南向きの物件が正解ではない?方角ごとの特徴をご紹介

部屋を借りるとき、方角を気にする方も少なくありません。「南向きのお部屋は日当たりが良いからおすすめ」といった言葉を聞いたことのある方も多いでしょう。

しかし、部屋の日当たりを考えるとき、必ずしも南向きの物件が正解とは限りません。今回は、お部屋の特徴を方角ごとに解説します。お部屋探しをする際は、ぜひ一度ご確認ください。

方角ごとの日当たりの違い

部屋を選ぶためには、日当たりは重要な要素のひとつです。部屋の日当たりは、方角によって違いがあります。以下の表では、方角ごとの日当たりの違いをご紹介します。

部屋の方角 特徴
南向き

◆日当たりの良い時間:1日中日当たりが良い

1日を通して日当たりが良いため、1番人気のある方角。乾燥機を使用しなくても、ベランダに洗濯物を干すだけで乾かすことができる。太陽の位置も高く、西日に困らされることもありません。日本には、昔から南向きの部屋が多かったともいわれている。

ただ、人気が高く日当たりも良いため、同じ間取りでも南向きの物件のほうが家賃が高く設定される傾向にある。

東向き

◆日当たりの良い時間:朝方の時間に日当たりが良い

朝方から午前中にかけて、柔らかく暖かい日差しが部屋に降り注ぐ方角。南向きに次ぐ人気の方角。日の当たる時間は午前中に限られているものの、午前中に洗濯をできる場合はおすすめ。午後からはあまり日当たりが良くないため、暑いのが苦手な方にはメリットかも知れない。

内見に行く時間によっては、部屋に暗い印象をもつ可能性がある。

西向き

◆日当たりの良い時間:午後の時間

太陽の位置が低く、日光が部屋の奥まで届きやすいのが特徴の方角。午後に日差しを強く感じやすい傾向にある。人気はあまりないものの、冬でも比較的暖かいため、冬が苦手な方におすすめ。

西日が強く、夏暑いのがデメリット。遮光カーテンなどを設置して工夫する必要がある。

北向き

◆日当たりの良い時間:なし

北向きは、1日を通してあまり日当たりが良くないため、避ける方が多い方角。洗濯物が乾きにくいだけでなく、天気が悪いと部屋全体が暗くなってしまう可能性がある。また、日光が届かない分湿気が溜まりやすく、カビなども発生しやすい傾向にある。

人気があまりないため、家賃は相場より安価に設定されていることが多い。日があまり当たらないため、クロスや本などが日焼けしにくいという特徴もある。

日当たりや内見のポイントについては、こちらの記事でも解説しています。ぜひご覧ください。

ライフスタイルに合った方角はどれ?

上記で紹介した各方角の特徴を踏まえて、それぞれの方角がどんなライフスタイルの方に適しているのかご紹介します。

  • 南向きの部屋に適した方

南向きの部屋は1日を通して日当たりが良いため、テレワークや在宅勤務の多い方や、専業主婦(夫)など、家にいる時間の多い方に適しています。他の方角と比較して洗濯物が乾きやすいため、洗濯の回数が増える大家族でも安心です。

  • 東向きの部屋に適した方

東向きの部屋は、午前中に日光が降り注ぐため、生活リズムを一定に保ちたい方におすすめです。ひとり暮らしなど、生活リズムが乱れやすい方に人気があります。

  • 西向きの部屋に適した方

西向きの部屋は、午後に日光が降り注ぐため、午後に家にいることの多い方におすすめです。出勤時間の遅い方や、夜勤のある方などに適しています。

  • 北向きの部屋に適した方

北向きの部屋は、とにかく家賃を安く抑えたい方におすすめです。また、1日を通してほとんど日が当たらないため、家にいる時間があまり長くない方に適しています。

日当たりの良い部屋を選ぶコツ

こちらでは、日当たりの良い部屋を選ぶためのコツをご紹介します。

南向きの部屋が正解とは限らない

日当たりの良い部屋を探す場合、必ずしも南向きの部屋が正解とは限りません。

確かに、南向きの部屋は日が当たりやすいものの、都市部や繁華街は周辺に高い建物も多く、日当たりを遮ってしまう可能性があります。その場合、たとえ南向きの部屋であっても、日当たりが悪くなってしまいます。南向きの部屋だからといって、内見せずに決めるのではなく、必ず内見をして日当たりを確認することが大切です。

内見の大切さについては、こちらでも解説しています。

立地にこだわるのがおすすめ

日当たりの良い部屋を探すには、立地にこだわるのがおすすめです。ビル街や商業エリアをできるだけ避け、文教地区と呼ばれる住宅街で物件を探すのが良いでしょう。文教地区は建物の高さに制限が設けられているため、隣の建物に日光を遮られる可能性を減らせます。

階層が高ければ方角はあまり関係ない

家賃は高くなってしまいますが、ある程度お金をかけられるのであれば、階層の高い部屋を選ぶと安心です。階層が高くなれば、方角関係なく日光が降り注ぎます。たとえ北向きであっても、あまり関係ないでしょう。

まとめ

日当たりの良い部屋を探すとき、方角は重要な要素のひとつです。ただ、立地によっては南向きの部屋でも日当たりが悪くなる可能性があるため、借りる前に内見をして立地を確認することが大切です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事