子育てに優しい家の探し方

賃貸住宅で子育てを行う場合、近隣への騒音や間取りなど、さまざまな点で悩む方も多いでしょう。また、日々子育てに追われていると、じっくりと家を探す時間がなく、なかには諦めている方もいるかもしれません。

今回は、子育てに優しい家の特徴や具体的な探し方についてご紹介します。家探しにとって重要な視点についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

子育て世帯が家探しでもっとも重要視するべきポイント

子育て世帯が家探しを行う場合、もっとも重要視するべきポイントは、ズバリ「周辺環境」です。子育て世帯は、まず周辺環境が整っている物件をいくつか選定し、その後候補を絞り込んでいくのがおすすめです。

具体的にあると便利な周辺施設

具体的には、どのような施設が周辺にあると便利なのでしょうか。以下にいくつかの候補を列挙しておきます。

  • 子どもが遊べる施設(児童館など)
  • 大きな公園
  • 図書館
  • スーパーやコンビニ

なかでも重要なのが、「子どもが遊べる施設」です。児童館だけでなく、大きな公園もそのひとつに含まれるかもしれません。子どもが遊べる施設があると、室内遊びに飽きたタイミングで外出することができ、子どもも親も気分転換につながります。ポイントは、「電車やバスに乗らずに行ける距離にあるかどうか」です。

ひとり暮らしの場合は、駅や職場までの距離、アクセスのしやすさなどを重要視する方も多いですが、ファミリーの場合は車を所有している方も多いため、それほど大きな点ではないケースも多いようです。ただ、気軽に買い物ができるスーパーやコンビニが近くにあると、こまめに買い物をしたい方も安心です。

子育て世帯の家探しのチェックリスト

こちらでは、子育て世帯が家探しをする際に確認するべきポイントをまとめました。充実した周辺環境を確保したら、次はこちらをご確認ください。

通勤や通学で困らないエリアか

最寄り駅までの距離や、最寄り駅で利用できる路線、バス停までの所要時間、バスの本数などの交通機関に関する情報は大切です。家族が通勤・通学する際には、多くが交通機関を利用することになるため、これらのポイントが充実していると、快適に暮らすことができます。

また、最寄り駅については、ベビーカーで移動しやすい造りになっているかどうかも確認しておきましょう。エレベーターやスロープがあるだけでも、ベビーカーで移動しやすくなります。実際に現場を訪れて確認するのが確実です。

近隣の商業施設は充実しているか

家族で暮らす場合は、近隣の商業施設の充実度も確認しておきましょう。たとえば、スーパーやコンビニなどの買い物に利用できる施設はもちろん、外食に便利な飲食店・レストラン・カフェなどがあると便利です。休日に家族とごはんを食べに行ったり、ママ友と一緒にランチに出かけたりできます。

ただし、飲食店などが立ち並ぶエリアは、人通りが多く騒音などが気になる可能性があります。近すぎず遠すぎずの距離感をキープしたいところです。

医療機関は近くにあるか

小さな子どもは、さっきまで元気に見えても、突然体調を崩したり熱を出したりすることがあります。そういった事態にすぐに対応するには、自宅の近くに医療機関があることが大切です。特に、小児科や内科の病院が近くにあると、ちょっとしたことでも相談できて安心です。

子育て支援施設の充実度

初めて子育てを行う場合、右も左もわからずに不安に感じるものです。そのようなときに、自治体が運営している子育て支援施設などがあると、同じ悩みをもった親同士でコミュニケーションを取れたり、サポートを受けられたりします。同年代の子どもも多く訪れるため、今後のコミュニティ作りにも最適です。

自宅のすぐ近くにある必要はありませんが、日ごろの行動範囲にそういった施設があるか、事前に確認しておくと便利です。

ハザードマップを確認しよう

地震や台風など、災害大国としても知られる日本。そのため、自宅を探す際は、そのエリアの地盤や防災計画などを確認しておく必要があります。その際に役立つのが「ハザードマップ」です。

ハザードマップは、過去に発生した災害の被害状況や地震発生時の津波の到達予測など、さまざまな情報が記載された地図のことです。予期せぬリスクを避けるためにも、必ずハザードマップを確認しましょう。

ファミリー向けの便利な制度

家族で生活する場合、ある程度の広さがある家を借りることもあり、できるだけ賃料を抑えたいという方が多いでしょう。そこで、こちらではファミリー向けの便利な制度をご紹介します。

特定優良賃貸住宅

特定優良賃貸住宅とは、通常より少ない負担で借りることのできる公的賃貸住宅制度のことです。「特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律」に基づいて制定された制度で、土地所有者と国、金融機関等が協力して成り立っています。

特定優良賃貸住宅は、物件の広さが50〜125㎡と、家族で暮らす際にも十分なスペースがあります。また、入居時の初期費用が通常より安く設定されており、2年ごとの更新料も不要です。家賃などをできるだけ抑えて入居したいご家族にも安心です。

ただ、入居条件などが細かく決められているため、事前の確認が欠かせません。特定優良賃貸住宅については、こちらの記事で詳しく解説しています。

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅は、UR都市機構が提供している住宅です。敷金や礼金などの初期費用が、通常の物件と比べて安く、保証人・保証料、更新料などが必要ないのが特徴です。

ただし、入居審査が厳しく、設備が古い物件も一定数あるため、希望に合うものがあるかどうか事前にリサーチする必要があります。UR賃貸住宅については、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は、子育てに優しい家の探し方についてご紹介しました。お子さんが小さいうちは、毎日が忙しく家探しにもあまり時間がかけられません。お困りの際は、今回の情報を参考に物件を探してみてください。

東京や神奈川で賃貸住宅をお探しであれば、ぜひネクストライフまでお問い合わせください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事