賃貸で突っ張り棒を利用した際のへこみや傷は修繕の義務がある?

賃貸物件を便利にするアイテムとして、多くの方が利用しているものといえば、「突っ張り棒」ではないでしょうか。収納や洗濯など、さまざまなシーンで活躍しています。

しかし、突っ張り棒を使用すると、壁にへこみや傷が生じてしまう可能性があります。今回は、賃貸で突っ張り棒を使用した場合のへこみや傷の修繕義務について考えていきます。

賃貸の突っ張り棒利用で生じたへこみや傷の責任の所在

冒頭でも説明した通り、賃貸にお住まいの方の多くが利用するのが突っ張り棒です。収納や洗濯の便利アイテム、耐震アイテムのひとつとして利用している方も少なくありません。

しかし、突っ張り棒を使用した状態で長年放置していると、いつの間にか壁にへこみや傷が生じているケースも少なくありません。賃貸の設備に傷が生じたとき、気になるのが責任の所在です。入居者は退去時に修繕費用を支払わなければならないのでしょうか。

原状回復義務はあるか

この問題について考える際、ポイントとなるのが「原状回復義務」です。原状回復義務とは、賃貸物件の借主が退去時に負う義務のこと。具体的には、物件を「借りる前の状態に戻す義務」を指します。例えば、入居時にはない傷や汚れなどが生じた場合は、それを元の状態に戻さなければなりません。実際は自分で施工するのではなく、不動産会社にお金を払い、専門業者に対処してもらうことになります。

この原状回復義務は、すべての傷や汚れ、へこみなどに発生するわけではありません。部屋を故意や過失によって傷つけた場合や、「通常使用を超える方法でアイテムを使用した際に生じた損耗」について生じます。つまり、突っ張り棒の使用による壁のへこみや傷が、「通常の使用を超える」かどうかが、原状回復義務が適用されるかどうかの分水嶺となるのです。

上記の判断については、物件の状態によって異なるため、一概にはいえません。ただ、国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、下地ボードの張り替えが必要な場合は「通常使用を超える」と判断されるようです。反対に、下地ボードの張り替えが不要であれば、通常使用の範囲内となり、入居者に原状回復義務は発生しません。あくまで目安ですが、参考にしてみてください。

突っ張り棒以外に、原状回復義務が問題となるのは以下のようなケースです。気になるものがあればご確認ください。

賃貸で突っ張り棒を利用する場合はこんなアイテムを活用しよう

突っ張り棒を使用して下地ボードまで張り替えが必要になるケースはあまりありませんが、できればきれいな状態をキープしたいところ。きれいな状態で使い続けることができれば、退去時にトラブルになることもありません。そこで、賃貸で突っ張り棒を使用する場合は、こんなアイテムを活用しましょう。

衝撃吸収パッド

突っ張り棒による壁のへこみや傷を防ぐには、衝撃吸収パッドを活用するのがおすすめです。100円均一などでも販売されているため、簡単に導入することができ、すべての突っ張り棒に取り付けてもあまりお金がかかりません。衝撃吸収パッドは柔らかい素材でできているため、突っ張り棒で強く圧力をかけても壁に跡をつける心配がありません。ただ、中には剥がすとベタベタとしたのりが残る商品もあるため、購入前に口コミなどを確認するのが良いでしょう。

壁面ガード

雑貨店や100円ショップには、突っ張り棒専用の壁面ガードが販売されています。突っ張り棒に取り付けることで、壁にフィットするだけでなく、壁を傷やへこみから守ってくれます。

使い方は簡単です。まずは突っ張り棒の設置場所を決めましょう。次に、付属のジェルシートを台紙から剥がし、突っ張り棒の設置予定場所の壁に貼り付けます。完了したら、上から壁面ガードを設置し、そこに突っ張り棒を設置するだけです。簡単に設置でき壁を保護できるため、導入がおすすめです。

ダンボール

突っ張り棒の対策はしたいものの、できるだけお金はかけたくないという場合は、ダンボールを使用する方法もあります。ダンボールを適切なサイズに切り、壁と突っ張り棒の間に設置するだけです。多少は見た目は悪いものの、壁の保護という面では十分な役割を果たしてくれます。来客には見られない場所に取り付けた突っ張り棒には、ダンボールを使っても良いかもしれません。

突っ張り棒の安定性を高める方法

突っ張り棒は便利なアイテムではあるものの、取り付けが甘かったり、重量が重すぎる物をかけたりすると、比較的簡単に外れてしまいます。突然「ガタン!」という音がして、クローゼットなどを確認したら衣服が落ちていた、なんて経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

そのため、突っ張り棒の安定性を高めるには、ポールを設置して突っ張り棒を支えるのがおすすめです。下から突っ張り棒を支えることで、安定性が増し、多くの荷物をかけられるようになります。クローゼットなどで使用すれば、仕切りとしての役割も果たすことができます。インターネット通販では、突っ張り棒専用のポールが販売されています。多少値段は張りますが、長く使い続けるのであれば導入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

突っ張り棒は賃貸物件の大きな味方です。設置するだけで収納を増やすことができ、自宅の利便性を大きく高められます。ただ、使い方によっては壁がへこんでしまったり、傷がついてしまったりして、退去時に修繕費用を請求される可能性があります。突っ張り棒を使用する場合は、対策を施し、そういったトラブルを防止する必要があります。

東京都や横浜で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご要望を伺い、理想の物件探しをお手伝いさせていただきます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事