賃貸物件の入居前にやること12選

賃貸物件では、契約後すぐに入居するケースはあまりなく、実際に引っ越しをして生活するまでには少し時間があります。そして、新居の入居前は家具や家電が設置されていないため、掃除がしやすいのが特徴です。あらかじめ掃除をしておくことで、入居後の後悔を減らすことができます。

今回は、賃貸物件の入居前にやることについては、主に掃除面を解説します。ぜひ入居前に部屋をきれいにして、快適な新生活をスタートさせましょう。

キッチン編

毎日の生活でもっとも汚れが目立つのがキッチン。食材の残りカスや洗剤などを使用するため、掃除をしてもすぐに汚れが蓄積されてしまいます。入居前にいくつかのポイントを押さえて掃除をしておくことで、長期間きれいな状態を保つことができるためおすすめです。

シンクをコーティングする

真っ先に行うべきなのが、シンクのコーティングです。専用のコーティング剤を使用して、汚れが付着しにくいシンクを完成させましょう。入居後に行おうとすると、まずは汚れを取り除いてから作業する必要があるため、どうしても面倒に感じてしまいがちです。シンクを使用していない入居前に行うのがベストといえるでしょう。

シンクのコーティングは、業者に任せることもできますが、一般の方でも比較的簡単に行えます。市販のコーティング材には、使い方が記載されているため、それを参考にしながらやってみましょう。

コーキングの保護を行う

次は、キッチンのコンロの境目にあるコーキング部分の保護を行いましょう。コーキングとは、柔らかい樹脂のような目地充填剤のことです。コーキング材は、経年劣化によって亀裂が入ったり、破損したりするため、入居前に保護しておくのが大切です。具体的には、マスキングテープを活用し、コーキング部分の上から貼り付けるのが効果的です。カビ対策にもつながります。

レンジフードにフィルターを取り付ける

次の対策はレンジフードです。レンジフードとは、コンロ上部に設置された換気扇のこと。油汚れがたまりやすく、一度放置してしまうとなかなか掃除しづらいものです。

そこで、レンジフードには専用のフィルターを設置し、汚れを吸着できるような仕組みにしておくのがおすすめです。汚れを大きく軽減してくれるため、掃除の頻度を減らしてくれるだけでなく、掃除をしやすくしてくれます。換気扇の下でタバコを吸う機会が多い場合にもおすすめです。

冷蔵庫用のマットを設置する

冷蔵庫を設置するスペースには、専用のマットを設置するのがおすすめです。耐震性能を上げてくれるため、床の傷や凹みの防止につながります。引っ越し前の冷蔵庫を運び入れる前に行っておくことで、後々スムーズに作業できます。

お風呂・洗面所編

次はお風呂や洗面所で入居前にやることです。賃貸であっても、これらの水回りはきれいな状態を保ちたいところ。以下で入居前にやることを理解しておきましょう。

お風呂のカビ対策を行う

お風呂は常に水にさらされている場所のため、カビ対策が欠かせません。少しでも放置するとあっという間にカビが広がってしまい、健康被害につながるおそれがあります。

カビ対策は難しいことをする必要はなく、市販の防カビ剤を使用するだけで十分です。噴射タイプの商品であれば、入居前に数十分放置していれば、比較的長期間効果を発揮します。

浴槽のコーティングを行う

次は浴槽のコーティングです。キッチンのシンクと同様、浴槽は汚れが蓄積されやすいため、コーティングを行っておくのが良いでしょう。お風呂用のコーティング剤が販売されていますので、そちらを利用しましょう。

鏡のくもり止め対策をする

次に行うのは、鏡のくもり止めです。浴室内はもちろん、洗面所の鏡にも処置を施しておくと良いでしょう。くもり止め商品には、フィルムタイプやスプレータイプ、塗るタイプなどがあります。使い方はどれも簡単なので、気に入ったものを選べば十分です。

洗面台のゴミ対策をする

最後に行うのが洗面所のゴミ対策です。ゴミ箱を設置するのはもちろん、洗面所の排水口に取り付けるゴミストッパーを活用するのがおすすめです。定期的にパーツを取り替えるだけで洗面所をきれいに保つことができます。

トイレ編

汚れが気になる場所といえば、トイレと答える方も多いのはないでしょうか。そこで、以下では賃貸物件の入居前にトイレでやることをご紹介します。

便器のコーティング

最初に行うのが、便器のコーティングです。キッチンシンクや洗面所・浴槽と同様に、便器もコーティングを行ってきれいな状態を保ちましょう。トイレ専用のコーティング剤が販売されています。

換気扇にフィルターを設置する

トイレの換気扇も、ほこりが溜まりやすく、掃除を怠ると汚れがどんどん蓄積していきます。換気扇には専用のフィルターが設置されていますので、それを設置することでほこりの侵入を防ぐことが可能です。

害虫対策編

賃貸の入居前にやること、最後は害虫対策です。住み始めてからでも良いですが、事前に行っておくとより高い効果が期待できます。

エアコンホースにフィルターを設置する

必ず行いたいのがエアコンホースへの対策です。害虫はエアコンホースから部屋の中へ侵入するケースが多いため、そこをふさぐことで害虫被害を効率的に防止できます。専用アイテムを利用するのも良いですし、網目の細かいネットを設置するのも効果的です。

くん煙剤で徹底駆除

害虫を徹底的に対策する場合は、入居前にくん煙剤を利用するのが良いでしょう。薬剤を散布することで、害虫の繁殖や侵入を防止できます。商品によっては火災報知器などが反応しないように対策する必要があるものもあるため、事前に取扱説明書を確認しておきましょう。

まとめ

賃貸の入居前は、今後の生活を快適にするために重要な時期です。汚れやすい箇所や掃除がしにくい場所を先にお手入れしておくことで、より長い期間快適な空間を維持することができます。ぜひ今回の「やること」を参考に、取り組んでみてください。横浜や東京で賃貸物件をお探しであれば、ネクストライフまでお問い合わせください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事