アパートで置き配を依頼するのは可能?オートロックでも大丈夫?

公開日 :

「Amazon」や「楽天市場」などのインターネット通販が普及し、自宅でさまざまな物を購入するようになりました。しかし、それと同時に増えているのが、受取人の不在による再配達です。

配送業者に負担となっているのはもちろん、受取人も再度連絡しなければならず、面倒に感じることも少なくありません。置き配はその解決方法として注目を集めています。今回は、置き配の概要やオートロックアパートでの可否などを解説します。

置き配とは?

置き配は受け取り側が指定した場所に荷物を届けてもらうサービスです。具体的には、玄関の前や庭の物置の中、車庫、宅配ボックスなどをあらかじめ指定し、配送業者はその場所に荷物を届けます。商品の受け取り時に配送員と対面する必要がないため、新型コロナウイルス感染症の流行により、非接触での交流が好まれるようになり、一気に普及しました。「Amazon」や「楽天市場」など、幅広いインターネットショッピングで利用できます。

アパートで置き配を利用するメリット・デメリット

戸建てではなく、アパートでも置き配を利用することができます。アパートによっては大家さんや管理会社が宅配ボックスを設置しているケースもあります。

置き配の利用にはメリットもデメリットもあります。こちらでは、メリットやデメリット、その解決方法を解説します。まだ置き配を利用したことがない場合は、ぜひこちらを参考にしてください。

メリット

非対面で受け取り可能

置き配が近年注目されている最大の理由は、非対面で荷物を受け取れる点でしょう。新型コロナウイルスの流行により、人との接触をできるだけ避ける社会になり、配達員と対面する必要性がない置き配が好まれるようになりました。実際、コロナ禍になり置き配に対応した配送業者やインターネット通販なども少なくありません。

不在時でも荷物を受け取れる

置き配であれば忙しくて手が離せない場合や、急な予定が入ってしまい指定した時間に在宅できない場合でも、確実に荷物を受け取れるのがメリットです。一般的な配達方法の場合、受け取れないと不在票をもとに再配達の連絡をする必要があります。この作業自体が面倒な上、場合によっては即日受け取れない可能性もあります。こんなときは、置き配を利用することで確実に荷物を受け取ることが可能です。

置き配は、そもそも受け取るタイミングで在宅していなくて良いため、行動や時間に制限をかける必要がなくなります。普段通りの生活をしながら、確実に荷物を受け取れるのは大きなメリットです。

受け取り場所を指定できる

置き配は、受け取り場所をある程度自由に選べるのもメリットです。一般的には玄関前を指定することが多い傾向にありますが、宅配ボックスやガスメーターボックス、物件によっては管理人に預けるといった方法もあります。自分が受け取りやすい場所や、安心して配達してもらえる場所を選ぶことが重要です。

デメリット

盗難

置き配の最大のデメリットは、盗難の可能性がある点です。特に、玄関前など誰でも目につくような場所に荷物を置いていると、通りかかった人が持って行ってしまうかもしれません。オートロックのマンションであっても盗難被害は発生しており、注意する必要があります。インターネット通販サイトによっては、置き配の盗難被害について補償制度を用意しているケースもあります。置き配を利用する際は、事前に確認しておきましょう。

汚損・破損

置き配をした場所によっては、汚損や破損などのリスクもあります。具体的には、屋根がない場所に荷物を置いて雨に濡れてしまったり、荷物を置いた場所が不安定で落として破損してしまったりなど、さまざまなケースがあります。配達員の過失が考えられる場合もありますが、証明できない可能性も高いため、事前に配達場所について考えておきましょう。

誤配

通常の配達であれば、チャイムを鳴らした上で宛先を確認して届けます。しかし、置き配の場合、対面での確認が難しいため、誤配の可能性も高まります。受け取り側のミスではありませんが、配達物を他人に見られてしまうかもしれません。置き配の場合は、誤配のリスクも高まるという点を理解しておきましょう。

デメリットの解決方法

宅配ボックスの設置

宅配ボックスは、玄関前に設置する宅配便受け取りの専用アイテムのことです。設置していれば、盗難や汚損、破損などから荷物を守ることができます。

宅配ボックスにはさまざまな種類が存在するのも特徴です。中には設置工事が必要ない簡易的なタイプなども販売されているため、賃貸物件でも安心して利用できます。

防犯カメラの設置

人為的なミスや盗難などを防止するためには、防犯カメラの設置も効果的です。犯罪の抑止効果が期待でき、もし被害に遭遇した場合でも、映像をもとに警察に届けることができます。日中不在にすることが多い方や、近隣で犯罪が発生した場合には、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、賃貸物件に住んでいる場合は、入居者の一存でカメラを設置することができません。導入したいと考えた場合は、大家さんや管理会社に必ず問い合わせましょう。

コンビニ受け取り

置き配が難しい場合や、宅配ボックスを設置するスペースがない場合は、コンビニ受け取りを活用しましょう。多くのインターネットショップでは、置き配だけでなくコンビニ受け取りにも対応しています。コンビニであれば24時間受け取ることができるため、忙しくて夜遅くに帰ってくる方でも安心です。また、コンビニ受け取りは、自宅だけでなく別の場所のコンビニでも可能な点が特徴です。

オートロックのアパートは置き配に対応できない?

置き配は便利なサービスであり、インターネット通販の普及にともない欠かせない存在となっています。しかし、オートロックのアパートやマンションは、配達員が建物内に入ることができないため、置き配を利用するのが難しい傾向にあります。

誰でも入ることのできる風除室などに宅配ボックスがあれば問題ありませんが、基本的には宅配ボックスはオートロックの内側に配置されています。そのため、オートロックのアパートやマンションで置き配を利用するには、何かしらの工夫が必要です。

可能にする方法

最新サービスを利用する

最新サービスの中には、スマホと連動して不在時でもオートロックを開けられるようになるものがあります。自宅には入ることができないため、セキュリティ面も安心です。

ただ、サービスをマンション全体で導入する必要があり、入居者一人では決められません。また、交渉によって導入される可能性も低いため、あまり期待しないほうが良いでしょう。

指定場所を工夫する

現実的な方法としては、荷物の受け取り場所を工夫するのが良いでしょう。駐輪場の自転車のカゴや管理人室などを活用し、置き配できるようにしましょう。管理人さんに受け取ってもらう場合は、事前に荷物が届くことを伝えておきましょう。

まとめ

置き配はアパートでも利用できる便利なサービスです。オートロック物件でも工夫次第で利用できるため、荷物を受け取れないことが多い場合は、ぜひ検討してみてください。横浜や東京で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺い、理想の物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事