東京都品川区ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

東京23区の南に位置する品川区。都内ならどこへいくにもアクセス抜群ですが、高層ビルが立ち並ぶ品川駅周辺はなかなか住むイメージと程遠く感じる方も多いのではないでしょうか(実際のところ、品川駅は品川区ではなく港区に位置しているのですが)。

しかし品川区の範囲を俯瞰してみてみると、五反田から高輪台にかけたエリアや大崎広小路から戸越銀座にかけたエリアでは学校や保育園も充実しており、また、臨海部ではイオン品川シーサイド店があるなど、以外にも生活感を醸し出している一面もあります。

その実力たるや、2006年の『東京23区生活実感ランキング』では、で東京23区における各区民の総合満足度が1位に輝くほどの充実っぷり。

東京23区での住まいを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

品川区ってどんな街?

東京23区ということもあり、都会のイメージが強い品川区ですが、その歴史はなんと縄文時代にまで遡ります。中学校あたりの記憶をたどれば、大森貝塚の文字に見覚えがある人も多いのではないでしょうか。

また、奈良時代から交通の要地となっていた品川区は、臨海部では伊勢をはじめとした各地から商船が入港し、にぎわう街でした。
近代は商業・工業も発展し今に至りますが、今でも駅の中心地から一歩踏み込んだだけでも、多くの神社や寺を見ることができます。夏祭り、秋祭りの時期には神輿が練り歩き、お囃子の音が聞こえてくるなどの粋な一面もあるのが品川区です。

品川区の人口と大きさ

品川区の人口は、2018年1月1日の推計人口で約38万人。23区内では10位と、そこそこの順位です。ただ、10位以内のほとんどの区が上昇率1.0%以下であるのに対し、品川区は依然として1.3%を記録しており、今後もじわじわと人気が高まっていくエリアであることを予感させます(ちなみに1位世田谷区、2位練馬区、3位大田区)。

人口密度・面積も東京23区では9位と、多すぎず少なすぎず、という「ほどほど感」がその人気の理由の1つかもしれません。

老若男女、どんな世帯にも人気の品川区

品川区平成30年6月の調査によれば、現在品川区に住んでいる人の年齢は30代、40代が約25%程度と若干多いものの、20代から50代までと、バランスよく構成されています。

ライフステージの区分を見ても、

  • 独身期
  • 家族形成期
  • 家族成長期前・家族成長期後
  • 家族成熟期
  • 高齢期

といった人びとがそれぞれ同じくらいの比率で住んでおり、人生のどのライフステージにおいても住みやすい区であることがうかがえます。

定住したいかどうかのアンケートでも、なんと9割以上が「ずっと住みたい」あるいは「当分は住みたい」と回答しているという人気っぷりで、ここまでのデータが揃っていると一体何がそんなに住民のハートを掴んでいるのか気になりますよね。

そこで以下では、鉄道やバスなど、交通の便についてまとめてみました。

 

品川区の交通について

大田区を挟んで神奈川県と隣接する鉄道を持つ品川区は、山手線の一部が通るほか、神奈川県とを結ぶいくつかの鉄道路線が南北に縦断しています。羽田空港へのアクセスも抜群で、都外へも世界へも一本で行けてしまいます。

品川区内を走る鉄道は盛りだくさん!

品川区内を走る鉄道には以下の路線があります(貨物線は除く)。

JR東日本

  • 山手線
  • 京浜東北線
  • 埼京線
  • 東海道本線(上野東京ライン)※停車駅なし
  • 横須賀線
  • 湘南新宿ライン

東京急行電鉄

  • 目黒線
  • 大井町線
  • 池上線

東京臨海高速鉄道

  • りんかい線

東京モノレール

  • 羽田空港線

京浜急行電鉄

  • 本線

東京メトロ

  • 南北線

都営地下鉄

  • 都営三田線
  • 都営浅草線

平成27年度国土交通省のデータによれば、利用者が最も多いのが東京急行電鉄(目黒線)目黒駅で251,530人、次いでJR東日本の大崎駅が145,672人となっています。通勤・通学者共に利用者が多く、また複数路線の停車駅であることも関係し、ラッシュ時にはかなり混雑します。

駅も盛りだくさん!品川区内の駅一覧

多くの路線が入り混じる品川区内ですから、停車駅も盛りだくさんです。路線が被っている駅もたくさんあるため、ここではシンプルに駅名だけでまとめました。

  • 大崎駅
  • 五反田駅
  • 目黒駅
  • 大井町駅
  • 大森駅(所在地は大田区、北口の出口が品川区に位置)
  • 西大井駅
  • 不動前駅
  • 武蔵小山駅
  • 西小山駅
  • 井町駅
  • 下神明駅
  • 戸越公園駅
  • 中延駅
  • 荏原町駅
  • 旗の台駅
  • 大崎広小路駅
  • 戸越銀座駅
  • 荏原中延駅
  • 旗の台駅
  • 王洲アイル駅
  • 品川シーサイド駅
  • 天王洲アイル駅
  • 大井競馬場前駅
  • 北品川駅
  • 新馬場駅
  • 青物横丁駅
  • 鮫洲駅
  • 立会川駅
  • 大森海岸駅
  • 戸越駅

面白いのが、品川駅が品川区ではなく港区に所在しているのに対し、目黒駅は品川区に所在しているということ。紛らわしいですね。

主要駅までの所要時間

ここまでで解説してきたように、多くの鉄道路線が入り混じる品川区。そもそも品川区内の駅自体が主要駅といっても過言ではないほどですが、他の主要駅までの所要時間はいかほどでしょうか。

・新宿駅 11分(JR「大崎駅」からJR湘南新宿ラインで1本)

・渋谷駅 5分(JR「目黒駅」から山手線で1本)

・池袋駅 17分(JR「大崎駅」からJR湘南新宿ラインで1本)

・横浜駅 25分(JR「大井町駅」から京浜東北線で1本)

・羽田空港国際線ターミナル駅 19分(京急線「大森海岸駅」から同線京急蒲田駅で乗り換え)

品川区内にある道路について

品川区内の道路はざっくり下記の3つです。

  • 首都高速道路
  • 一般国道
  • 都道

駅と駅の間に住宅地も多いため、自動車の利用者も多く、休日に車で遠出をするのにも便利な主要道路が通っています。

品川区の首都高速道路は「浜崎橋JCT」のある首都高速1号羽田線、「一ノ橋JCT」のある首都高速2号目黒線、また、「葛西JCT」と「大井JCT」の間にある首都高速湾岸線、新宿付近につなぐ首都高速中央環状線があります。

また、一般国道としては中央区〜大阪へ至る国道1号、日本橋〜神奈川県川崎市を経る国道15号、それに、通称「東京湾岸道路」と呼ばれる千葉県〜横須賀市を結ぶ国道357号が通っています。

品川区内の駅間も多くの都道が渡してあり、中原街道や目黒通り、山手通りなどもバスが運行しているため、駅から少し離れた場所もアクセスが便利です。

 

品川区にある主要施設

品川区は先述した通り、歴史ある街でありつつも、商業の要所として発展してきた背景があるため、訪れるべき名所や施設がたくさんあります。その中でも特に良く知られている場所をいくつか紹介しましょう。

品川区内の名所

大井ふ頭中央海浜公園

大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森とも呼ばれるこの公園は、第三種公認陸上競技場、野球場6面、テニスコートなど多くのスポーツ用スペースが用意された、都内でも有数規模の大きなスポーツ公園です。春にはお花見を楽しむことができるほか、ドッグランもあるためペット連れの方々も楽しめます。
290台分の有料駐車場もあるため車での来園も可能。

しながわ水族館

大森海岸駅から徒歩10分の場所に位置するしながわ水族館は、1991年の10月にオープンし、今でもその人気が衰えることがありません。アザラシがゆったりと泳ぐ様子を360°の角度で見ることができる「水中トンネル」、「水中ホール」はまさにインスタ映えです。入場料は大人(高校生以上)1,350円(税込)。

大森貝塚遺跡庭園

誰でも一度は聞いたことがあるであろう大森貝塚のある庭園。明治10年にアメリカから来日していた動物学者エドワード・シルヴェスター・モースが横浜から東京への道中、電車から偶然見つけたと言われている貝塚で、これが日本の先史考古学研究の糸口となりました。大森駅から徒歩で5分の場所にあるため、ゆったり散歩をするのにもちょうどよい場所です。

商業施設

品川区の主要な商業施設は東側に集中しており、山手線沿線には駅近・駅直結の「大崎ニュー・シティ」や「レミィ五反田」があるほか、住宅が集中する品川シーサイド方面にはイオン(イオン品川シーサイド店)もあります。
他にも、天王洲アイルにほど近いところでは「リバーテラスガレリア」。おしゃれなショッピングセンターというのがいかにも品川区という感じがしますね。

 

品川区の家賃相場

最後に、品川区の主要駅付近の家賃相場をご紹介します。品川区内に住もうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

五反田駅の家賃相場

・ワンルーム 10.50万円

・1K 9.80万円

・1DK 12.80万円

・1LDK 18.30万円

・2DK 20.50万円

・2LDK 28.10万円

・3LDK 64.20万円

大井町駅の家賃相場

・ワンルーム 8.10万円

・1K 8.90万円

・1DK 12.30万円

・1LDK 15.70万円

・2DK 17.50万円

・2LDK 18.30万円

・3LDK 22.00万円

 

品川区の物件探し まとめ

品川区は、家賃相場こそ高いものの、街は活気に溢れ、どこへ行くにもアクセスが良く住みやすい街です。単身世帯から家族世帯まで幅広い層の人が住んでいるため、いずれの世帯向きでの物件を探しても、比較的物件が見つかりやすいでしょう。今回紹介した情報を参考に、ぜひ品川区で物件を探してみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事