瑞穂町ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

狭山茶の主産地でもあり、広大な茶畑が広がる瑞穂町。町の中央部から東方にかけては「トトロの森」と呼ばれる狭山丘陵が広がっており、それが町ののどかな雰囲気を形成しています。

そんな瑞穂町は、春にはさくらまつり、夏には殿ヶ谷、石畑、箱根ヶ崎三地区合同夏祭りやサマーフェスティバル、秋には総合文化祭に産業祭など、地域のお祭りやイベントが充実している、人と人とのつながりがあたたかい町でもあります。

今回はそんなのどかな町、瑞穂町についてまとめました。西多摩でお住まいを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

瑞穂町ってどんな街?

昭和15年となる1940年、全国的に市町村の合併が進められるなか、瑞穂町もその例にもれず、箱根ケ崎村、石畑村、殿ケ谷村、長岡村が合併されてできました。当時の東京府知事は日本の美称である「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらの・ちいおあきの・みずほのくに)」の文字を仮り、瑞穂町と命名。

現在では東京都随一のお茶の生産地として、茶畑が広がり、町内では爽やかなお茶の香りが広がる緑豊かな町となっています。ここでは、瑞穂町を人口や地理的な側面からまとめてみました。

瑞穂町の人口と大きさ

瑞穂町の人口は2019年6月1日時点の推計人口で32,994人。世帯数は14,915世帯で、人口は2005年頃をピークに少しずつ減っています。狭山丘陵の西に位置している瑞穂町の南部は在日米軍横田基地が占めており、外国人の居住世帯も他の地域と比べて比較的多いです。

65歳以上の団塊の世代以外で多いのは40代と10〜20代。家族世帯が多く住んでいるほか、町内に学校が多いため、通勤・通学の時間帯に鉄道やバスが多くの学生で賑わいます。

瑞穂町の面積は16.85㎢。町の東には 六道山(ろくどうやま)、町の中心部には狭山池があり、近年町の開発は進んでいるものの、場所によっては畑や茶畑も広がり、昔の面影を残しています。

茶畑の広がるのどかな町

東京の都心から西へ約40キロメートルのところにある瑞穂町は、新宿駅からは電車で約1時間30分ほど。都心への通勤・通学へは少し不便に感じるかもしれませんが、四季折々に表情を変える狭山丘陵の緑は人々の心を和ませ、自然と人と人との距離も近くなります。

町の北側、東京狭山茶から産出されるお茶は都内でも随一の生産量を誇っており、東京のお茶どころとしても知られています。

 

瑞穂町の交通について

出典: 瑞穂斎場

瑞穂町を走る電車は、町内に通う学生が多いこともあり通勤・通学時間帯には電車の本数が多いのですが、それ以外の時間帯には1時間に2本程度と少ないのがネックです。終電も11時台と早いため、帰宅が夜遅くなる際には注意が必要。乗り遅れた際には、羽村駅からタクシー、あるいは徒歩での帰宅が余儀なくされます。

一方、車を利用した道路の乗り入れは比較的便利な瑞穂町。ここでは、瑞穂町の交通事情についてご紹介します。

瑞穂町を走る鉄道は1つ

瑞穂町を走っている鉄道は以下の1つのみです。

  • JR東日本(JR東日本旅客鉄道)
     八高線

八高線は八王子駅から群馬県の倉賀野駅までを結んでおり、関東の雲取山の裾野に沿って走っています。都内への通勤には町外路線への乗り換えが必要です。

瑞穂町内にある駅一覧

瑞穂町にある駅は、以下の1路線1駅です。

  • JR東日本(JR東日本旅客鉄道)
     八高線
     「箱根ヶ崎駅」

箱根ヶ崎駅から都内へ出るには、八高線からJR青梅線の「拝島駅」に乗り換えるか、JR中央線の「八王子駅」にて乗り換え、あるいは箱根ヶ崎駅から出ているバスに乗り、「立川駅」まで行くという方法があります。

上記乗り換えであれば早くて1時間ほどで到着できるほか、一番安く行くには「拝島駅」で西武拝島線で乗り換え後、西武新宿駅を目指す方法もあります(1時間10分ほど)。職場や学校の場所によってはこちらのルートを利用するのも便利です。

主要駅までの所要時間

ここでは、「箱根ヶ崎駅」からの、横浜・東京各方面の主要駅までの所要時間をご紹介します。

・横浜駅 約1時間36分(JR八高線「箱根ヶ崎駅」からJR横浜線「八王子駅」で乗り換え)

・品川駅 1時間38分(JR八高線「箱根ヶ崎駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え、その後JR山手線「新宿駅」にて乗り換え)

・渋谷駅 1時間23分(JR八高線「箱根ヶ崎駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え、その後京王井の頭線線「吉祥寺駅」にて乗り換え)

・東京駅 1時間22分(JR八高線「箱根ヶ崎駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え)

・新宿駅 1時間12分(JR八高線「箱根ヶ崎駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え)

瑞穂町内にある道路について

鉄道の利用は限られている瑞穂町ですが、一方、道路においては、瑞穂町は国道16号や新青梅街道などの主要道路通る交通の要衝です。

圏央道の青梅インターチェンジが近いため、最近は大型商業施設や物流関係の施設の建設が進んでおり、今後の町の発展にも期待が持てます。

電車の少ない瑞穂町では、車を所持していた方が圧倒的に便利。電車が少ない代わりに町の施設には駐車場も多く、ガソリンスタンドも国道16号線沿いに多く立地しているため、ガソリン切れで困るということもありません。

 

瑞穂町市にある主要施設

ここでは、休日などにぜひ訪れてみたい瑞穂町の名所や、生活する上で必須となってくる主要施設をご紹介します。

瑞穂町の名所

みずほエコパーク

出典: マチパブ

西口を降り、新青梅街道を渡ったところにある公園です。町の人の健康増進、リサイクルと環境学習推奨のために設置された公園のため、エコパークと名付けられました。

散歩やジョギングのコース、果てはドッグランも敷設されており、月に1度、フリーマーケットも開催されています。休日の晴れた日などにはぜひ一度訪れてみては?

六道山

出典: 狭山公園

「緑の島」都立狭山自然公園の西端にある六道山。「トトロの森」としても知られるこの山は、雑木林が谷戸が入り組み、豊かな自然が残された都立最大の都市公園「野山北・六道山公園」でもあります。

六道山は標高もあまり高くない、丘のようななだらかな山のため、山登り初心者の方やお子様づれ、高齢者の方でもハイキングを楽しむことができます。春には桜、秋には紅葉が美しく、自然が豊かな場所でもありますので、ちょっとした観光にはお勧めです。

花の見頃などは公式ページにまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

商業施設

駅周辺にはコンビニが一軒、歩いて10分弱のところには「オリンピック瑞穂店」があります。お店などは駅の西側に多い傾向にあり、その他の地域に関してはスーパーやコンビニが点在しているといった印象です。東京環状沿いには「ドン・キホーテ」もあります。

町内には「スーパーナカムラ」「シモダディスカウントセンター」「ジャパンミート」「マルフジ」など、ローカルのスーパーがあり、住んでいれば顔見知りの店員さんとちょっとした会話をしながらの買い物となるでしょう。

基本的に自転車で行けるような範囲には、スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどはありますので、生活に不便するようなことはありません。

 

瑞穂町の家賃相場

最後に、瑞穂町、箱根ヶ崎駅付近の家賃相場をご紹介します。瑞穂町に住もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

箱根ヶ崎の家賃相場

・ワンルーム 5.00万円

・1K 5.20万円

・1DK 5.90万円

・1LDK 6.00万円

・2DK 5.40万円

・2LDK 6.20万円

・3LDK 7.50万円

 

瑞穂町の物件探し まとめ

一軒家などで昔から住んでいる人が多い瑞穂町。青梅街道が近いこともあり、道には街灯も多く、深夜でも比較的安心して出歩く事ができます。また、周辺には小さな公園や保育園もあり徒歩圏内のため、家族世帯には利便性の高い町です。

飲食店や飲み屋が少ないことは不便に思えますが、一方町はきれいで治安が良いという利点もあります。普段から自然に囲まれた、のどかな暮らしをしたい人にはお勧めの町です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事