大学入学や就職は、いつからお部屋を探すのが良い?

ひとり暮らしを始める場合、大学入学や就職を機にお部屋を探すことになります。しかし、タイミングを逃すと選択肢が限られてしまい、希望するお部屋を探すことが難しくなります。

今回は、大学入学や就職の際にお部屋を探す場合、どのタイミングで探すのがベストかについて解説します。お部屋探しの前に必ずご確認ください。

ひとり暮らし用の物件がもっとも出回るのはいつ?

3月や4月といえば、大学入学や就職を機にひとり暮らしを始める方も多い季節です。3月や4月から新生活をスタートさせるには、適切なタイミングでお部屋を探し始めることが大切です。その際に理解しておくべきなのが、「いつ頃からひとり暮らし用の部屋が出回るのか」という点です。

ひとり暮らし用の物件が数多く流通するのは、1〜3月です。4月は大学入学や就職のタイミングであると同様、卒業や転勤を機に引越すことの多い時期でもあります。そのため、1〜3月には単身者向けの物件の空きが出やすい傾向にあります。

物件の流通時期については、こちらの記事でも触れていますので、ぜひご確認ください。

大学入学や就職の場合いつからお部屋を探すべき?

大学入学や就職を機にお部屋を探す場合、お部屋探しはいつから始めるのが良いのでしょうか。3月末までに入居すれば大丈夫と考えて、2月くらいからお部屋探しを始める方も少なくありません。しかし、それでは手遅れになる可能性があります。

4月にスタートするひとり暮らしに向けてお部屋探しをする場合、1月中に契約を済ませるのが理想です。こちらでは、その理由を4つご紹介します。

良い物件から先に埋まってしまう

1月から始めるべき最大の理由は、良い物件から先に決まってしまうことにあります。前述の通り、2〜3月はお部屋探しを始める方が多い時期であり、内見の予約も取りにくくなります。不動産会社を訪れても、混み合っていてすぐに対応してもらえないケースも少なくありません。

多くの方が一度に物件を探し始めるため、昨日まで空室だったお部屋が今日には埋まっていたり、現在内見中の物件が他の方に押さえられてしまったりすることもあります。とくに、人気エリアや立地の物件は、2〜3月に入るとすぐに決まってしまいます。また、2月には大学の合格発表や転勤の辞令などがあり、一気にお部屋探しを行う方が増えます。ライバルと部屋探しで競合しないためにも、1月末までに契約を済ませておくと安心です。

ここでいう「契約」とは、あくまで「賃貸借契約」のことであり、1月中に住み始める必要はありません。1月時点では前入居者が退去していない可能性もあるため、1月中に契約を済ませておく、2月や3月から新生活をスタートさせるのが理想です。

退去予定の物件は1月に判明している可能性が高い

早くから物件探しを開始すると、「前の入居者がまだ入居しているのでは?」と考えて2月や3月に探し始める方も多いでしょう。しかし、賃貸物件では、退去予定について1〜2か月前に大家さんへ通知するよう契約書に定められています。そのため、2月や3月に退去する場合は、1月時点で大家さんのもとへ連絡がきているケースがほとんどなのです。

1月には十分情報が出回っているため、3月から新生活をスタートさせたい方にとって最適なタイミングといえます。

不動産会社が落ち着いて対応できる

1月から物件探しを始めることで、不動産会社が対応しやすいのもメリットです。前述の通り、2〜3月に入ると、不動産会社は繁忙期を迎えます。お部屋を探しに訪れる方も一気に増えるため、従業員はその対応に追われます。その結果、お客さんひとりあたりにかけられる時間が限られてしまい、結果的に満足のいく物件を探すことができないケースもあります。

大学入学や就職を機に初めてひとり暮らしをする場合、契約面や部屋探し、引越しなど、担当者に質問したいことはいくらでもあるはずです。そのような場合は、不動産会社が落ち着いて対応でき、時間にも比較的余裕がある1月中に訪問するのが良いでしょう。

引越し業者を予約しやすい

早くから部屋探しをしておくと、引越し業者を探す際にも有利に働きます。不動産会社が繁忙期である2〜3月は、セットで稼働することの多い引越し会社も繁忙期です。そのため、3月に入ってから引越しをしようとすると、希望する日時が取れなかったり、通常より高額な費用を支払わなければならない可能性があります。

この点について、物件が早くに決まっていれば、引越しの予約も早く取ることができます。たとえ3月に引越しをする場合でも、1月に予約を取るのと3月に入ってから動き出すのでは、予約のしやすさが変わってきます。また、早く予約を取っておくと、割引がかかる引越し業者も多いため、物件探しはできるだけ早く済ませておき、引越し業者まで予約しておきたいところです。

早く契約を結んでも大丈夫?

ここまで紹介したように、大学進学や就職を機にひとり暮らし用の物件を探す場合は、1月末までに契約を済ませておくのがおすすめです。ただし、その場合は1点だけ注意点があります。それが「家賃の発生日」です。

物件の契約内容や前住人の退去のタイミングによっては、住み始めるより前に家賃が発生する可能性があります。住み始めるのが2月でも、1月末に契約した場合は、1月から家賃が発生するようなケースです。

この時期は、初期費用や引越し費用、家具・家電を買い揃える費用など、何かとお金がかかる時期です。家賃の発生時期については、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

大学進学や就職を機にひとり暮らしを始める場合、部屋探しを始めるタイミングが重要になります。出遅れてしまうと、売れ残った物件のなかから探さなければならず、自分が理想とするお部屋を契約できない可能性があります。できるだけ早く動き出し、慌てずに新生活をスタートできるようにしましょう。

ひとり暮らし用のお部屋をお探しであれば、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺ったうえで、最適なお部屋をいくつかご提示させていただきます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事