ヴィルクレール川崎タワーってどうなの?

JR川崎駅西口から歩いて4分ほど。地上21階建てのタワーマンションがヴィルクレール川崎タワーです。このタワーの完成は1999年。川崎駅西口にあった東芝川崎事業所が閉鎖したのが1999年ですから、西口の再開発に先駆けて完成したタワーマンションということになります。そんな老舗のタワーマンションの評判や家賃相場などについて調べてみました。

 

物件概要や設備など

物件概要

  • 所在地 神奈川県川崎市幸区大宮町9-1
  • 交通 JR川崎駅より徒歩で4分
  • 構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)/地下1階・地上21階
  • 建築年月 1999年10月
  • 総戸数 106戸
  • 管理方式 日勤
  • 土地権利 所有権

川崎駅とは「ペデストリアンデッキ」という歩道橋で繋がっていますので、駅とマンションの間は信号待ちもなくストレスなしで通うことが可能です。2019年時点で築20年となりますので、周辺の築浅タワーマンションと比較すると、中古物件の価格はお手ごろな価格帯に設定されています。

設備など

  • 分譲会社 新日鉄都市開発/三井不動産
  • 施工会社 新日鉄都市開発/佐藤工業
  • 設計会社 多摩設計
  • 管理会社 東京建物アメニティサポート
  • 設備 ペット相談可/24時間ゴミ出し可/宅配ボックス/エレベーター/オートロック/モニター付インターホン/防犯カメラ

築20年を超えるマンションですが、オートロックに宅配ボックスなどもついており、特別高級感があるわけではありませんが、不便を感じることもないでしょう。物件によってはペット相談可の物件もありますので、ペットを飼っている方にはオススメの物件といえます。ただし、動物が苦手な方は、エレベーターなどにニオイが篭もっている可能性もありますので、少々厳しいかもしれません。

物件情報

物件の間取りは2SLDK~4LDK。基本的にファミリー向けの間取りになっており、単身者にはやや広い設定になっています。物件の面積を見ると約60~90㎡。最大の間取りでも100㎡はありませんので、大きな部屋を希望している方には少々物足りないかもしれません。ただし、間取りと面積のバランスを見ると、非常に使いやすいサイズ感で整っており、図面で見るより実際に内見に行った時に暮しやすさが伝わるような物件が中心になっています。

 

周辺住環境

小中学校など

  • 小学校 川崎市立幸町小学校 徒歩約15分
  • 中学校 川崎市立南河原中学校 徒歩約5分

中学校までは1本道で徒歩5分と至近距離になりますが、小学校までは大人の足でも15分はかかる距離になります。小学校低学年の足では20分ほどかかるかと思いますのでご注意ください。ただし道のりは1本道で大通りも通らないので安全性は高い通学路といえるでしょう。

川崎駅周辺の環境

JR川崎駅と京急川崎駅が並んでいることもあり、駅周辺は巨大な繁華街となっています。繁華街となると、夜の騒音やネオン、さらに飲酒した通行人や風俗店など住環境に影響を及ぼす要素が多くなります。特に小さなお子さんがいるご家庭にとっては、あまり歓迎できない要素といえるでしょう。しかし、川崎駅でいわゆる繁華街と呼ばれるエリアは東口。駅の反対側になります。

1999年までJR川崎駅西口の駅前は、東芝の川崎事業所と工場が並んでおり、繁華街として発展はしていませんでした。その間に発展したのが駅の東口。こちらには飲食店や風俗店、さらにホテル街などもあり、あまり住環境が良いとは言えない地域もあります。西口の開発は2000年に入ってから。繁華街である東口とは対照的に、駅前に大きな商業施設(ラゾーナ川崎)があり、その周辺にタワーマンションを中心に住宅街が形成されています。川崎駅も西口に限って言えば、住環境の良い地域といえるでしょう。

周辺の商業施設

ラゾーナ川崎

・住所 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1

・ヴィルクレール川崎タワーから徒歩約5分

食品スーパー「SANWA」、家電量販店「BIC CAMERA」、「アカチャンホンポ」、「無印良品」、「LOFT」、100円ショップの「ザ・ダイソー」に加え各種ブランドショップに映画館まで揃った大型商業施設。川崎駅西口の象徴的なショッピングモールになります。

ミューザ川崎

・住所 神奈川県川崎市幸区大宮町1310

・ヴィルクレール川崎タワーから徒歩約3分

オーケストラなどの公演も行うシンフォニーホールがあり、上層階はオフィスフロアになっているミューザ川崎。ここは買い物というより食事をすることができる商業施設ということに。上層階にオフィスフロアがある関係で、ランチを提供する飲食店が多く入っているため、休日など外食をするときには便利な施設となります。

川崎アゼリア

・住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町26ー2

・ヴィルクレール川崎タワーから徒歩約10分

JR川崎駅の東口地下にあり、JR川崎駅と京急川崎駅を繋ぐように広がる商業施設。施設内はファッションショップや飲食店を中心に多くの商業施設が入っています。

 

ヴィルクレール川崎タワーの賃貸

家賃相場

  • 坪単価 8,600円
  • 60~70㎡ 155,000~180,000円

近年の賃貸情報実績を見ると、ヴィルクレール川崎タワーの中では比較的面積の狭い、70㎡以下の物件のみ賃貸の募集がありました。家賃相場を坪単価で計算すると、およそ8,600円。川崎駅周辺の、築20年前後の賃貸物件を調べると、家賃相場の坪単価は約9,000円ですから、周辺物件よりもやや安めの設定になっていることが分かります。

 

ヴィルクレール川崎タワーの分譲

価格相場

  • 坪単価 230~260万円
  • 60㎡ 4,200~4,700万円
  • 70㎡ 4,900~5,500万円
  • 80㎡ 5,600~6,300万円

川崎駅周辺の分譲物件の販売価格から算出した坪単価が200~300万円。ここから考えると、低層階であったり、面積の狭い物件よりも面積や間取りが広かったり、高層階の物件がかなり相場よりも安めになっているということになります。物件の広さが合うようであれば非常にお買い得な物件と考えていいでしょう。

 

ヴィルクレール川崎タワーの売却について

ヴィルクレール川崎タワーは前述の通り1999年に完成したタワーマンションです。川崎駅西口の開発が始まった頃に完成したマンションであり、川崎駅西口にあるタワーマンションの中ではかなり古い部類に入る建物といっていいでしょう。そんな川崎駅西口は、2019年現在も開発が続いており、これからもタワーマンションは増える見込みです。そう考えると、今後このヴィルクレール川崎タワーの物件価値が上昇することは考えにくく、将来的な売却も考えての購入にはあまり向かない物件といえるでしょう。ただし立地条件としては素晴らしい位置にありますので、大きな値崩れは考えにくいところ。「基本的には済み続けるつもりだけど、事情によっては売却も」くらいのイメージの方に向いている物件といえるかもしれません。

 

ヴィルクレール川崎タワーまとめ

川崎駅西口の再開発に先駆けて完成したタワーマンションであり、今でこそ周辺により大きなタワーマンションが建つもののその存在感は大きいのがヴィルクレール川崎タワー。物件の価値としてはかなり下がってきており、購入するには慎重な検討が必要となりそうですが、賃貸物件として借りるには非常にリーズナブルな物件です。川崎駅から至近という立地、周辺もタワーマンションが並び、騒音などの心配がなく住環境は非常に良いにも関わらず、周辺のタワーマンションよりかなり安い家賃で募集がかかっています。小学校までの距離がそれなりにあるのがややネックなので、例えばまだお子様が小さい新婚夫婦や、子育ても終わったご夫婦などが暮らすにはベストな環境といえるでしょう。

もし売却物件や賃貸物件を見つけたら、是非、前向きに検討したい物件と言っていいかと思います。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事