駅直結マンションを選ぶメリット・デメリット

生活が多様化するにつれ、さまざまなマンションが登場しています。駅直結のマンションもそのひとつです。駅とつながっていることを考えると、大きなメリットのように感じますが、実際はどうなのでしょうか。

今回は、駅直結マンションの特徴やメリット・デメリットについて、不動産会社の目線でご紹介します。マンション選びにお悩みであれば、ぜひ参考にしてみてください。

駅直結マンションに住むメリット

魅力的な立地に建っていて、多くの方が憧れる駅直結のマンション。実際に住む場合、どのようなメリットが考えられるのでしょうか。

利便性が高い

駅直結マンションの最大のメリットは、その利便性の高さです。「駅チカマンション」という表現がありますが、駅直結のマンションは、部屋と駅のホームが直接つながっているため、より近くに駅があります。もちろん、雨の日に濡れながら駅に向かう必要はありません。通勤や通学で駅を利用する機会の多い方には、最適な立地といえるでしょう。

また、駅から自宅までの距離がすぐのため、来客や家族を招きやすいのも特徴です。天気の良し悪しにかかわらず、いつでも人を呼ぶことができます。

共用施設が充実している

駅直結のマンションは、日常生活の利便性に優れた物件が多く、マンション内にスーパーやコンビニ、飲食店などの施設が入っていることが多い傾向にあります。そのため、必要なものがある場合も、マンションを出ることなく揃えることができます。

その他には、金融機関や学習塾、図書館、保育園などを併設している駅直結マンションもあり、自宅の利便性がさらに高まります。

資産価値が落ちにくい

駅直結のマンションは、利便性や需要が高いこともあり、資産価値が落ちにくいのもメリットです。大型マンションということもあり、有名デベロッパーが手がけていることも多く、価格が落ちにくい傾向にあります。ただし、賃貸の場合はあまり関係ないともいえるでしょう。

また、資産価値が高い分、賃料が高額になるケースもあるため、周辺物件との比較が欠かせません。似たような物件でも、駅から少し離れたお部屋になると、かなり賃料を抑えられる可能性があります。

複数の移動手段を選択できる

マンションと一体化している駅は、ターミナル駅であることが多く、周辺にはバスターミナルやタクシー乗り場などが揃っています。電車だけでなく、豊富な移動手段から、目的地や距離に応じて選ぶことができるため、最短かつ安全に移動できるのが魅力です。毎日の通勤や通学には電車、長距離の移動はバス、電車では行きにくいところへはタクシーなど、うまく使い分けましょう。

また、移動手段が豊富なため、自家用車が必要ないのもメリットです。事故に遭遇するリスクも少なくなり、自家用車の維持費もかかりません。免許を返納した高齢者の方にとっても安心の立地です。

防犯面に優れた物件が多い

駅直結のマンションは、築年数が浅いものが多く、設備も最新のものが揃っています。そのため、防犯面で優れたマンションが多く、住人の安心・安全な生活につながります。

ただ、駅直結マンションのため、住人を特定しやすいというデメリットもあります。ターミナル駅の利用者は数多く、マンションへ入るところを誰かに見られる機会は必ず訪れます。特に、小さなお子さんのいる家庭や女性のひとり暮らしなどは、懸念材料となるでしょう。

駅直結マンションに住むデメリット

駅直結マンションは、住んでいない方から見ると憧れの存在ですが、実際に住み始めると注意しなければならない点もあります。こちらでは、駅直結マンションに住むデメリット・注意点についてご紹介します。

直結なのにホームまで時間がかかることがある

「駅直結マンション」と聞くと、最初にイメージするのが「駅までの距離が短い」「ホームまであっという間に到着できる」などの点ではないでしょうか。しかし、物件にはよってはそのイメージが覆される可能性があるため、注意が必要です。

20階や30階などの高層階になると、エレベーターを利用しても降りるまである程度時間がかかります。また、自宅のある階層までエレベーターが到着するにも、一定の時間が必要です。そのため、実際に駅直結マンションで生活している方に聞くと、「自宅から駅まで15分以上かかる」といった声も耳にします。

駅直結マンションを選ぶ場合は、不動産会社の提示する距離や時間をすべて信じるのではなく、部屋から駅までの実際の距離・時間を自分で確認しましょう。特に、高層階を選ぶ場合は、事前に確認する必要があります。

時間帯や曜日によっては騒音が気になることもある

駅のホームが近いこともあり、電車による騒音が気になることも少なくありません。もちろん、防音対策は行われていますが、電車の大きな振動や騒音を完全に防ぐことはできません。駅構内のアナウンスの音声が聞こえることもあります。

また、マンションに直結している大きな駅は、周辺に飲食店や少々施設などもあり、人の声や騒音が気になることもあります。そういった騒音は、夜遅い時間まで続いてしまいます。特に、自宅からホームまでの時間を短くするために、低層階を選んだ場合は、事前に騒音についてチェックしておきましょう。

賃料が高い

駅直結マンションの最大のデメリットといえば、賃料の高さと考える方も多いのではないでしょうか。利便性の高さや共用施設の充実度などもあり、周辺の同じ条件の物件と比較して、賃料が高く設定されている傾向にあります。また、ターミナル駅は賃貸需要の高いエリアに立地していることも多く、賃料は高くなります。

物件を探す際、賃料を最優先にするのであれば、駅周辺の似た条件のお部屋を探すのが良いでしょう。

まとめ

今回は、都市部で注目の集まっている、駅直結マンションについてお伝えしました。さまざまな魅力があるものの、賃料がネックになっているケースが多いようです。

そんなときは、駅直結マンションではなく、駅周辺まで範囲を広げるのがおすすめです。理想の物件に出会えるように、不動産会社の力も借りましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事