女性専用マンションって何?特徴やメリットをご紹介

マンションのなかには、「女性専用マンション」としている物件もあります。入居者が女性だけである点は別として、一般的な賃貸マンションと比較してどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、女性専用マンションの特徴やメリットなどをご紹介します。

女性専用マンションとは何か

女性専用マンションとは、女性のみが借りることのできるマンションのことを指します。

「女性が安心して暮らすことのできるマンション」の目指して造られていて、一般的なマンションとは異なる特徴をさまざま持ち合わせています。

入居者がすべて女性ということもあり、入居者自身はもちろん、親御さんやご家族も安心できるマンションといえます。

入居条件や細かいルールは物件ごとに異なりますが、賃貸借契約書には「男性は立ち入り禁止」と記載されています。

そのため、女性専用マンションで同棲はできませんし、なかには身内であっても男性は部屋に入れないというマンションもあります。

あらかじめ連絡や申請をしておけば大丈夫というマンションもあるので、詳細は不動産会社や管理人さんへ問い合わせましょう。

女性専用マンションを選ぶメリット

現在物件を探している方のなかには、女性専用マンションに絞って探しているという方もいるでしょう。

こちらでは、女性専用マンションを選ぶメリットをご紹介します。

住んでいるのが女性だけ

当然のポイントではあるものの、住んでいるのが女性だけというのは大きなメリットです。それだけで安心感を覚えるという方も多いのではないでしょうか。

外出時やゴミを出すときなど、他の住人と顔を合わせるタイミングはさまざまありますが、絶対に男性と顔を合わせなくて良いというのは安心材料になります。

セキュリティ面が優れていて安心感がある

女性専用マンションに総じていえるのが、一般的な賃貸マンションと比べてセキュリティ面が充実しているという特徴があります。

オートロックやTVモニター付きインターホン、エントランスや廊下などに設置された防犯カメラ、ホームセキュリティサービスなど、他の物件ではあまり見かけないセキュリティも整っています。

また、物件によっては管理人が24時間常駐しているところもあります。何かトラブルがあれば相談できますし、自宅を空けているときもマンションを見守ってくれている方がいるというのは安心感があります。

初めてひとり暮らしをする方など、セキュリティ面が充実しているマンションを選びたい方におすすめです。

初めてひとり暮らしをするという方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

女性にうれしい設備が充実している

女性専用マンションは、入居者を女性だけに絞ることができるため、大家さんや不動産管理会社も女性にうれしい設備を整えています。

たとえば、一般的なマンションより広いお風呂や大きな洗面ボウルの設置された洗面所、設備の充実したキッチンなど他のマンションではなかなか見かけない設備が豊富です。

女性専用マンションを内見する場合は、一般的なマンションとの違いに注目すると、そのマンションの魅力に気づけるかもしれません。

物件全体の管理・清掃が行き届いている

入居者が女性だけということもあり、物件を管理する側も、設備や共用部分など物件全体の管理・清掃を入念に行っている傾向があります。

「一般的なマンションだから管理が行き届いていない」というわけではありませんが、「女性専用マンション」として売り出す以上、清潔感や行き届いた管理を売り出している物件は少なくありません。

また、入居者側もその点をメリットとして入居している以上、ベランダや共用部分にごみを放置するといった行為をする方も少ないといえます。

清潔度はもちろん、住人の意識が高いマンションや管理が行き届いている物件を探している場合は、女性専用マンションという選択肢もあります。

女性専用マンションを選ぶデメリット

女性専用マンションにはさまざまな魅力がある一方で、選ぶ際は注意点もあります。こちらでは、女性専用マンションのデメリットを解説します。

彼氏や父親などの男性が敷地に入れない

ルールの厳しさはマンションによって変わりますが、基本的には女性専用マンションに男性が立ち入ることはできません。

これは友達や彼氏などはもちろん、父親や兄弟などであっても入れないというマンションもあります。

見知らぬ男性がマンション内に出入りできないというのは大きなメリットですが、気軽に家に招くことができないのはストレスになる可能性も考えられます。

人によってメリットになるケースもデメリットと感じるケースもあるため、事前にどの程度厳しいルールが設けられているか確認しましょう。

周辺の一般的な物件と比べて家賃がやや高い

女性専用マンションは、充実したセキュリティや設備などが整っているため、周辺の一般的な物件と比べて家賃が高く設定されている傾向にあります。

設備面への満足度は高い一方、家賃の負担が重いと感じるケースは多いでしょう。家賃を下げることもできますが、どこかで妥協が必要になります。

物件数が少ない

女性専用マンションを探すと気づくのは、一般的なマンションと比べて物件数が少ない点です。住みたいと考えているエリアによっては、そもそもマンションがない可能性もあります。

少ない選択肢からマンションを選ばなければならないため、場合によってはイメージ通りの物件を見つけられないかもしれません。

女性専用マンションを探す際のポイント

女性専用マンションに絞って物件を探している方も多いですが、すべてのマンションが設備や環境の面で優れているわけではありません。

こちらでは、女性専用マンションを探す際のポイントを解説します。

セキュリティの詳細を確認する

女性専用マンションのセキュリティの充実度は、物件によって異なります。

オートロックや防犯カメラ、ホームセキュリティの有無など、どこまでイメージ通りのセキュリティが整っているか、入居前に確認することが大切です。

間違っても物件の詳細を確認せずに契約しないよう注意しましょう。

共用部分に清掃が行き届いているか確認する

マンションの管理体制を確認するためには、共用部分に清掃が行き届いているかチェックしましょう。

エントランスや廊下、エレベーターの中など、普段住人が行き来する場所がきれいに保たれていれば心配いりません。

周辺環境

女性専用マンションを選ぶ際は、建物の中だけでなく周辺環境もチェックしておきたいところです。

利便性はもちろんのこと、夜道の暗さや人通り、いざという時に駆け込めるよう周辺にコンビニや交番があるかといった視点でチェックしておくと安心です。

まとめ

女性専用マンションは、セキュリティ面や設備の充実度などの点で女性にとってうれしいマンションであることがほとんどです。

ただし、数がそれほど多くないため、一般的なマンションと比較検討したうえで決めるのが良いでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事