二宮町ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

長寿の町としても知られる二宮町。二宮町は、平塚や辻堂といった近隣の大きな町も比較的利用しやすい一方で、町には古き良きご近所づきあいなども健在なため、便利に暮らしながらも、あたたかい人とのつながりを大事にできる町です。

また、山や海にも囲まれている二宮町は自然も豊か。町の西側を流れる酒匂川や、海岸を臨む吾妻山ではちょっとした散歩からアウトドアまで楽しむことができます。

今回はそんな、人気都市に隣接しながらも意外と穴場な町、二宮町についてまとめました。このエリアでお住まいを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

二宮町ってどんな街?

葛飾北斎の『富嶽三十六景』で、『相州梅沢左』の舞台ともなった二宮町。町が制定されたのは1935年ですが、この地の歴史は古墳時代から始まり、今でも古墳公園が残っています。また、ひとたび町を歩けば、古くから残る神社もたくさんあることに気づくでしょう。

ここでは、二宮町を人口や地理的な側面からまとめてみました。

二宮町の人口と大きさ

二宮町

二宮町の人口は2018年12月1日時点の推計人口で27,903人。世帯数は11,392世帯です。町全体では60代以降のほかに30代、10代が多く、家族世帯とその子どもも比較的多いことが予想できます。

世帯数、人口ともに、2000年をピークに減少傾向にあり、今後の発展を期待したい町です。

面積は9.08㎢と小さく、北部は大磯丘陵というなだらかな丘陵地が広がり、南側は相模湾に臨んでいます。町の中央を葛川が、西部を中村川が流れており、さらに沿岸部中央には吾妻山がそびえ立っています。

山にも海に囲まれた、のんびりとした町

定住率が高く、昔から馴染みの住人が多い二宮町。人情味あふれる近所づきあいも盛んで、困った時は近隣の人が助け合う光景がよく見られるとのことです。年に一度のお祭りがたいへんな賑わいを見せるのも、こうした要因が理由の1つでしょう。

都会暮らしに慣れている人にとっては、お店も少なく、終バスも早いため、不便に感じることも多いかもしれません。しかし、ここでは田舎ならではの、都会にはない地域のコミュニティや自然を存分に享受することができます。

 

二宮町の交通について

小田原や平塚の間に位置する二宮町ですが、意外にも町内を走る路線はあまり多くありません。鉄道は国道1号線に沿うように、沿岸を通っているのみなので、住む場所によってはバスなどを利用して駅まで行く必要があります。

ここでは、二宮町で暮らす際に必須となる交通事情についてご紹介します。

二宮町を走る鉄道は1つ

二宮町を走っている鉄道は以下の1つのみです。

  • JR東日本(JR東日本旅客鉄道)
     東海道本線

二宮町を走っているのはJR東海道本線1本のみで、かつ特急などが止まらないため、電車の数は少なく、都心へのアクセスは少し不便に感じるかもしれません。

しかし、東海道本線では東京や品川までへも1本で行くことができるため、煩わしい乗り換えが不要です。また、近隣の地域であればバスも利用できるため、住む地域によってはバスを利用する方が便利なこともあります。

二宮町内にある駅一覧

二宮町にある駅は、以下の1路線1駅のみです。

  • JR東日本(JR東日本旅客鉄道)
     東海道本線
     「二宮駅」

二宮町にある駅は二宮駅1つのみです。駅周辺にスーパーやレストランなどのお店が集中しており、日々の生活に必要な買い物や外食などはこの駅周辺がメインになります。

主要駅までの所要時間

ここでは、「二宮駅」からの、横浜・東京各方面の主要駅までの所要時間をご紹介します。

・横浜駅 約52分(JR東海道本線「二宮駅」から乗り換えなし)

・川崎駅 約1時間1分(JR東海道本線「二宮駅」から乗り換えなし)

・品川駅 1時間11分(JR東海道本線「二宮駅」から乗り換えなし)

・渋谷駅 1時間29分(JR東海道本線「二宮駅」からJR湘南新宿ライン「戸塚駅」で乗り換え)

・東京駅 1時間21分(JR東海道本線「二宮駅」から乗り換えなし)

・新宿駅 1時間35分(JR東海道本線「二宮駅」からJR湘南新宿ライン「戸塚駅」で乗り換え)

二宮町内にある道路について

町内には小田原厚木道路(二宮インターチェンジ)、西湘バイパス(西湘二宮インターチェンジ)があるため、道路の乗り入れは比較的良い町です。

二宮インターチェンジから大磯インターチェンジの間は料金所を通らないため、実質無料で利用することができます。大磯インターチェンジから下り方面へ行く際は、二宮町内に出口がないため有料になりますが、橘料金所から登りのバイパスへの乗り入れは各々のインターチェンジから出られるため、その区間も無料で使うことができます。

国道1号線からすぐ目の前に広がる海が運転していて気持ち良いことはもちろんのこと、時期には駅伝観戦も恒例行事となっています。

 

二宮町にある主要施設

ここでは、休日などにぜひ訪れてみたい二宮町の名所や、生活する上で必須となってくる主要施設をご紹介します。

二宮町の名所

吾妻山

毎年、2月中旬頃から菜の花が一面に咲き、あたり一面黄色い絨毯になる吾妻山公園。時期になるとその光景はよくメディアにも取り上げられており、360度に広がる大パノラマからは、周辺地域の箱根、丹沢、富士山がまるで目と鼻の先のように感じられます。

そのほか、公園には子どもが喜ぶような長い滑り台があるほか、小さい動物園なども敷設しており、大人も子どもも楽しめるスポットとなっています。

二宮果樹公園

そもそもは、神奈川県の園芸試験場の名残である果樹公園。ラディアン花の丘公園に隣接している公園で、ここでは梨やぶどう、柿などが植えられています。

春にはそれらの花が、そして秋口には実った実が配布されており、二宮町に住めばこのフルーツをもらえるのが楽しみになりますね。

配布日程はその年によって異なるため、詳細は二宮町公式サイトをご参照ください。

商業施設

町自体にはモールなどの大きな商業施設はない二宮町ですが、小さなスーパーやドラッグストアはたくさんあり、日用品や食料品の買い物には困りません。電車で10〜20分ほどで平塚駅や辻堂駅のお店も利用できますし、車を持っていれば、小田原や平塚、秦野市などの大きいショッピングセンターも格段に利用しやすくなります。

また、町外の人にはなかなか知られない事実かもしれませんが、二宮町にも近年はいろいろ魅力的なお店もできました。おしゃれなコーヒーショップや美味しいピザ屋さんなどのレパートリーも増え、町自体の魅力も最近は徐々に上がってきています。

 

二宮町の家賃相場

最後に、二宮町駅付近の家賃相場をご紹介します。二宮町に住もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

二宮駅の家賃相場

・ワンルーム 3.40万円

・1K 5.90万円

・1DK 4.50万円

・1LDK 6.50万円

・2DK 6.20万円

・2LDK 7.60万円

・3LDK 8.00万円

 

二宮町の物件探し まとめ

吾妻山では散歩、相模川では釣り、海岸では砂遊び。冬には菜の花が咲き乱れる二宮町は、自然と豊かに暮らしたい人や、都会の喧騒から離れて暮らしたい人にはぴったりの場所です。

平塚や辻堂へも電車で20分程度でありながら、こうした古き良き田舎らしさを感じられる地域はなかなか貴重です。暮らしに温暖な気候と温暖な人間関係を求める人には、ぜひともおすすめしたい地域です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事