今人気の賃貸マンションでのべランピング|楽しむためのコツと注意点

最終更新日 :

SNSやテレビなどで注目され、今人気が高まっているベランピング。名前は聞いたことがあるもののやったことはない、やり方がわからない、といった方も多いのではないでしょうか。

今回は、賃貸マンションでのベランピングについて、概要や楽しむためのコツ、注意点を解説します。ベランピングに興味のある方や、新型コロナウイルスの影響で外出に制限がかかっており、自宅でのレジャーをお探しの方はぜひ参考にしてください。

ベランピングは賃貸マンションでもできる?

近年人気が高まりつつあるベランピング。しかし、「知らない」という方や「名前は聞いたことがあるけどよくわからない」という方も多いでしょう。また、賃貸マンションでのグランピングにハードルを感じている方もいます。ここでは、ベランピングの概要やどのような家庭におすすめなのか解説します。

ベランピングとは?

ベランピングとは、「ベランダ」と「グランピング」を掛け合わせた言葉で、端的に説明するとベランダで行うキャンプのことです。一戸建てで行うイメージがありますが、賃貸マンションでも行えます。また、キャンプといえば大自然の中で行うイメージも強いですが、広いスペースがなくても楽しめるのが魅力です。

特に、ここ数年は新型コロナウイルスの影響で外出を控えなければならないケースが増えており、自宅で過ごす時間をいかに楽しむかが重要視されています。ベランピングは、そのような時代にもマッチしたレジャーといえます。

小さい子供がいる家庭におすすめ

ベランピングは、自宅にいながら非日常感を楽しめるのが特徴です。そのため、小さなお子さんのいるご家庭におすすめといえます。もちろん、あくまで自宅のベランダで楽しむことができるため、トイレに困ったり、服を汚したりした場合でも周囲に迷惑をかける心配はありません。転落防止策を講じておく必要はありますが、ネットやすだれなどを設置していれば、周囲の目も気にならなくなり一石二鳥です。

賃貸マンションでのベランピングを楽しむためのコツ

賃貸マンションでもベランピングを楽しむことはできますが、心から楽しむにはいくつかのコツを押さえておく必要があります。ここでは、2つのポイントを解説します。ぜひベランピングをする場合の参考にしてください。

さまざまなアイテムを活用する

ベランピングを楽しむには、いろいろなアイテムの準備が必要です。自宅にあるものでも楽しめますが、以下のようなアイテムがあるとより快適な空間を実現できます。

シェードやすだれ

今人気のベランピングといえども、実際にやるとなると周囲の目が気になる方も多いでしょう。そんなときは、シェードやすだれを設置し、外からの視線を遮るのが良いでしょう。暑い日にベランピングをする場合は、すだれを設置するだけで体感温度を下げることもできます。

ウッドパネル、芝生シート

ベランピングをする場合、足元の雰囲気にもこだわりたいところです。足元がコンクリートのままではキャンプ感が生まれません。人工芝のシートやウッドパネルを使えば、汚れても掃除がしやすく、雰囲気も良くなります。小さいお子さんがいる場合は、柔らかい素材のものを使用すれば、裸足で歩くこともできて快適です。

LEDランタン

夜間にベランピングを行いたい場合は、LEDランタンも購入しておくのが良いでしょう。室内の電気も消しておくと、より雰囲気を演出できます。ただし、賃貸マンションの場合、夜間にベランピングすると迷惑になる可能性があります。注意点については後述しますが、気をつける必要があります。

折りたたみ式のイス

人工芝のシートやウッドパネルを設置しても、地面に座るのは抵抗があるという方も多いでしょう。その場合は、折りたたみ式のイスを用意するのがおすすめです。折りたたみ式であれば、持ち運びも簡単な上、畳んでおけば収納スペースもほとんど必要ありません。

ミニテーブル

イスを置く場合は、一緒に小さいサイズのテーブルも設置すると便利です。ご飯を食べたり、LEDランタンを設置したりなど、さまざまな使い方があります。イスと合わせて折りたたみタイプを選べば、今後外でキャンプをする場合にも役立ちます。

賃貸マンションでベランピングする際の注意点

賃貸マンションをはじめとした集合住宅では、ベランピングをする際に注意しなければなりません。ここでは、主な注意点をいくつかご紹介します。

火気を外で使用しない(調理は室内で)

集合住宅でベランピングする場合は、火気を外で使用しないようにしましょう。炎や煙が上がると、近隣住民から通報されてトラブルになってしまう可能性もあります。もちろん火事につながるおそれもあるため、火気厳禁で楽しむようにしましょう。料理をする場合は、室内で作った上で、ベランダで楽しむのがおすすめです。

少人数で楽しむ

賃貸マンションでベランピングをする場合、注意しなければならないのが騒音です。特に、大人数で楽しもうとすると、最初は静かに楽しんでいても、テンションが高まって徐々に騒音になってしまうケースもあります。最悪の場合、警察を呼ばれる可能性もあり、管理会社等から注意されるかもしれません。あまりにひどいと強制退去などにつながる可能性もあります。

これらを防止するには、家族だけや個人など、少人数で楽しむのが良いでしょう。また、時間帯も意識して、昼間などに楽しむのがおすすめです。

使ったアイテムはすぐに撤去する

大前提として、ベランダはマンションの「共用部分」として扱われます。そして、マンションのベランダには「物を勝手に置いてはいけない」というルールがあります。これは消防法で定められたルールです。ベランダに物を設置していると、火事などが発生した際に避難の妨げになる可能性があるためです。ベランダをよく確認すると、「避難はしご」や「脱出口」、「蹴破り戸」などがあるはずです。この付近には物を置かないように注意し、ベランピングを終えたらすぐに撤去するようにしましょう。

汚したらきれいにする

ベランダはさまざまな用途に使用できるものの、清潔さが失われると害虫の侵入経路になることもあります。ベランピングでは食事するケースも多いため、使用後はすぐに掃除することが大切です。

マンション規約を確認する

マンションには、住人が守るべきルールが記載されている「規約」が存在します。普段の生活ではあまり意識することはありませんが、違反すると注意を受けたり、最悪の場合は強制退去などになる可能性があります。

マンション規約でベランピングをピンポイントで禁止しているケースはほとんどありませんが、準ずる行為を禁止している場合もあるため、事前にチェックしておきましょう。

まとめ

横浜や東京で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺い、理想の物件をご提案いたします。

,
この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事