狭い部屋でも収納を工夫して快適に生活しよう

公開日 :

部屋が狭いと物が乱立してしまい、快適に暮らすのが難しいと考えている方も多いでしょう。できれば広い部屋に住みたいものの、家賃が高く断念しなければならないことも。

今回は、狭い部屋にお住まいの方に向けて、収納の工夫の仕方をご紹介します。収納を工夫すれば、狭い部屋でも快適に暮らすことが可能です。実践できるものから取り組んでみてください。

狭い部屋でもできる収納のアイデア

部屋が狭い場合でも、収納を工夫することで快適な空間に変えることが可能です。こちらでは、狭い部屋でも実践できる収納のアイデアをご紹介します。

収納を意識して家具を選ぶ

収納の工夫は、家具選びの段階から始まっています。どれだけおしゃれでデザイン性の高い家具を選んでいても、収納性が低いと部屋を圧迫してしまいます。そのため、家具を選ぶ際は「収納付き」であることと、「何をどの程度収納するか」を考慮しましょう。デザイン性は二の次にしてしまっても構いません。

隙間を有効活用する

部屋が狭い場合は、隙間の空間を有効活用することが重要です。新たに収納スペースを設けるのは難しいため、隙間を活用することで収納場所を増やすことが可能です。以下では、部屋の中でデッドスペースになりがちな場所をご紹介します。

デッドスペースになりがちな場所一覧

デッドスペースとは、空間があるにもかかわらず有効活用できていない場所のことを指します。例えば、家の中の以下のようなポイントを確認してみましょう。

  • キッチンのシンク下
  • ベッドの下
  • 棚の各段の上部
  • 洗濯機の横
  • 押し入れの奥
  • クローゼット

それぞれ全く使用していないケースは少ないと思いますが、空間の上部が空いていたり、意外と無駄があったりすることは珍しくありません。一度確認してみて、できる限り空間を有効活用しましょう。

収納グッズを使用する

部屋を有効活用するには、ホームセンターや100円均一などで販売されている収納グッズを利用するのもおすすめです。例えば、突っ張り棒やファイルボックス、カラーボックスなどは多くの方が使用しています。

外部の収納サービスを利用する

どうしても部屋の中にアイテムを収納できない場合は、外部の収納サービスを利用するのがおすすめです。自宅に物を置かずに、外部の業者にアイテムを預けられます。ただし、物を取り出すのに少し時間がかかったり、費用がかかったりするのがデメリットです。外部のサービスとしては、ダンボールに物を詰めて送るだけで保管してくれる収納サービスや、一定のスペースを借りて物を自由に収納するトランクルーム、クリーニング店の保管サービスなどがあります。

狭い部屋の収納で多くの方が悩むポイント

収納については、多くの方が悩んでいるポイントでもあります。こちらでは、よく見かけるお悩みポイントについて、その解決方法を踏まえて解説します。

洋服を収納するスペースが足りない

普段からよく買い物をするという方の中には、洋服の収納場所に困っている方も少なくありません。クローゼット内に収納できるのが理想ですが、難しい場合はハンガーラックや突っ張り棒を活用しましょう。あまり着ない服がある場合は、衣装ケースを用意してベッド下に収納するのもおすすめです。

本を多く所有している

書籍を多く所有していると、収納スペースを圧迫してしまい、部屋を雑多な印象にしてしまいます。大きさのある本棚を使用できれば良いのですが、部屋が狭いとそれが難しいケースも少なくありません。本棚を用意する場合は、高さの低いものに統一することで、圧迫感を減らすことができます。

布団とベッドどちらにするか迷っている

ワンルームや1Kなどの間取りで、部屋が狭い場合は、ベッドか布団のどちらにするか迷ってしまうこともあります。収納面を考慮して選ぶのであれば、跳ね上げ式のベッドがおすすめです。跳ね上げ式のベッドは、ベッド下に空間が生まれるため、ある程度大型のアイテムでも収納できます。使用しない洋服や毛布などを圧縮し、収納しておく方が多いようです。

収納アイデアを実践した部屋をキープする秘訣

収納アイデアは世の中に溢れているため、一度は何かを実践したことがある、という方も多いでしょう。しかし、その状態をキープできず、すぐに部屋が散らかってしまうケースも少なくありません。以下では、収納アイデアを実践した部屋をキープするコツをご紹介します。

物の購入時に収納まで考える

効率良く収納をするためには、物を増やさないことが重要です。しかし、ついつい買い物をしてしまい、気づいたら物が増えているという方も少なくありません。

そのような場合に備えた対策としては、物の購入時に収納場所のことまで考えておくのが良いでしょう。置く場所を決めていれば、物が溜まっていく心配がありません。

また、「物を1つ購入した1つ捨てる」といったルール決めをしておくのも効果的です。消費サイクルを決めておくことで、捨てられないときは物を購入しないようになります。

物の定位置を決める

収納がうまくいかないという場合は、物の置く位置が決まっておらず、常に部屋に物が出ている状態になっているケースが多いです。そのため、物を定位置に置き、片付けを習慣化するのがする工夫が大切です。例えば、リモコンはテーブル上の特定の場所、メイク道具はドレッサーの中、などが代表的です。「このアイテムは常にここ」というのを決めておくだけでも、効率的に片付けが可能です。

片付けの曜日やタイミングなどのルールを決めておく

片付けは「いつかやる」「明日やる」などと考えており、気づいたらできていない、というケースも多い傾向にあります。例えば、「毎週土曜日に掃除をする」や「1日ごとにキッチン、リビング、水回りの順に掃除場所を変える」といったルール決めをしておくと良いでしょう。無理のない範囲でルールを決めておけば、ストレスなく片付けができます。

まとめ

ワンルームや1Kなど、比較的スペースの少ない部屋に住んでいる場合、収納場所に悩むケースは少なくありません。今回紹介した方法を参考にして、部屋の状態をきれいに保ちましょう。

東京や横浜で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様の理想の物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事