賃貸アパートでエアコンを増設したい場合は誰に連絡する?

近年は、エアコンが標準装備となっている賃貸物件も増えていますが、依然として設置されていない物件もあります。そのため、最初は大丈夫と思っていても、暑い夏を迎えるとエアコンを設置しようと考える方は多いはずです。

今回は、賃貸物件にエアコンを設置する際のポイントや注意点などを解説します。設置後のトラブルを防ぐためにも、ぜひ事前にご確認ください。

賃貸では基本的にエアコンを勝手に設置してはいけない

まず、大前提として、賃貸物件ではエアコンを勝手に設置してはいけません。これは、その物件に初めてエアコンを設置する場合も、他の部屋にエアコンがすでに設置されている場合も同様です。大家さんや管理会社の許可を取ることなくエアコンを設置するのは、基本的に禁止されています。

その最大の理由は、エアコンの設置工事を行う際、室内機を固定するために壁に穴を開けたり、専用のコンセントを増設したりする工事が含まれるためです。大家さんの所有物である不動産を、無断で傷つけることになるため、基本的には禁止行為とされています。

「エアコンの取付」という一見すると正しい目的がある場合でも、無断で行うことでトラブルに発展する可能性があります。エアコンの増設工事を行う場合は、必ず事前に管理会社等へ確認しましょう。とくに、配管用の穴を開ける場合は、その旨も含めて伝えることが大切です。

賃貸にエアコンを設置する場合の確認ポイント

前述の通り、賃貸物件にエアコンを設置する場合は、大家さんや管理会社への連絡が欠かせません。こちらでは、連絡の際に確認しておくべきポイントをいくつかご紹介します。

エアコン設置の可否

当然のことではありますが、まずはエアコン設置の可否を確認しましょう。設置場所や方法によっては拒否される可能性があるため、エアコンの購入前に確認する必要があります。確認先は物件によって異なりますが、契約時に交わした賃貸借契約書に記載されたところへ連絡しましょう。

設置可能場所

エアコンを設置できる場合でも、基本的にエアコンを設置できる場所は物件ごとに決まっています。室外機と接続するための穴が空いている壁に設置することになるため、大家さんや確認会社へ確認しましょう。

エアコンの設置場所には、室外機との接続穴以外に、コンセントや壁の下地の補強、室外機を置くスペースの3つの要素が必要です。これらの要素を満たす場所は決して多くなく、最初に決められた場所しか基本的には設置できません。

取り付け費用の負担先

多くの方が気になるのが、エアコンを増設する場合の費用の負担先です。入居者や大家さんのどちらかがすべてを負担するのか、一定の割合に応じて負担先を分割するのかなど、さまざまなケースが考えられます。取り付けが可能となった場合は、必ず費用についても確認しましょう。

ただし、エアコンをはじめとした設備を後から設置する場合、費用は基本的に入居者負担となります。

退去時の修繕費用について

エアコン設置用の穴が壁に開いていない場合、新たに穴を開けてエアコンを取り付けることになります。この場合、退去時に修繕費用を負担する必要があるのか、事前に確認しておきましょう。

入居者は、退去時に「原状回復義務」を負います。そのため、基本的には開けた穴を塞がなければなりませんが、大家さんの意向でそのままにできるケースもあります。修繕工事を行う場合、費用が高額になる可能性が高いため、大家さんに相談するのもひとつの方法です。

造作物買取請求について

賃貸物件の場合、エアコンなど後から設置した設備について、退去時に貸主に「買い取ってください」と請求することができます。これを「造作物買取請求」と呼びます。

ただし、造作物買取請求については、賃貸借契約書で否定されている場合も多いため、エアコンを増設する場合は契約書を確認しましょう。エアコンを取り外して次の家へ持って行く場合はとくに関係ありません。

エアコンが故障した場合の対処方法

エアコンは、増設するだけではなく、既存のエアコンが故障して修理や交換をすることもあるでしょう。こちらのケースでは、どのように対応するべきでしょうか。

この場合の対処方法も、エアコンを増設する場合と変わりません。賃貸物件に設置されているエアコンは、大家さんや管理会社の所有物です。そのため、故障したからといって借主が勝手に修理や交換することはできず、事前に確認を取って指示を仰ぎましょう。貸主が契約している業者がいる場合もあるため、費用を抑える意味でも問い合わせることが大切です。

連絡を取り、修理や交換・クリーニングを行う場合の費用は、契約内容によって変わります。経年劣化や通常の使用によって故障した場合は、貸主が費用負担するのが基本です。ただし、借主に不注意や過失があった場合は、費用を請求されることになります。

まとめ

夏や冬が近づくと、エアコンを設置したいと考える方も多いでしょう。ただし、賃貸物件の場合、トラブルにならないよう事前に確認する必要があります。退去時に問題になることの多い点についても確認しておくと、後々のトラブルを防ぐことができて安心です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事