不動産投資のエリアはどこがおすすめ?

不動産投資を始める際、最初に迷うのが「どのエリアに物件を購入するか」ではないでしょうか。どのエリアを選ぶかで、不動産投資の成否は大きく変わります。

今回は、不動産投資におけるエリア選定のポイントや、今おすすめのエリアを不動産会社がお伝えします。

エリア選びで重視すべき3つのポイント

前述の通り、不動産投資ではエリア選びが重要です。それでは、どのような点を重視して不動産投資エリアを決定すべきなのでしょうか。

賃貸需要の高さ

不動産投資の最大の目的は、毎月安定した家賃収入を得ることでしょう。そのためには、賃貸需要の高いエリアを選ぶことが重要です。

賃貸需要の高いエリアであれば、多少立地の悪い物件であっても空室リスクを最小限に抑えられます。

それでは、賃貸需要の高さはどのように見極めれば良いのでしょうか。

東京23区で選ぶ

一般的に需要が高いといわれているエリアのひとつが、東京23区です。

ただ、区によって住民や入居者のターゲットが異なっているため、ニーズに合った物件を選ぶことが重要です。

たとえば、サラリーマンや学生に人気のエリアであれば、ワンルームや1Kの物件に投資するのが良いでしょう。

また、都心エリアにある物件は、経年劣化によって価値が落ちにくいというメリットがあります。ただし、その分物件価格が高いため、ローン総額が高くなってしまったり、頭金が多く必要になったりします。

融資を受けやすい物件については、こちらの記事を参考にしてください。

住みたい街ランキングを参考にする

賃貸需要の高さをつかむためには、住みたい街ランキングを参考にする方法もあります。住みたい街ランキングは、さまざまな会社が調査を行っており、インターネットで簡単に調べることができます。

※参考:「住みたい街ランキング2020総合トップ-SUUMO」

【ホームズ】2020年住みたい街ランキング|住まいのお役立ち情報

ただ、住みたい街ランキングはあくまで参考程度にとどめておくのが無難です。自分がターゲットとしている人物像を明確にイメージし、そのターゲットに応じたエリアを選ぶ必要があるためです。

ランキング上位のエリアを選んでおけば、必ず安定した収益を得られるわけではありません。

再開発予定の有無

不動産投資のエリア選びでは、再開発予定の有無も重要な要素です。再開発によって土地の価格が上がり、物件価値が購入時より上昇する可能性があるためです。

また、再開発前は比較的安い価格で物件を購入できる可能性もあります。

東京都の再開発については、東京都都市整備局で確認することができます。また、下記の記事でも東京都の再開発情報と注目エリアを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まずは地元の物件に投資

不動産投資に初めて取り組む場合は、まず地元のマンションに投資するのもひとつの方法です。

地元エリアであれば、ある程度の土地勘があるはずです。物件ごとの比較もしやすいため、賃貸需要の高い物件を見つけられるでしょう。

都心部エリアの選び方

ここからは、都心部と地方に分けて、エリアの選び方をご紹介します。

まず、都心部については23区内を選ぶのがもっとも無難といえます。都心部のなかでももっとも需要の高いエリアといえるためです。

具体的な物件選びについては、予算や入居ターゲットなどの条件から、より良いものを絞り込みましょう。

地方エリアの選び方

地方エリアの物件を選ぶ際は、下記の3点を抑えておくのがポイントです。

  • 大学や大きな企業が近隣にある物件
  • 最寄り駅や物件周辺で再開発情報の有無
  • 駅から遠い物件を選ぶ場合は周辺駐車場の空きを確認

大学や大きな企業が近隣にある物件であれば、学生やサラリーマンの賃貸需要が見込めます。ときには、社宅として活用されるケースも考えられます。

ただ、学生をターゲットにした場合は、大学移転のリスクを考慮する必要があります。近年は少子化により大学の統廃合が進んでおり、キャンパス数を減らしている大学も少なくありません。常に最新の情報に目を光らせておきましょう。

前述しましたが、周辺の再開発情報は必ず確認しておくべきです。たとえば、商業施設が建設されるとなれば、人が増えることが期待でき、物件の価値が上昇する可能性もあります。

ただ、すべての再開発がメリットにつながるわけではないため、再開発の内容にも気を配る必要があります。

地方エリアの場合、車を主な移動手段として考えている方も少なくありません。その際は、最寄り駅から遠い物件では周辺駐車場の確保が必須です。お客様からの問い合わせに備えて、周辺駐車場の空き状況を確認しておきましょう。

不動産会社が教える今おすすめのエリア

こちらでは、現在のおすすめのエリアを不動産会社の視点でご紹介します。

池袋エリア

池袋駅は、新宿駅の次に乗降者数の多い駅です。JRや東武鉄道、西武鉄道、丸ノ内線、有楽町線、副都心線など多くの線路が乗り入れており、利便性の高いエリアです。

ただ、交通の便の良さのわりに土地の相場はそれほど高くありません。新宿駅周辺はもちろん、渋谷駅周辺と比べると1~3割ほど安い価格です。

また、近年から今後にかけて多くの再開発が予定されていて、今後物件価値の上昇が期待できます。23区内で物件を探しているのであれば、池袋周辺を探してみるのがおすすめです。

川崎エリア

品川駅から10分、東京駅から20分程度の距離にある川崎エリアもおすすめです。東京都内へ通勤しているサラリーマンの賃貸需要が期待できます。

なかでも、南武線や湘南新宿ラインが利用できる中原区、川崎区、幸区の人気が高い傾向にあります。

ネクストライフでは、これらのエリアの物件情報を多数ご提供しています。不動産投資を始める場合は、ぜひ当社にご相談ください。

横浜エリア

今も昔も人気があり、賃貸需要の高いエリアが横浜です。神奈川県最大の都市であり、交通の便や住環境は申し分ありません。

横浜に本社を置く企業も多く、会社員や学生などの賃貸需要が期待できます。

まとめ

不動産投資では、エリアの特徴や傾向を学んで物件を選ぶことは、とても重要です。成功への第一歩として情報収集を行い、安定した収益を生み出せる物件を探しましょう。

以下の記事も参考にしてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事