置することができます。両方に設置するもしくは設置しないことはもちろん、どちらか一方にだけ表札を出すことも可能です。

ただし、建物によっては特別なルールが定められているケースもあります。入居前に表札の必要性について確認しておくのが良いでしょう。

表札を出さない方が増えている

近年では、表札を出さないで生活する方が増えている傾向にあります。さまざまな理由が考えられますが、多くの場合はセキュリティ面の心配から表札を出すのを避けている方が多いのです。特に、一人暮らしをしている方は、表札を出さずに過ごしている方が多いようです。

表札は手書きのものでもOK?

表札は出すかどうかも自由な上、出す場合の方法にも特にルールはありません。例えば、手書きのものでもOKですし、業者に依頼したり、パソコンで自作したりして設置することも可能です。

ただし、玄関ドアや郵便受けに釘打ちするなど、建物を傷つける行為は控えましょう。物件はあくまで所有者である大家さんや管理会社のものであるため、壊してしまうと損害賠償請求をされたり、退去時に原状回復義務にもとづく費用を請求されたりする可能性があります。

原状回復義務については、以下の記事でも解説しています。ぜひご確認ください。

賃貸アパートで表札を出すメリット

賃貸アパートでは、表札を出さない方も増えていますが、今でも表札を出して生活している方はいます。それでは、賃貸アパートで表札を出すメリットはどこにあるのでしょうか。ここでは、2つの点を考えます。

近所の住民に名前を覚えてもらいやすい

表札部分には名字だけを表記するパターンもあれば、フルネームを記載するケースもあります。どちらにせよ、ご近所の方に名前を覚えてもらいやすくなるため、今後の生活の助けになる可能性があります。特に、家族で賃貸アパートに引っ越してきて、長期間住むことが想定される場合などは、近隣住民と良好な関係を築いておくのが良いでしょう。また、小さなお子さんがいる場合は、夜泣きなどで近隣の住民に迷惑をかける可能性もあるため、近隣住民との関係を意識する必要があります。

配達間違いを減らすことができる

わかりやすいメリットといえば、表札に自分の名字が表示されることで、配達間違いを減らせる点です。配達員は、表札を出していないアパートでは部屋番号を見て判断していますが、アパートの部屋番号は数字がひとつずつ変わっているため、時には間違えてしまうことも少なくありません。そんなときに表札を出していれば、間違えられる可能性を減らせます。頻繁にネット通販などを利用する場合は、表札を出すことを検討してみても良いかもしれません。

賃貸アパートで表札を出すデメリット

次は、賃貸アパートで表札を出すデメリットについても考えてみましょう。

個人情報の一部が外部に漏れる

こちらの意識をもっている方はあまりいないかもしれませんが、名字や名前といった情報は個人情報です。表札を出すことで、それらの情報を無制限に開放していることになるため、悪用される危険性もあります。特に、オートロックなどのない物件では、誰でも玄関まで立ち入ることができ、氏名を把握される可能性があります。

セールスのターゲットになる可能性がある

他者に氏名を把握されることのデメリットには、セールスのターゲットになりやすい点も挙げられます。名前によっては性別や世代を把握される可能性もあります。人物像がある程度固まってしまうと、そちらの情報をもとにセールスを受けるケースもあり、面倒に感じる方も多いでしょう。セールスを避けたい場合は、表札を出さずに「セールスお断り」のような案内を出しておくのが無難です。

犯罪に巻き込まれるケースも

もっとも大きな懸念点といえば、表札を出すことでストーカーなどの犯罪に巻き込まれる可能性がある点です。用意周到な犯罪者は、ターゲットの周辺情報を集めてから行為に及ぶ傾向にあり、表札を出すことで住所が特定される可能性もあるため危険です。特に、女性の場合は安易に表札を出すのは控えたほうが良いでしょう。

まとめ

表札を出すかどうかは入居者の自由です。メリット・デメリットを比較した上で、自分で判断しましょう。

また、現在表札を出している方で、見覚えのないマーキングを見つけたら注意が必要です。そちらは、犯罪者が使用している暗号の可能性があり、例えば「S」は一人暮らし、「30」は30代、「SS」は土日休みなど、マーキングを残して犯罪者間で情報を共有しているケースもあるようです。すぐに表札を変更するか、心当たりがある場合は管理会社や警察などへ相談しましょう。

横浜や東京で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺い、理想の物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事