立川市の治安はどう?安心して暮らすための秘訣

東京都の中心にあり、多摩地域の中心都市としても知られている立川市。近隣には国立市や東大和市、武蔵村山市などがあり、のんびりとしたイメージのある街ですが、東京都心をはじめとした都市のベッドタウンとして高い人気を誇ります。

今回は、立川市の治安に焦点を当ててご紹介します。立川市への移住や上京を控えている方は、ぜひ参考にしてください。

東京都立川市の特徴

東京都立川市は、多摩地域の中心にあり、国分寺市や国立市、東大和市、武蔵村山市、昭島市など多くの街と隣接しています。東京都といえば23区のイメージが強いですが、立川市は東京都や神奈川県など関東近郊の都市のベッドタウンとしての役割を果たしており、ひとり暮らしだけでなくファミリーも多く生活しています。

立川市の面積は約24.4㎢で、人口は2021年時点で184,661人と、東京都の市部で9番目に人口の多い街となっています。全域がほとんど武蔵野台地上にあるため、市全体が平坦な地形になっているのが特徴です。

市内の中心駅は立川駅で、東京都の東西を結ぶJR中央線が通っており、30分から40分程度で東京都心へ移動できます。通勤や通学で都心部に通うことの多い方にも人気の街です。近隣都市への移動には、バスを使用するのもおすすめです。網の目状にバスの路線が張り巡らされているため、各地への移動も用意です。

立川市内は高速道路や国道が一本も通っていないのが特徴です。高速道路を利用する場合は、国立市の国立府中ICや八王子市の八王子ICなどを利用することになります。どちらもそれほど距離はないため、交通面について不便を感じることはありません。また、市内には各市部をつなぐ主要街道が通っており、近隣都市へのアクセスも悪くありません。

立川市の詳細については、こちらの記事でも紹介しています。ぜひご確認ください。

立川市の住みやすい点

立川市は、さまざまな年代や世帯に人気の街です。こちらでは、立川市に住む場合のメリットについてお伝えします。

交通の便が良い

東京都や関東近郊のベッドタウンとしても知られる立川市は、交通の便が良いのが特徴です。中心駅である立川駅は、JR中央線や南武線などが乗り入れ、特別快速も停車するため、都心部への移動もスムーズです。また、中央線や南武線や始発駅のため、座れる確率が高いのも魅力です。毎日の通勤や通学時の心身への負担を減らすことができるでしょう。

また、市内の移動には「くるりんバス」を利用するのが便利です。駅から距離のある場所に住む場合や、自家用車を持っていない方でも安心して各地へ移動できます。

自動車での移動が容易

立川市は、自動車での移動が容易な点も魅力です。市内には青梅街道や新青梅街道、甲州街道、五日市街道などが通っており、自動車でも各地へ移動ができます。駅チカの物件を探さなくても、自動車を所有している場合は安心して生活することができるでしょう。

医療機関が充実している

立川市は、医療機関が充実しており、病気やケガなどのトラブルがあっても迅速に対応してもらえます。特に、小さな子どもがいる場合、急な発熱やケガにより病院に行かなければならないケースは少なくありません。そんなときに医療機関があれば、安心して暮らすことができます。その他には、高齢者のいる家庭にとってもメリットとなります。

子育てにも適した施設が充実している

小さな子どもがいる家庭にとっては、立川市にある数々の施設も魅力的に映るはずです。駅周辺の商業施設は、一箇所であらゆるものを揃えることができるため、忙しくて時間がない場合でも安心です。

その他には、緑豊かな土地が広がる昭和記念公園や市内を流れる玉川上水など、日々の生活に彩りを与えてくれる施設が豊富です。子育てに疲れてしまった場合でも、自然の中でリフレッシュすることができます。

東京都心と比べると賃料が安い

立川市は、東京都心部と比較すると、賃料が安く設定されている傾向があります。立川市の地価は東京都の中でも安く、その分賃料も安くなるのです。賃料が安くなれば、都心部に住む場合と同じ費用でより広くて便利な物件を探したり、固定費である家賃を抑えたりできます。支出の節約にも役立つため、家計が厳しい場合でも安心です。

立川市の住みにくい点

立川市は多くの方に人気の街であるものの、一部住みにくいと感じる部分もあるようです。こちらでは、立川市に住む場合のデメリットをご紹介します。

立川駅周辺が繁華街となっている

立川駅を利用する場合は、駅周辺が繁華街となっているため、夜になると多くの人で賑わいます。居酒屋のキャッチなども多く、人によっては騒がしいと感じるケースもあるでしょう。立川市に住む場合は、夜間の人手や様子について、事前に訪れて確認する必要があります。

駅周辺の物件が少ない

立川市でもっとも利便性の高いエリアは立川駅周辺ですが、実際は駅の近くにあまり物件はありません。前述の通り駅周辺は繁華街となっているため、賃貸物件があまりないのです。立川駅の近くに住む場合は、駅から10分程度の物件に住むことになるでしょう。

立川市の治安

立川市、特に立川駅周辺は、東京都内でも治安の悪いエリアとして知られています。最新のデータを確認しても、粗暴犯や侵入窃盗などの犯罪が多く発生しており、対策が必要不可欠です。特に夜間は、犯罪だけでなく市民同士のトラブルも発生しているため、夜は繁華街を通らないように気をつけましょう。女性のひとり暮らしや小さなお子さんがいる場合は、夜間の外出を控えたほうが良いでしょう。

自宅の防犯対策については、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

立川市はひとり暮らしからファミリーまで、幅広い世帯に人気のエリアです。交通利便性が良く、さまざまな大型施設も市内に充実しているため、あらゆる用事を済ませることができます。ただし、中心地である立川駅周辺は治安があまり良くないため、不動産会社と相談しながら物件を探すのがおすすめです。

立川市内で物件をお探しであれば、ネクストライフをご利用ください。担当者がお客さまからお話を伺ったうえで、最適な物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事