伊勢原市ってどんな街?家賃相場はいくらぐらい?

市の西側には大山が広がり、自然が豊かで農業もさかんな伊勢原市。道には畑や田んぼが広がり、昔ながらの家屋もまだまだ現役といった様子で佇んでいますが、なんと新宿といった主要駅までは乗り換え無しで行くことができます。

その一方で、車を使えば山梨や静岡方面にも出かけやすく、休日などのお出かけには便利な中間地点になっています。日常生活では都会と離れ、ゆったり暮らしたい人にぜひおすすめしたい伊勢原市。今回はそんな伊勢原市の魅力についてまとめました。

ほどよく自然豊かな場所、伊勢原市のような街に暮らしてみたい人は参考にしてみてください。

 

伊勢原市ってどんな街?

伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置している市で、厚木市、秦野市、平塚市に隣接しています。1960年代までは農村地としての側面が強かった伊勢原市ですが、都心へのアクセスのしやすさも手伝い、最近ではベッドタウン化が進んでいます。

市の北西には大山があり、観光地としても少しずつ有名になってきているほか、温泉街などもほど近いため、街の雰囲気はゆったりと落ち着いています。

以下では、伊勢原市を人口や、地理的な側面からまとめてみました。

伊勢原市の人口と大きさ

伊勢原市の人口は令和元年6月1日の推計人口で102,232人。世帯数は45,427世帯です。区の総面積55.56㎢の、約1/3を山林や原野が占めており、丹沢の一角に位置する「大山」は伊勢原市のシンボルにもなっています。

伊勢原に住むの人の歴史は今から約2万8千年前と言われており、その歴史の変遷はいせはら文化財サイトにも詳しく紹介されています。

温泉街も近く、のんびりとしていて落ち着いた街

出典: ゆこゆこ

伊勢原市のシンボルとも言える大山は、日本三百名山の1つです。江戸時代から信仰と行楽地、両側面での役割を持っており、古くから多くの参拝者が訪れる場所でした。付近には温泉も湧いているため、登山をした人はここで汗を流し、リフレッシュして帰ることができます。

こうした自然が近くにありながらも、伊勢原駅前には比較的大きな商業施設もあり、買い物などには不便しません。夜遅くまで営業しているお店や娯楽施設こそ少ないですが、街全体はゆったりとしていて落ち着いています。

 

伊勢原市の交通について

意外にも都心には電車でアクセスしやすい伊勢原市。その他の地域へは、車での移動が便利です。

また、伊勢原市のバスは市内のほぼ全域を網羅しており、車を持っていなくともある程度は市内への移動が可能です。

伊勢原市を走る鉄道は1つ

厳密に言うと、伊勢原市内には小田急電鉄と大山観光電鉄の2路線が通っています。しかし、普段の通勤・通学などで使える路線は小田急電鉄(小田原線)のみです。

都心まで1時間ほどで行けるというメリットがありますが、小田急線一本しかないため、もし同線にトラブルがあると交通手段が限られてしまいます。また、始発は秦野市からスタートするため、ラッシュの時間帯には必ずしも座って通勤できるとは限らない点がネックでもあります。

伊勢原市内にある駅一覧

伊勢原市内にある駅は、以下の2路線5駅です。

  • 小田急電鉄
     小田原線
     「伊勢原駅」(「愛甲石田駅」)
  • 大山観光電鉄
     大山鋼索線
     「大山ケーブル駅」「大山寺駅」「阿夫利神社駅」

中心となっているのは伊勢原駅で、栄えているのもこの駅が中心となります。また、この地域の要となる病院「東海大学医学部付属病院」もこの伊勢原駅が最寄りです。

愛甲石田駅自体は厚木市に位置しますが、ホームの一部などは伊勢原市に属しており、住む場所によっては愛甲石田駅が最寄り駅となります。

主要駅までの所要時間

ここでは、伊勢原市において中心となる「伊勢原駅」からの、横浜・東京各方面の主要駅までの所要時間をご紹介します。

・横浜駅 53分(小田急線「伊勢原駅」から相鉄本線「海老名駅」にて乗り換え)

・川崎駅 1時間9分(小田急線「伊勢原駅」から相鉄本線「海老名駅」にて乗り換え後、JR東海道本線「横浜駅」にて乗り換え)

・品川駅 1時間19分・川崎駅 1時間9分(小田急線「伊勢原駅」から相鉄本線「海老名駅」にて乗り換え後、JR東海道本線「横浜駅」にて乗り換え)

・渋谷駅 1時間19分(小田急線「伊勢原駅」から京王井の頭線「下北沢駅」にて乗り換え)

・東京駅 1時間36分(小田急線「伊勢原駅」からJR中央線「新宿駅」にて乗り換え)

・新宿駅 1時間17分(小田急線「伊勢原駅」から乗り換えなし)

伊勢原市内にある道路について

東名高速道路が近伊勢原市。1996年には圏央道が開通したため、車を使えば埼玉や山梨、静岡といった東西地域へも出やすくなりました。晴れた日には車窓から富士山も見え、一方で海にも行きやすいロケーションです。

ただし、市内を通る幹線道路が曲がりくねっており、信号の連動が悪いため、市内の道路は渋滞が激しい傾向にあります。

 

伊勢原市にある主要施設

ここでは、休日などにぜひ訪れてみたい伊勢原市の名所や、生活する上で必須となってくる主要施設をご紹介します。

伊勢原市の名所

大山

最近ではミシュランに指定されるなど、観光面での盛り上がりを見せる大山。テレビなどでも取り上げられ、休日には多くの登山者で賑わいます。

大山阿夫利神社は、秋には紅葉も美しく、四季を通して楽しめるスポット。きれいな水を生かした豆腐が名物です。ふもとのあたりには趣のある日本家屋が立ち並び、古き良き里山の風景が残っています。

昆虫などの生き物もたくさんおり、種類も豊富なため、子どものいる家庭では昆虫採集なども楽しめるほか、お土産屋さんのある通りは大人にも十分楽しく、ケーブルカーもあるので、登山が難しい方にも便利です。

渋田川

神谷地区を流れる渋田川には芝桜の桜並木があり、毎年お花見が楽しめます。湖畔の斜面には赤、白、ピンクといった華やかな色が広がり、緑とのコントラストが美しく映えます。

花の季節は4月中旬頃が見頃で、この時期には臨時シャトルバスも運行しています。バスは伊勢原駅南口、3番乗り場から利用できます。最新の開花情報は、いせはら花情報にて随時公開されていますので、訪れる際はぜひ事前にご確認ください。

商業施設

最近はショッピングセンター、回転寿司のチェーン店や焼き肉屋、レストランなど、いろいろなお店が登場し始めた伊勢原駅周辺。駅近くでは、「東急」「ヨーカドー」「OKストアー」などがあり、少し離れたところでは、「ヨークマート」「フラワーランド」などがあります。

スーパーの数は他の地域と比べると多くなく、また、夜遅くまで営業しているお店が少ないため、仕事帰りにゆっくり買い物をするのは難しそうです。

駅周辺は常に賑わっているわけではなく、娯楽施設も少ないため、都会に慣れている人には物足りなく感じるかもしれません。市外にはなりますが、厚木市方面には商業施設が充実しているため、買い物にはそちらを利用する方が便利です。

 

伊勢原市の家賃相場

最後に、伊勢原駅付近の家賃相場をご紹介します。伊勢原市に住もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

伊勢原駅の家賃相場

・ワンルーム 4.40万円

・1K 4.90万円

・1DK 5.40万円

・1LDK 7.40万円

・2DK 5.90万円

・2LDK 7.50万円

・3LDK 8.50万円

 

伊勢原市の物件探し まとめ

都会では希薄になってしまったあたたかいご近所づきあいも残り、地域の人が支えあいながら生活している街、伊勢原市。夏には毎年大きな祭り(道灌祭り)もあり、駅前一帯のエリアが歩行者天国に。様々な屋台が立ち並ぶ風景は圧巻です。

買い物などができる商業施設や娯楽施設が充実している場所ではありませんが、ここでは人と人とがつながり合い、実りある生活を実感することができます。伊勢原市は物価も都心部に比べると格段に低いため、コストを抑えながら自然に囲まれた暮らしをしたい人には最適な街です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事