アパートの鍵を紛失したらどうする?対処方法について解説

公開日 :

賃貸物件に住む場合、契約時に数本の鍵を手渡されるのが一般的です。そして、入居者はその鍵をなくさないように注意して生活しなければなりません。

しかし、何かの理由でアパートの鍵をなくしてしまうケースもあります。今回は、そんな場合に備えて、アパートの鍵を紛失した場合の対処方法をご紹介します。

アパートの鍵を紛失した場合の対処方法

アパートの鍵を紛失した場合、その後の行動がとても重要です。対処方法を間違えると、鍵をなくしただけでなく、余計なお金を請求されたり、空き巣に入られたりする可能性があります。以下では、アパートの鍵を紛失した場合の対処方法をご紹介します。

警察や交番で遺失届を出す

アパートの鍵を紛失したら、まずは警察や交番に連絡しましょう。落としたアパートの鍵が届けられている可能性もあります。

鍵が届いていない場合は、今後拾ってもらったときに備えて、「遺失届」を提出しましょう。担当者に事情を説明し、遺失届を提出したい旨を伝えれば、手続きを行ってもらえます。

なお、遺失届の提出は警察署だけでなく、交番でも行えます。近所に警察署がない場合は、交番で速やかに手続きしてもらいましょう。

大家さんや管理会社へ連絡する

次は、アパートの鍵を紛失した旨を大家さんや管理会社へ連絡しましょう。大家さんが近くに住んでいたり、管理会社が近かったりする場合は、合鍵を持ってきてくれることもあります。できるだけ早めに連絡し、合わせて遺失届を提出した旨も伝えましょう。

ただ、深夜に鍵を紛失した場合など、管理会社がお休みの可能性もあります。電話をする前に営業時間を確認し、営業時間外の場合は後で連絡するようにしましょう。

自分の1日の行動を見直す

落とし物を探すためには、自分の1日の行動を振り返ることが大切です。今日自分が立ち寄った場所や、鍵を収納している場所に触れたタイミングなどを思い出し、確認できる場所があればすぐに戻ってみましょう。お店などに立ち寄っている場合は、店員さんに落とし物がなかったか確認するのがお勧めです。

アパートの鍵のような小さなアイテムは、思いがけない場所にある可能性もあります。例えば、カバンのなかや服の内ポケットの奥などに紛れているケースも少なくありません。

すぐに鍵を開けたい場合はどうする?

アパートの鍵を紛失した場合、夜間などですぐに玄関を開けたいこともあるでしょう。しかし、時間やタイミングによっては大家さんや管理会社と連絡を取るのが難しく、スペアキーをもらえないケースも少なくありません。そのような場合は、どう対処するのが良いのでしょうか。

鍵業者に連絡するのが無難

紛失した鍵を見つけることができず、大家さんや管理会社にスペアキーをもらうのも難しい場合は、鍵業者に連絡するのがおすすめです。鍵業者とは、開かなくなってしまった扉を解錠したり、鍵の交換作業をしたりする業者のことです。

鍵業者への依頼は、基本的に大家さんや管理会社の許可を得て行うのが基本です。しかし、前述したような事情がある場合は、緊急避難的な方法として認められる傾向にあります。

鍵業者に依頼する際に必要な物

鍵業者に修理や鍵の解錠を依頼する場合は、身分証明書が必要です。運転免許証など、住所が記載されていて顔写真も載っているものを用意しましょう。

身分証明書が必要な理由は、解錠しようとしている住居に、本当に依頼者が住んでいるのか確認するためです。悪意を持った他人が依頼している場合、鍵業者は犯罪に加担することになるため、事前に身分証明書の提示を求めています。身分証明書を所持していない場合は、警察立会のもと作業を行い、開錠後に証明書を提示するよう求められるケースもあります。

作業時間、費用の目安

鍵の解錠作業は、業者にもよるものの、15分程度で完了するのが一般的です。費用は1万円前後で請け負ってくれる業者が多いようです。

ただし、料金体系は業者によって大きく異なります。中には「格安」「業界最安値」などの文言で利用者を集め、出張費やオプション料金で多額の費用を請求する業者もあるようです。鍵業者を選定する場合は、利用者の口コミなどを確認し、料金ばかりを重要視しないように注意しましょう。

費用の負担先

鍵業者に扉の解錠依頼をした場合、費用の負担は借主となります。借主が負う、「原状回復義務」に基づいて費用を支払う必要があります。鍵の紛失責任が借主にある以上、大家さんや管理会社に費用負担を求めるのは難しいでしょう。

また、賃貸物件契約時に加入している火災保険の中に、鍵開け・鍵交換などのサービスが付帯されているケースもあります。鍵をなくしてから確認するのは難しいため、事前に契約書を確認しておき、連絡先などを控えておきましょう。

原状回復義務については、賃貸物件に住む場合さまざまな点で問題になります。その他のポイントについては、以下の記事をご覧ください。

アパートの鍵を紛失したら交換が必要?

最後に、アパートの鍵を紛失し、解錠した後の話について考えます。鍵を紛失した後、鍵を交換せずにそのまま生活するのは危険です。悪意ある人物が鍵を拾った場合、自宅への侵入などの犯罪につながるおそれがあるためです。そこで、多くの大家さんや管理会社では、鍵を紛失した場合には鍵の交換をするのが一般的です。

ただ、鍵交換に関するマニュアルは管理会社ごとに異なります。自分で判断して動くのではなく、まずは大家さんや管理会社に連絡しましょう。

まとめ

今回は、アパートの鍵を紛失した場合の対処方法をお伝えしました。いざその場面を迎えると焦ってしまうこともあるため、事前に抑えておくと良いでしょう。

横浜や東京で賃貸物件をお探しの場合は、ネクストライフまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺い、理想の物件をご提案いたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事