あきる野市ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

八王子の北にたたずむ緑豊かな街、あきる野市。山があり、きれいな川が流れるあきる野市では、夏にはホタルが見られ、街では古き良きお祭りなどの伝統行事が残り、街としてのおもしろさが残されています。

今回はそんな、東京に残された人情味溢れる街、あきる野市についてまとめました。あきる野市周辺でお住まいを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

あきる野市ってどんな街?

1995年、秋川市と五日市町が合併して誕生したあきる野市。そのユニークとも思える市の名前は、古来からこの地域が秋留郷に属し、多摩川を境に東の平野の「武蔵野」に対し、西の平野の「野」をを加えたということから端を発します。

山と野が豊かに広がるあきる野市。ここでは、あきる野市を人口や地理的な側面からまとめてみました。

あきる野市の人口と大きさ

あきる野市の人口は2019年6月1日時点の推計人口で80,698人。世帯数は35,648世帯です。人口は2012年頃を境に少しずつ減っていますが、世帯数は少しずつ増えています。

65歳以上の団塊の世代以外で多いのは40代と10代の人口で、家族世帯が多く住んでいることが伺えます。昼間は通勤・通学者ともに市外への流出が多く、ベッドタウンとしての側面を持ち合わせています。

あきる野市の面積は73.47㎢。西側の急五日市町付近には山々がそびえ、中心地には五日市盆地、東部には大地と丘陵が広がっています。冬場は都心と比較すると冷え込みが激しく、特に山の広がる西側は積雪も多く、真冬日になることもありますが、その代わり夏場は比較的涼しい気候となっています。

野菜が美味しく人があったかい街

新緑や紅葉の季節には美しい秋川渓谷が広がるあきる野市。ここでは採れたての新鮮な野菜を毎日味わえるほか、都内唯一のブランド牛「秋川牛」や、自然の恵の賜物である渓流のヤマメ、豊かな味の地鶏といった農産物も豊富で、こうした自然の恵みを毎日享受できるのは住んだ人の特権です。秋川の上流には温泉も湧いており、時間のある時は「瀬音の湯」にゆったり浸かることもできます。

また、あきる野市では市の子育て支援が充実しており、子どもの医療費も無料になることは特筆するべきことの1つでしょう。人とのつながりが強いこの街では地域のイベントも盛んで、「ヨルイチ」や「五日市祭」など、各地域での伝統のお祭りも有名です。

 

あきる野市の交通について

あきる野市には谷川渓谷に向かうようにして鉄道が東西に一本通っており、その鉄道に沿うようにして街が発達しています。電車もバスもあまり本数が多くないため、あきる野市に住む場合は車の利用が便利となるでしょう。

ここでは、あきる野市の交通事情についてご紹介します。

あきる野市を走る鉄道は1つ

あきる野市を走っている鉄道は以下の1つのみです。

  • JR東日本(JR東日本旅客鉄道)
     五日市線

五日市線はあきる野市の武蔵五日駅から東京都昭島市の拝島駅までを約11kmに渡って結んでいる線で、朝夕の時間帯は約10〜20分、日中は30分感覚で電車が通っています。

青梅線・中央本線を経由し、東京駅と直通する列車も設定されており、東京方面は朝に快速が2本、土日は1本運行。この列車の利用には通勤・通学時間帯を選ぶ必要があります。

あきる野市内にある駅一覧

あきる野市にある駅は、以下の1路線5駅です。

  • JR東日本(JR東日本旅客鉄道)
     五日市線
     「東秋留駅」「秋川駅」「武蔵引田駅」「武蔵増戸駅」「武蔵五日市駅」

あきる野市の中心となっているのは秋川駅で、この駅から東京サマーランド行きのバスも出ています。また、市役所や金融機関、商業期間なども秋川駅の周辺に盛えており、あきる野市内でも比較的便利な場所に住みたい方は秋川駅周辺がおすすめです。

主要駅までの所要時間

ここでは、「秋川駅」からの、横浜・東京各方面の主要駅までの所要時間をご紹介します。

・横浜駅 約1時間34分(JR五日市線「秋川駅」からJR南武線「立川駅」で乗り換え後、東急東横線「武蔵小杉駅」にて乗り換え)

・川崎駅 約1時間27分(JR五日市線「秋川駅」からJR南武線「立川駅」で乗り換え)

・品川駅 1時間34分(JR五日市線「秋川駅」からJR中央線「立川駅」で乗り換え後、JR山手線「新宿駅」にて乗り換え)

・渋谷駅 1時間17分(JR五日市線「秋川駅」からJR中央線「立川駅」で乗り換え後、京王井の頭線「吉祥寺駅」にて乗り換え)

・東京駅 1時間21分(JR五日市線「秋川駅」からJR中央線「立川駅」で乗り換え)

・新宿駅 1時間7分(JR五日市線「秋川駅」からJR中央線「立川駅」で乗り換え)

あきる野市内にある道路について

都内へは1時間以上かかってしまうため、毎日通うにはあまり便利とは言えませんが、立川には比較的アクセスしやすいほか、自動車での通勤であればあきる野インターチェンジからの乗り入れが良く、ストレスなく通うことができるでしょう。

また、国道411号(滝川街道)は西多摩郡奥多摩を経由し、山梨県甲府市までつながっており、車での遠出には便利な道が通っています。

街全体では坂が多い地形となっているため、足腰に不安のある方は物件を考慮する際、住む場所の地形についても相談しておいた方が良いでしょう。

 

あきる野市にある主要施設

ここでは、休日などにぜひ訪れてみたいあきる野市の名所や、生活する上で必須となってくる主要施設をご紹介します。

あきる野市の名所

東京サマーランド

言わずと知れた、日本最大級の流れるプールやドーム型のプールがあるレジャー施設。夏はプール、それ以外の季節は観覧車などのアトラクションも人気です。プールは夏休み以降の時期も開いているため、地元に住んでいると行きやすくてお得。秋川駅から直通のバスが出ています。

また、混雑する時期は、来園前に前売り券購入しておくと、チケット販売窓口に並ぶ手間を省けます。2017年からは電子チケットが導入され、割引き価格にて入場できるようになったため、スマホ1つで入場が可能です。

河川公園

出典: 秋川渓谷

秋川渓谷、JRT五日市線の武蔵五日市駅から徒歩8分のところにあるこの河川公園。公園の一角にバーベキューランドがあり、ネットで事前予約をすれば、手ぶらで地元の野菜やお肉を使ったバーベキューをすることができます。

駅の横にある観光案内所ではウォーキングコースなども教えてもらえるため、バーバキューでお腹を満たしたら美しい秋川渓谷を散歩するのもお勧めです。

商業施設

あきる野市でのまとまった買い物には基本的に車が必要ですが、規模の小さいスーパーは比較的どの駅周辺にもあるため、日々の買い物に困ることはないでしょう。秋川駅周辺には「パスポート」「ozam」「東急ストア」、東秋留の辺りには「いなげや」「マルゼン」「スーパーアルプス」など、地域密着型のスーパーが立地しています。

比較的大きなスーパーでは、市外にはなりますが秋川駅から徒歩5分程度のところに「イオン」があり、こちらは武蔵引田駅からもアクセスが可能です。コンビニなどのチェーン店は都道7号線や国道411号線沿いに点在しています。

また、何と言っても自然が豊かなあきる野市では、地元の素材を味わえるお店が揃っているほか、都内最大級の農産物直売所「秋山ファーマーズセンター」があり、新鮮な野菜の仕入れには事欠きません。東京都あきる野市二宮にあり、JR五日市線東秋留駅から徒歩8分ほど。営業時間は午前9時から午後8時までですが、同施設にはなんとバーバキューコーナーもあり、そこでは夜8時までバーベキューを楽しめます。

 

あきる野市の家賃相場

最後に、秋川駅付近の家賃相場をご紹介します。あきる野市に住もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

秋川駅付近の家賃相場

・ワンルーム 5.00万円

・1K 5.70万円

・1DK 5.90万円

・1LDK 6.00万円

・2DK 5.50万円

・2LDK 7.50万円

・3LDK 7.80万円

 

あきる野市の物件探し まとめ

東京でも田舎に位置付けられることの多いあきる野市。決して都会と言える場所ではありませんが、市内には団地も多くあり、ご近所づきあいも盛んなため、人とのつながりが暖かい環境に暮らすことができます。

また、美しい山に囲まれるあきる野市では、ハイキングができる道やトレイルも豊富で、散歩やマウンテンバイクなどのスポーツも日常的に楽めます。アウトドアやアクティブなことが好きな人や、人情味溢れる生活を重視する人にぜひお勧めしたい街です。

最後に、あきる野市の物件探しにおすすめの不動産屋をご紹介します。

ネクストライフ 立川店

・住所 東京都立川市曙町2丁目13-6 内野第一ビル4F

・アクセス 立川駅徒歩1分

・電話番号 0120-973-426

・定休日 水曜日

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事