光ファイバー対応の賃貸物件を選ぶメリット

賃貸マンションやアパートを探していると、物件概要欄に「光ファイバー対応」と記載されていることがあります。インターネットに詳しい方を除いて、この意味があまりわからないというケースも多いでしょう。

今回は、光ファイバー対応物件の概要や、そのメリットなどをご紹介します。テレワークや在宅勤務などの影響で、快適なネット環境が整った物件を探している場合は、ぜひ参考にしてください。

光ファイバー対応とは?

自宅でインターネットを利用するためには、光回線の契約が必要です。しかし、入居後に契約してもすぐに利用できるものではなく、およそ2週間から1カ月の時間がかかります。不動産会社と提携している業者に依頼することで、多少早く対応してもらえることもありますが、基本的には数週間の時間が必要です。そのため、賃貸物件を契約したら、速やかにプロバイダへ光回線の申し込みを行いましょう。

そして、賃貸物件を探していると、「光ファイバー対応」と記載された物件を見つけることがあります。光ファイバー対応物件とは、マンションやアパートの共用部分まで光回線の引き込み工事が完了している状態を指します。

マンションやアパートの一室でインターネットを使用するためには、この光ファイバーを各居室まで引き込む工事を行う必要があります。光ファイバー対応物件の場合、外部から建物への回線引き込み工事は完了しているため、各居室への引き込み工事を手配すればインターネットを利用できるようになります。

そして、工事会社を探す必要はなく、プロバイダと契約すると工事を手配してもらえます。つまり、自分で行うのはプロバイダ契約のみであり、少ない期間でインターネットを利用できるようになります。

光ファイバー完備との違い

賃貸物件の中には、光ファイバー「完備」と記載されている物件があります。光ファイバー完備物件は、マンションやアパートの共用部分だけでなく、各居室への回線引き込み工事も完了している物件のことです。プロバイダ契約も済んでいるため、契約後にルーターを設置したり、LANケーブルをパソコンとつないだりするだけでインターネットを利用できます。テレワークや在宅勤務が普及し、自宅で仕事をする機会が増えている昨今においても安心です。

光ファイバー対応物件を選ぶメリット

光ファイバー対応物件を選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。

工事の手配が最小限で済む

光ファイバー対応物件を選んだ場合、インターネットを利用するために必要な工事は自宅への回線引き込み工事のみであり、これはプロバイダと契約することで業者側が手配してくれるのが通常です。そのため、入居者は工事の手配をする必要がなく、最小限の労力でインターネットを利用することができます。

完備の物件を選べば通信費の節約につながる

自宅でインターネットを使用する場合、一般的には光回線業者やプロバイダと契約し、ルーターなどを購入して設置する必要があります。しかし、インターネット完備物件を選べば、それらの手続きは一切不要で、なおかつ無料で使用できるという特徴があります。インターネットの回線速度にはあまりこだわりがなく、費用をかけずにインターネットに接続したいという場合には、インターネット完備物件を選ぶのが良いでしょう。

入居後すぐにインターネットを利用できる

本来、インターネットの利用開始手続きには数週間から1カ月程度かかるものですが、光ファイバー対応・完備物件であれば、それよりも早くインターネットを利用できるようになります。引越し先でテレワークをする場合や、在宅勤務を導入している企業に勤めている場合でも安心です。

プロバイダの選択肢が幅広い

光ファイバー対応物件では、自分でプロバイダを選んで契約することができます。回線速度やキャンペーンなどを確認した上で契約できるため、よりお得にインターネットを利用できます。

光ファイバー対応物件を選ぶ場合の注意点

以下では、光ファイバー対応物件を選ぶ際の注意点をご紹介します。

回線工事がかえって遅れる可能性がある

光ファイバー対応物件の場合、一から回線を引く場合と比べて早くインターネットを利用できるのが一般的ですが、プロバイダによっては回線工事がかえって遅れるケースもあります。入居者がプロバイダに光回線の申し込みを行うと、プロバイダが工事業者を手配します。この工事業者が繁忙期だったりすると、開通工事が遅れる可能性があるのです。光ファイバー対応物件だからといってギリギリまで申し込みを待つのではなく、引越しが決まったら早い段階で連絡しておくのが良いでしょう。

通信速度が遅くなるケースもある

光回線を申し込んでも、共用部分から各部屋までの光ファイバーの配線方式によっては、高速通信ができないケースもあります。例えばVDSL方式と呼ばれる電話回線を併用した配線方式を採用している場合、もっとも速度が出にくいとされています。また、マンションやアパート内に引き込まれた光回線は、一般的には建物内の住人で共有することになります。そのため、利用者が多くなればなるほど回線速度が遅くなる傾向にあるのです。

家賃が高く設定されていることがある

インターネット完備物件は無料でインターネットを利用できて便利ですが、家賃にその費用が上乗せされている可能性があります。周辺の相場と比較して家賃が高い場合には、あまりメリットがないためよく検討したほうが良いでしょう。

まとめ

誰もがスマホやパソコンを持つようになり、いつでもどこでもインターネットに接続できる時代となりました。そのため、光ファイバー対応・完備物件の価値は高まっており、導入している物件も増えています。ただし、速度が思ったより速くない、利用料金が家賃へ上乗せされているなどの問題も発生しているため、よく検討して選ぶようにしましょう。東京や横浜で賃貸物件をお探しであれば、ネクストライフまでお問い合わせください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事