賃貸物件の家賃はクレジットカードで支払える?

最終更新日 :

賃貸物件に住む場合、必ず発生するのが家賃です。金額は物件によって異なるものの、一定の家賃を毎月支払うことで、住み続けることができます。

そして、家賃の支払い方法として一般的に利用されているのは、口座振替です。しかし、「クレジットカードで支払えたら良いのに」と考える方も多いでしょう。今回は、賃貸物件の家賃とクレジットカードの関係についてお伝えします。

賃貸の家賃はクレジットカードで支払える?

まず、結論を申し上げると、賃貸の家賃をクレジットカードで支払えるケースは増えています。今までは、家賃の支払いといえば、口座振替が一般的でした。しかし、支払いのキャッシュレス化が進んだことで、家賃の支払い方法について他社と差別化を図るために、クレジットカード払いを導入する不動産会社が増えているのです。クレジットカード払いを導入することで、自動的に家賃が引き落とされるため、未払いの防止につながるという不動産会社側のメリットにもなります。

上記のような理由から、不動産会社と契約せず、直接大家さんとやりとりして住んでいる場合は、基本的にクレジットカードを利用することはできません。

なぜ少ないのか

家賃のクレジットカード払いは徐々に浸透しているものの、依然としてその数は多くありません。その最大の理由は、クレジットカード払いを導入した際に発生する「手数料」です。例えば、入居者が10万円の家賃をクレジットカードで支払った場合、クレジットカード会社は一定の手数料を徴収し、それを除いた金額を不動産会社の口座に振り込みます。つまり、クレジットカード払いを採用することで、不動産会社が受け取れる家賃の金額が少なくなってしまうのです。

手数料分を家賃に上乗せすることは、クレジットカード会社の規定で禁止されています。もし行ったとしても、周辺の物件より家賃が値上がりしてしまうため、入居者が集まりにくくなる可能性も考えられます。こうした理由から、クレジットカード払いに躊躇している不動産会社も少なくないのです。

賃貸の家賃をクレジットカードで支払うメリット

クレジットカードは普段の決済方法としても定着しつつあり、家賃の支払いにも活用したいと考えている方も多いでしょう。こちらでは、クレジットカード払いができる賃貸物件に住むメリットを、入居者側からお伝えします。

クレジットカードのポイントやマイルが貯まる

賃貸の家賃の支払いにクレジットカードを支払う最大のメリットは、ポイントやマイルが貯まる点にあります。多くのクレジットカードには、支払いごとにポイントが貯まるサービスが付帯しています。家賃は毎月の固定費の中でも多くの割合を占めているため、クレジットカード払いに切り替えることでかなりの額ポイントを貯めることが可能です。

貯まったポイントやマイルは、クレジットカードの種類によっても異なりますが、買い物時に使用したり、商品と交換したりできます。通常であれば家賃の支払いはただの支出ですが、クレジットカード払いにすることで一定の還元を受けられるのです。

支払いのタイミングをずらすことができる

クレジットカードの支払い方法は「後払い」です。家賃の支払日にはクレジットカード会社から不動産会社に立て替え払いが行われ、入居者は後からクレジットカードに家賃を支払うことになります。そのため、家賃の支払日に手持ちの現金が不足していても確実に支払うことが可能です。特に、契約の初期は敷金や礼金などの支払いも発生し、金額も大きくなるため、支払い時期を後ろ倒しにできることで資金繰りに余裕が生まれやすくなります。

振り込みの手間がかからない

クレジットカード払いの場合、わざわざ銀行やコンビニのATMなどへ行き、支払いの手続きをする必要がありません。口座引き落としや指定口座への振り込みを行う場合は、支払い日までに手続きが必要です。支払い日をそれほど意識する必要がなくなるため、生活のストレス軽減に役立ちます。

家計管理が簡単になる

最近は、日々の支払いのほとんどをクレジットカードにしているという方も増えています。そのため、家賃も同じ支払い方法にすることで、支出の一元管理が可能になり、家計管理がしやすくなるのもメリットです。近年では電気代やガス代、水道代などもクレジットカードで支払えるようになっています。そういった支払いもクレジットカードで済ませることで、より利便性は高まるでしょう。

賃貸の家賃をクレジットカードで支払う際の注意点

前述の通り、賃貸の家賃をクレジットカードで支払えるケースは増えています。しかし、口座振替や振り込みとは異なる注意点が存在するため、下記のポイントを意識しておきましょう。

特定のクレジットカードしか使えない場合がある

不動産会社の中には、「特定のクレジットカードのみ受け付けている」という場合もあります。契約してみると自分が所有しているクレジットカードでは支払えない、というケースも考えられるため、事前に不動産会社に確認しておきましょう。

初期費用のみOKというケースも

また、家賃の支払いにクレジットカードは使用できず、「初期費用のみカードで支払ってもOK」というケースもあります。こちらは、毎月の家賃にクレジットカードを使用すると、不動産会社側の手数料負担が大きくなってしまうためと考えられます。ただし、初期費用もある程度まとまった金額がかかるため、それでもメリットが大きいと考えれば十分検討する価値はあるでしょう。

口座残高には余裕を持っておく必要がある

契約する物件にもよるものの、家賃は毎月支払う固定費の中でも、大きな金額になるケースが一般的です。そのため、場合によっては支払い日に残高が足りず支払えない、なんてこともあるかもしれません。支払い遅延を起こしてしまうと、信用情報に傷がつく可能性があるため、口座の残高は余裕を持って管理する必要があるでしょう。スマートフォンの専用アプリなどを活用すると便利です。

家賃の支払いがポイント対象外のカードもある

家賃の支払いにクレジットカードを使用する最大のメリットはポイント付与にありますが、カードの中には「家賃は対象外」としている会社もあります。ポイント目当てでクレジットカード払いを選んだ場合、メリットを享受できないため、事前に確認する必要があります。

引っ越しのタイミングには2軒分の家賃が引き落とされることも

クレジットカード払いを選んだ場合は、引っ越しのタイミングに注意する必要があります。前の住居の退去費用と、新しい住居の入居費用が同時に引き落とされ、金額が大きくなる可能性があるためです。残高が足りず、どちらかが引き落とされないと、信用情報に影響します。クレジットカードを利用する場合は、明細をこまめにチェックし、口座の残高が足りるか把握しておきましょう。

まとめ

賃貸物件での家賃のクレジットカード払いは、入居者にとってメリットが大きい傾向にあります。不動産会社やクレジットカード会社の規定で制限されていないのであれば、積極的に利用しましょう。

東京や横浜で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺い、理想の物件をご提案いたします。

,
この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事