賃貸で石油ストーブは使用できない?必ず知っておきたい注意事項

公開日 :

寒い冬を迎えると、さまざまな方法で部屋を暖かくするはずです。代表的なアイテムといえば、こたつやエアコン、そして石油ストーブではないでしょうか。

しかし、賃貸物件で石油ストーブを使用しようと考えている場合は、少しお待ちください。賃貸物件では、石油ストーブを使用できない可能性があるのです。今回は、賃貸における石油ストーブの注意事項を解説します。

賃貸物件では石油ストーブが禁止されている?

最近の賃貸物件では、石油ストーブの使用が禁止されているケースも珍しくありません。その場合、賃貸借契約書にその旨が記載されていますが、多くの文字が記載されており、見落としてしまう可能性もあります。そもそも、なぜ賃貸物件では石油ストーブが禁止される傾向にあるのでしょうか。

火災の原因になりやすい

最大の理由は、火災発生の原因になりやすいためです。石油ストーブによる火災事例が特別多いわけではありませんが、一定数報告されており、最近は高齢者の一人暮らしも増えていることから、管理が面倒な石油ストーブが敬遠される傾向にあるのです。火災が発生すると、アパートが1棟燃えてしまったり、周辺の住居に被害が及んでしまう可能性があるため、物件のオーナーとしては絶対に避けたいところです。

一酸化炭素中毒の危険性が生じる

石油ストーブの使用で懸念されているのは、火災の発生だけではありません。一酸化炭素中毒の危険性もあります。冬になると、石油ストーブの使用によって室内の酸素濃度が低下し、一酸化炭素中毒になったというニュースを見かけます。これと同じことが発生する可能性があるため、賃貸物件では禁止される傾向にあるのです。

一酸化炭素中毒になると、頭痛やめまい、吐き気などの症状を発生します。最悪の場合死に至るケースもあるため、石油ストーブの使用が許可されている場合でも、換気を心がけることが大切です。

結露が発生しやすくなる

石油ストーブを使用すると、結露が発生しやすくなります。外気温が下がっているにもかかわらず、室内の温度が急激に上昇するため、寒暖差が大きくなり結露が発生しやすくなります。結露はカビの発生や建物の劣化につながるケースも多く、放置すると建物の価値を大きく下げてしまうため、それを防ぐために石油ストーブの使用を禁止しているケースが多いようです。特に、木造建築ではその影響が大きいため、多くのアパートでは石油ストーブが使えません。

賃貸で利用できる暖房器具一覧

賃貸で石油ストーブが使用できるかどうかは、物件によって異なります。石油ストーブが使用できない場合は、他のアイテムを使用することになります。こちらでは、賃貸で使用できる暖房器具をご紹介します。

エアコン

もっとも多くの家庭で使用されている暖房器具といえば、エアコンではないでしょうか。賃貸物件の場合、最初から設置されているケースも多く、多くの家庭で使用されています。暖房機能はもちろん、冷房や送風、ドライなど多様な機能が搭載されており、冬以外のシーズンでも稼働しています。

そんな便利なエアコンですが、消費電力が大きいのがネックです。特に、賃貸物件に備え付けられているエアコンは型落ちの製品が多く、最新のものと比べると電気代がかかります。春や秋などのエアコンをあまり使用しない季節と比べて、夏や冬は多くの電気代がかかる家も多いでしょう。

エアコンが設置されていない賃貸では、入居後自らの費用で設置することになります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ガスファンヒーター

灯油を使用する石油ストーブとは異なり、ガスを使用して部屋を温めるのがガスファンヒーターです。暖める能力が高く、広い部屋でも十分に暖めることが可能です。ただし、ガス栓からガスを供給する必要があるため、工事が必要になります。

セラミックファンヒーター

ガスファンヒーターよりも広く使用されているのが、セラミックファンヒーターです。電気の力でセラミックを温め、温風を放出する仕組みです。火やガスを使用しないため、部屋が汚れにくいのも特徴です。しかし、その分パワー不足になりやすく、広い部屋は暖めきれない可能性があります。また、消費電力も比較的大きい傾向にあります。

オイルヒーター

最近注目を集めているのがオイルヒーターです。内部のオイルを電気で温めることで放熱し、部屋全体を暖かくする暖房器具です。エアコンと違って部屋が乾燥しないのが特徴で、作動音もあまりしないため、自宅で作業することの多い方でも安心です。

ただし、オイルヒーターは電気代が高いとされています。長時間稼働する場合は、電気代に気をつける必要があります。

こたつ

こたつは、冬といえば「こたつ」と考える方も多いアイテムです。テーブルとも兼用できるため、一人暮らしなどあまり部屋が広くない場合に好まれる傾向にあります。消費電力も比較的少ないのが特徴です。

ホットカーペット

他の暖房器具を組み合わせて使用されることが多いのが、ホットカーペットです。床に敷くだけでフローリングの冷えを防ぐことができます。部屋全体を暖めることは難しいため、補助的なアイテムとして利用するのが良いでしょう。

暖房器具選びのポイント

上記のように、暖房器具には数多くの種類があります。こちらでは、暖房器具選びのポイントを解説します。

部屋全体を暖める必要があるか

暖房器具には、部屋全体を暖めるものと、一部分を暖めるものの2種類があります。自宅に導入する場合は、どちらが必要なのか考えましょう。基本的に、部屋全体を暖める場合は消費電力が大きく、一部分だけ暖めるアイテムは消費電力が小さい傾向にあります。

光熱費がどの程度かかるか

暖房器具を使用する場合は、光熱費がどの程度かかるのかも重要です。短時間で部屋全体を暖められるアイテムは光熱費が高くなります。家にいる時間が短い方や、あまり寒くない地域に住んでいる場合は、光熱費のかからない暖房器具を選ぶのも良いかもしれません。

アンペア数が足りるか

暖房器具は消費電力が大きいアイテムが多いため、契約しているアンペア数が足りるか確認しておきましょう。場合によってはアンペア数の変更も検討する必要があります。

まとめ

石油ストーブは部屋全体を暖めることができ、冬に重宝するアイテムですが、賃貸では使用が禁止されていることも珍しくありません。使用する場合は、トラブルにつながる前に契約書を確認しておきましょう。

東京や横浜で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。ご希望に合わせて最適な物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事