賃貸の退去連絡はいつまでに、どこにするべき?

賃貸暮らしから持ち家を建てる場合や、転職などを機に引っ越す場合は、現在住んでいる家を退去しなければなりません。その場合に悩むのが、退去連絡を「いつまでに」「どこに」するべきかという点です。

今回は、賃貸の退去連絡についてお伝えします。現在賃貸物件に住んでいる方はもちろん、今退去を考えている場合もぜひ参考にしてください。

賃貸の退去連絡はいつまでにする?

賃貸の退去が決まったら、まずは賃貸借契約書を確認しましょう。賃貸借契約書には「解約予告期間」が記載されており、その期間内に退去する旨を連絡する必要があります。解約予告期間とは、「解約時はその●日前までに連絡してください」という期日を定めたものです。

解約予告期間は賃貸によって異なりますが、一般的には「退去日の1カ月前」までに設定されていることが多い傾向にあります。ただ、物件によっては2〜3カ月以上前に解約予告をしておかないといけないケースもあるため、賃貸借契約で確認するのが安心です。

なお、解約予告期間を待たずに退去したい場合は、決められた日数分の賃料を支払うことで退去できます。例えば、退去日の1カ月前に解約する旨を伝えなければならない物件で、来週に退去したいというような場合は、3週間分の家賃を支払うことで退去できます。ただし、賃貸借契約の内容によっては家賃が日割り計算にならず、1カ月分の家賃を請求されることもあります。

また、賃貸物件では更新時に退去することで、費用を支払わずに退去することも可能です。更新時には不動産会社から連絡が届くため、期日までに退去連絡をすれば手続きを行えます。

賃貸の退去連絡先

賃貸物件の退去連絡先についても、賃貸借契約書を確認するのが基本です。一般的には大家さんや不動産会社ですが、不動産会社の場合は窓口が異なるケースがあります。契約時の窓口に連絡しても対応してもらえない可能性があるため、契約書を確認しましょう。

賃貸の退去の流れ

賃貸の退去時の連絡先や、期限は上記の通りですが、実際は一定の流れの中でこれらの手続きが行われます。そこで、賃貸の退去手続きの流れについて理解しておくと良いでしょう。

退去の通知

まずは大家さんや不動産会社に「退去したい」旨の通知を行います。賃貸借契約書を確認し、適切な時期までに担当者に連絡しましょう。引っ越しの日にちが決まっている場合は、それについても伝えましょう。引っ越しの日程を踏まえて退去の立ち会い日を決めるのが一般的です。大手の不動産会社では、専用アプリなどで退去の通知を行うケースもあります。

ガス・電気・水道会社への連絡

退去の日程が決まったら、ガスや電気、水道会社、インターネットなどのライフラインの解約、転居手続きを行います。各会社に連絡し、必要な手続きをおこないましょう。電話だけでなく、インターネットのみで手続きを行える場合もあります。

引っ越し

次は実際に引っ越しを行います。引っ越し会社に任せるケースもあれば、自分ですべてを行うこともあるでしょう。どちらにせよ、退去手続きが完了するまでに部屋をきれいな状態に戻しておく必要があります。これを「原状回復義務」と呼びます。原状回復義務に違反すると、不動産会社や大家さんから修繕費用などを請求されるため注意しましょう。

退去手続き

引っ越しが完了したら、決められた期日に退去手続きを行います。具体的には、担当者と一緒に室内のキズや汚れの状況を確認したり、鍵の返却をしたり、敷金の精算をしたりします。鍵の返却は、原本だけでなくコピーもすべて返却しましょう。不備がある場合は、交換費用を請求されます。

賃貸の退去時にやっておくこと

退去手続きをスムーズに進め、新居で快適な生活をスタートさせるには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

必要書類を役所に提出する

まずは、役場に必要書類を提出しましょう。具体的には、転出届・転入届・転居届の中から必要な書類を提出します。

転出届は市町村をまたいで引っ越しをする際に、それまで住んでいた市区町村に提出する書類のことです。引っ越しを行う14日以内に提出する必要があり、手続き完了時には転出証明書が発行されます。

転入届は引っ越し先の市区町村に提出する書類です。転出証明書を持って手続きに行う必要があり、引っ越し後14日以内に提出しなければなりません。

転居届は、同じ市区町村内で引っ越しをする際に必要となる書類です。

引っ越し先に合わせて、必要な書類を提出しましょう。

各所での住所変更手続きを行う

次は、住所変更手続きを行いましょう。具体的には、クレジットカードや携帯電話、銀行口座などは早めに手続きを行っておくと安心です。利用明細や各種案内に関する書類が新居に届かない可能性があるためです。

そのほかには、ネットショッピングをよく利用する場合は、ECサイトの住所変更なども済ませておくと良いでしょう。

まとめ

賃貸の退去に関する連絡は、賃貸借契約書を確認して適切な場所・タイミングに連絡する必要があります。最近は専用アプリで退去連絡ができるケースもあるため、この機会に確認しておきましょう。

横浜や東京で賃貸物件をお探しの際はネクストライフまでお問い合わせください。お客様の理想の物件探しのお手伝いをさせていただきます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事