アパートvsマンション|賃貸で選ぶならどっち?

賃貸物件を探す際、アパートとマンションのどちらにしようか迷う方もいるでしょう。アパートとマンションは異なる特徴をもっているため、自分に合ったものがどちらか把握する必要があります。

今回は、アパートとマンションの違いや、それぞれに適した方の特徴などをご紹介します。賃貸物件をお探しの際は、ぜひ参考にしてください。

アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違いと問われたとき、多くの方が「アパートは木造が多い」「マンションは階数が多い」などのイメージがあるかもしれませんが、実は法律による明確な違いはありません。そのため、外観や回数によってアパートやマンションを定義することは基本的にできません。アパートやマンションという言葉は、あくまで不動産業界において、物件を探している方がイメージしやすいように区別したにすぎないのです。

不動産業界では、一般的に両者を以下のように区別しています。

  • アパート

木造や軽量鉄骨造などの低階層共同住宅

  • マンション

鉄骨造(S造)や鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)などを採用した、高層階共同住宅

これらの情報は、インターネットで物件を検索した際の建物の構造欄で確認することができます。どちらか希望がある場合は、事前に必ず確認しましょう。

アパートとマンションの違いについては、こちらでも紹介しています。

その他の名称

賃貸物件を表す単語には、アパートやマンション以外にもさまざまな言葉が使用されています。例えば、以下のようなものは見かけたり、実際に住んだことのある方も多いでしょう。

  • ハイツ
  • ハイム
  • メゾン
  • ヴィラ
  • シャトー
  • コーポ
  • カーサ
  • アーバン
  • レジデンス

これらは、英語やフランス語、ドイツ語などの違いはあるものの、基本的にはどれも「住宅」や「家」を意味する単語です。名称による大きな違いはほとんどないため、物件の特徴は実際の建物を確認しましょう。

アパートを選ぶメリット

低階層の建物を指すことが多いアパート。賃貸物件を探す際に選択肢に入ることも多い傾向にあります。こちらでは、アパートを選ぶメリットをご紹介します。

家賃や管理費が安い傾向にある

アパートは、一般に家賃や管理費が安い傾向にあるのが特徴です。立地や間取り、築年数などが似た条件のアパートとマンションを比較すると、アパートのほうが家賃は安い傾向にあります。

家賃や管理費が安く設定されている理由は、マンションよりアパートのほうが建物の建築コストが安いためです。また、低階層のアパートは木造建築が多いため、建築の自由度が高く、土地の条件が悪い場所でも建てることができます。価格の安い土地にも立てやすくなるため、家賃も安く設定できるのです。

さらに、アパートはマンションと比べて物件が多いのも、家賃に影響している要素です。物件数うが多くなるため、競争が発生し、家賃を安く設定している物件も少なくありません。

物件数が多い

アパートはマンションと比べて物件数が多いため、理想の物件に出会いやすいのもポイントです。駅チカなど好立地のマンションはすべて埋まっており、アパートなら空いているというケースも少なくありません。マンションにこだわりがない場合は、理想の物件が見つからないときにはアパートを探してみるのも良いでしょう。

アパートを選ぶデメリット

こちらでは、アパートを選ぶ場合のデメリットについて解説します。

セキュリティ面が充実していない

一概にはいえないものの、アパートはマンションと比較してセキュリティ面が充実していない傾向にあります。オートロックを採用した建物はあるものの、それ以外のセキュリティを採用していなかったり、玄関まではフリーパスの物件も少なくありません。

女性のひとり暮らしや小さなお子さんのいる家庭など、セキュリティ面に不安があればマンションを選ぶのが良いでしょう。

居住性がマンションに劣る

アパートはマンションと比べると、さまざまな面で居住性が劣る傾向にあります。例えば、遮音性や防音性、耐震性や耐火性などが代表的です。アパートは木造建築が多く通気性に優れているものの、遮音性や防音性が低く、近隣住民の声が気になることがあります。また、マンションは鉄筋コンクリート造の建物も多く、耐震・免震性能もアパートより高くなっています。居住性を第一に考えるのであれば、アパートよりマンションほうが良いかもしれません。

マンションを選ぶメリット

次に、賃貸マンションを選ぶメリットをご紹介します。

建物の構造が強い

先ほどの通り、マンションは鉄筋コンクリート造などが多く、アパートと比較して構造上強いのが特徴です。耐震性や耐火性が優れているため、万が一のときでも安心して暮らすことができます。

設備や居住性に優れている

マンションは遮音性や防音性が高く、導入されている設備も最新のものが多いため、居住性にも優れているのが特徴です。住み心地の良さを求めるのであれば、マンションのほうが良いでしょう。

マンションを選ぶデメリット

最後に、賃貸マンションを選ぶデメリットをご紹介します。

家賃や管理費が高い傾向にある

マンションの最大のデメリットといえば、家賃や管理費が高い点です。同じ間取りのアパートとマンションを比べると、マンションのほうが家賃が高い傾向にあります。ただ、その分セキュリティ性も優れているため、トレードオフといえるかもしれません。

人気の立地や間取りはすでに埋まっている

マンションを探す際、人気の立地や間取りの物件はすでに入居者で埋まっているのがネックになります。利便性の高いターミナル駅周辺にはすでにマンションが建設されており、今後新築されるマンションは少し利便性が劣る可能性があります。完璧に希望に合った物件を探すには、数ヶ月待つ必要があるケースも考えられます。

高層階は災害時にデメリットになることがある

マンションといえば高層階に住むのがステータスと考えている方も多いですが、災害時にはそれがデメリットになる可能性があります。地震や火災などが発生したとき、エレベーターが停止して階段を歩いて降りなければならない住人のニュースを見たことのある方もいるでしょう。災害時の移動のしやすさを考えるのであれば、マンションの低層階を選ぶのが良いでしょう。

まとめ

今回は、賃貸でアパートやマンションを選ぶ場合のメリット・デメリットを解説しました。両者には異なる特徴があるため、どちらを選ぶか迷った際は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

賃貸物件をお探しの際は、ネクストライフまでお問い合わせください。理想の条件に合った物件をご提示いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事