マンションの専有部分と共用部分とは

マンションのスペースは、専有部分と共用部分に分けられます。2つの言葉を聞いたことのある方も、「専有部分=居住スペース」、「共用部分=その他のスペース」と勘違いしているケースも少なくありません。

今回は、マンションの専有部分と共用部分の特徴や違いについてご紹介します。マンションに住む場合、両者を間違えてしまうと、さまざまな点でデメリットになる可能性があります。これを機会にぜひ理解しておきましょう。

マンションの専有部分とは

マンションの専有部分とは、「各住戸部分」を指します。リビングやダイニング、キッチン、寝室、トイレ、お風呂などのスペースは、すべて専有部分です。専有部分には、所有権が発生するため、デザインやインテリアを自由に変更することができます。

ただし、賃貸物件については、お部屋のオーナーに所有権が生じているため、デザインなどを入居者が自由に変更することはできません。部屋の扉を付け替えたり、壁紙を張り替えたりすると、退去時に修繕費用を請求されるのは、入居者に所有権が与えられていないためです。

マンションの共用部分とは

マンションの共用部分とは、簡単に説明すると「専有部分に含まれない部分」を指します。法定共用部分と規約共用部分に分けられますが、日常生活を送るためには、まとめて共用部分として理解しておけば問題ありません。

マンション内のスペースでは、以下のような場所が含まれます。

  • 外廊下
  • エントランスホール
  • 階段
  • 屋上
  • エレベーター
  • 各種配管
  • ベランダ
  • 駐車場・駐輪場
  • バルコニー
  • 玄関ドア
  • 網戸
  • ポーチ

ベランダやバルコニー、玄関ドアなどは別ですが、共用部分は基本的に誰もが立ち入ることのできる場所のことを指します。

専用使用部分について

専用使用部分とは、共用部分でありながら、特定の方だけが使用できるスペースのことです。ベランダやバルコニーなどを思い浮かべてもらえば、わかりやすいのではないでしょうか。ベランダやバルコニーは、共用部分ではあるものの、別のお部屋の住人が自由に利用することはできません。

専有部分や共用部分に関するQ&A

マンションで生活していると、専有部分や共用部分をめぐってトラブルになることも少なくありません。こちらでは、専有部分と共用部分に関するQ&Aをご紹介します。

玄関ドアの色は勝手に変えても良い?

玄関ドアの色は、当然変えてはいけないように感じますが、実は共用廊下側のドアと内側のドアでは扱いが異なります。住居側のドアについては、専有部分として扱われるため、色を塗り替えることも可能です。反対に、共用廊下側のドアは共用部分として扱われるため、色を自由に塗り替えることはできません。

ただし、マンションを賃貸物件として借りている場合は、玄関ドアの塗り替えはできません。先ほど説明したように、賃貸物件の住人には所有権がなく、玄関ドアに手を加える権限がないためです。

また、玄関ドアと同様に、鍵も共用廊下側と住居側に分かれています。しかし、鍵は2つで1つのセットになっていると考えられるため、片方だけ鍵を取り替えることはできません。もちろん、両方の鍵を取り替えることもできません。

窓ガラスや網戸の張り替えは自由に行える?

窓ガラスや網戸は、専有部分と勘違いされることも多いですが、共用部分のため勝手に交換することはできません。結露対策や断熱を目的として、二重サッシへの変更なども基本的には不可能です。

ただし、築年数の経過したマンションでは、窓ガラスが突然破損したり網戸が破れたりすることがあります。その場合は、まずは交換を行い、後に管理会社へ連絡することが認められるケースもあります。

バルコニーにサンルームを作ることはできる?

マンションのバルコニーは、共用部分として扱われるため、勝手にサンルームを設置したり、面積を広くしたりすることはできません。バルコニーには専有使用権があるものの、自由な変更までは認められていません。

ベランダやバルコニーで行えるのは、ガーデニングや洗濯、いすやテーブルの設置、ウッドデッキやタイルの配置などです。ただし、ベランダには災害時に利用する避難経路が設置されていることもあります。その場合、避難経路の妨げになるものを設置することは禁止されています。ベランダに物を置いている場合は注意しましょう。

配管からの水漏れにはどう対応する?

マンションで生活していると、老朽化した配管からの水漏れなどのトラブルが発生することもあります。水漏れのトラブルは、放置していると二次的な被害につながる可能性があるため、できるだけ早い対処が望まれます。そのため、入居者が水道修理業者に連絡して対応してもらって問題ありません。

ただし、管理会社が提携している修理業者がいる可能性があるため、最初に管理会社に問い合わせるのがおすすめです。マンションで発生した水漏れトラブルについては、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

マンションのスペースは、すべて専有部分と共用部分に分けられ、トラブルを防ぐためには両者の特徴を理解しておくことが大切です。また、同時にマンションの管理規約も確認しておくと良いでしょう。

東京や横浜でマンションのお部屋をお探しであれば、ネクストライフまでお問い合わせください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事