マンションとアパートの違いとは?

賃貸物件に住む場合、さまざまな選択肢がありますが、一般的にはマンションやアパートに住む方が多いのではないでしょうか。ただ、よく考えてみると、両者の違いについて知らないという方もいるのではないでしょうか。今回は、マンションとアパートの違いについて具体的にご紹介します。 

 

マンションとアパートに明確な違いはない?

まず、結論から申し上げると、マンションとアパートには法的な定義はなく、両者に明確な違いはありません。物件の所有者である大家さんや不動産管理会社が、〇〇マンション、○○アパートと命名しているにすぎません。他にも〇〇コーポ、〇〇ハイツといった物件もありますが、基本的にはマンションやアパートと同様、特に理由もなく名前がつけられただけです。

一般的な違い

法的には両者に違いはないものの、マンションやアパートという名前をつける際は、一定の基準を定めているのが一般的です。

・回数や建物の構造の違い

アパートは、木造や軽量鉄骨造が一般的で、2階建てもしくは3階建ての建物を指します。マンションは、鉄骨コンクリート造や鉄筋鉄骨コンクリート造・軽量気泡コンクリートのどれかで、3階建て以上の建物がほとんどです。

・家賃の違い

アパートは建物も大きくなく、エレベーターも設置されていないため、家賃や管理費も安く設定されています。一方マンションは、建物が大きく建設コストも高くなり、共用部分もあるため管理費や家賃が高く設定されています。

 

賃貸マンションのメリット

ここからは、マンションとアパートに分けてその特徴をご紹介します。まずはアパートのメリットについてです。

共用部分の管理や清掃を管理会社が行ってくれる

マンションには、エントランスや廊下など多数の共用部分がありますが、一般的に管理会社が管理や清掃を行ってくれるため、入居者自らが手間をかける必要がありません。ある程度きれいな状態を保ち続けられるため、安心して暮らせるでしょう。

防犯性能が高い

多くのマンションは、エントランス部分にオートロックの扉が設置されており、家に侵入するにはオートロックと各戸の扉を突破しなければなりません。そのため、ある程度不審者の侵入を防ぐことができます。防犯性能の高さを売りにしたマンションも多いです。

遮音性や防音性に優れている

生活していて、隣や上下階の足音や物音が気になったことのある方も多いのではないでしょうか。マンションのほうがアパートと比べて遮音性や防音性に優れているといわれます。

その要因のひとつが先ほど紹介した物件の構造です。マンションでよく見られる鉄骨鉄筋コンクリート造などの構造は、遮音性が高く、生活音などの漏れをシャットアウトしてくれます。周りからの騒音に悩まされないだけでなく、自分が騒音の発生源にならないという意味でも大きなメリットです。

 

賃貸マンションのデメリット

次は、賃貸マンションに住む場合のデメリットについてご紹介します。

近隣住民との関係が希薄になりがち

マンションに住む場合、よほどの共通点がない限り近隣住民と関係を築きにくいという特徴があります。特に、都会のマンションではコミュニティの形成が難しいケースも珍しくなく、隣近所にどんな方が住んでいるのか分からないこともあるようです。周囲にどんな方が住んでいるか分からないと、防犯上も不安を覚えるため、引っ越し時のあいさつなどで一定コミュニケーションを取っておくのがおすすめです。

修繕積立費が毎月発生する可能性

前述の通り、マンションの場合は共用部分の管理は管理会社が行い、修繕については管理組合が主導で行ってくれます。しかし、それに必要な費用を毎月支払わなければなりません。管理費や修繕積立金という名目で徴収されることが多く、金額はマンションによって異なりますが、一般的には月2万円ほど必要になるケースが多いようです。マンションの資産価値を維持するためには必要なお金とはいえ、毎月の負担が大きくなるためデメリットと感じる方もいるでしょう。

家賃が高い

マンションは、アパートと比べて家賃が高いのが一般的です。要因はさまざまな点が考えられますが、設計や建築費用がアパートと比べて高額である点、エレベーターやエントランスなど共用部分が充実している点などが挙げられます。

貯金をするために毎月の固定費をなるべく削減したい方など、家賃の安い物件に住みたいと考えている場合は、マンションではなくアパートがおすすめです。

 

アパートのメリット

次は、アパートに住むメリットについてご紹介します。

賃料が安い

アパートに住む最大のメリットは、家賃が安い点でしょう。アパートは木造建築も多く、建築費をマンションより安く抑えられます。また、マンションとは異なり管理人が常駐している物件も少ないため、管理費や共益費もほとんどかからないのです。

また、車を持っている方が注目したいのが「駐車場代」です。マンションの場合、駐車場代も毎月別に支払わなければならないケースがほとんどですが、アパートでは賃料に含まれている物件も珍しくありません。別途駐車場代を支払う場合でも、数千円で住むことも多いため、駐車場代を安く抑えたい場合はアパートのほうが良いでしょう。

通気性が良い

アパート、特に木造建築のアパートの場合、通気性が良く夏でも涼しく過ごすことが可能です。木は吸湿性にも優れているため、適度な湿度を保ちつつ暮らせるでしょう。

アパートのデメリット

次は、アパートに住むデメリットについてご紹介します。

遮音性が低い

通気性が良い点は、デメリットにも働きます。周辺の部屋の生活音や、外の雑音などを通しやすく、近所に駅や公園などがある場合、常に人の声が聞こえるようなケースもあります。遮音性については、事前に内見に訪れた際、周囲の声がどれくらい聞こえるか、外から管理会社の人に話しかけてもらうなどの方法をとるのがおすすめです。

セキュリティ面の不安

前述の通り、アパートは階層が低く造られているため、不審者が侵入しやすくセキュリティ面に不安が残ります。マンションのように共用のエントランスなどもないため、侵入者が各部屋に直接アプローチできてしまうのは大きなデメリットです。特に女性や学生など、セキュリティを重視したい場合は、マンションの方が良いかもしれません。

 

マンションとアパート、自分にはどちらが向いている?

マンションとアパートの違いについて抑えたところで、自分にはどちらが適しているのか分からないという方も多いでしょう。そこで以下では、どんな方がどちらに適しているのかご紹介します。

家賃を抑えつつご近所づきあいのある物件に住みたい方はアパート

毎月の固定費である家賃をなるべく安くしたい、ご近所との関係もそれなりに築きつつ暮らしていきたいという方には、アパートがおすすめです。アパートなら、各住人がそれなりの距離感で生活できるため、普段から接する機会も多いでしょう。セキュリティ面については各々対策を講じる必要があります。

静かに暮らしつつ、防犯性に優れた物件に住みたい方はマンション

閑静な住宅街などで静かに暮らしたい、初めての一人暮らしだから防犯性を重視したいという方には、マンションがおすすめです。多少家賃は高くなるものの、立地もセキュリティも優れた物件が多いため、暮らしていくのに不自由はしないでしょう。

 

編集者umi
編集者umi
“引っ越しまくり女子”こと、編集者うみです😊

アパートと聞くと『古い!汚い!外に洗濯機!』

という印象がある方が多いと思います💦

現に私がそうでした・・・😲
しかし最近ではリノベーションがされて、

上記にあげた問題が改善されていたり、

女子には嬉しい綺麗な外観のアパートも増えています💓

是非、不動産屋さんでアパートの情報も聞いてみて下さいね♫

まとめ

マンションやアパートに法的な違いはないものの、便宜上いくつかの条件下で区別されているのが現状です。新しい部屋に引越す場合は、両者の特徴を理解したうえで、現状の自分に適した物件を探しましょう。

 

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事