株式会社MDIのリブリの賃貸ってどうなの?

全国に3,000棟以上の物件を持ち、30,000戸以上の入居者がいるリブリの賃貸。入居率は99%を超える人気の賃貸ブランドです(数値はすべて株式会社MDIのHPより)。そんなリブリの賃貸物件の特徴やサービス、さらに口コミ情報などの評判をご紹介ししましょう。

 

株式会社MDIのリブリとは?

2008年創業の若い会社

株式会社MDIの創業は2008年と比較的新しく、他の賃貸ブランドに比べると新興勢力と考えていいでしょう。このMDIが管理している賃貸物件を「LivLi(リブリ)」というブランドで展開しています。リブリの物件は東京を中心とした南関東に加え、名古屋、大阪、京都、神戸などに広がっていますので、こういった都市部で物件探しの経験がある方は見たことがあるかもしれません。

気になるレオパレス21との関係

ネットで調べていると、「MDIはレオパレスの子会社」という書き込みが目立ちますが、これは誤情報。MDIとレオパレス21の企業情報を調べてみましたが、レオパレス21の大株主に、MDIの名前も、MDI創業者、経営者の名前もありません。MDIに関しては株式を公開していませんので株主の詳細は分かりませんが、HPで見る限りは資本関係や業務提携関係、役員の兼任などは一切なく、完全に別会社となっています。

レオパレス21の創業者がMDIの創業者

そもそもこういった誤情報が流れた背景には、両社の創業者が関係しています。株式会社MDIの創業者は、元々レオパレス21の創業者でもある深山祐助氏になります。深山氏がレオパレス21の社長を辞任した後に立ち上げたのが株式会社MDI。またこの株式会社MDIという屋号は、株式会社レオパレス21と社名を改める前に使用していた屋号と同じであるため、「グループ企業である」とか、「子会社である」という情報が流れるようになりました。

もちろ同じ人物が創業していますので、両社において類似点は非常に多く、またレオパレス21の社長も深山氏の親族ということもあり、関係が浅いということもないでしょう。ただし、会社としてはまったく別の会社ということになります。

 

リブリの賃貸物件の特徴

マンションよりアパートが多い

リブリの賃貸物件の特徴としては、マンションよりもアパートが多く、むしろアパートを中心とした経営をしている点にあります。株式会社MDIは、土地を持っているオーナーと契約し、その土地に物件を建ててその物件に入居者を募集するという形をとっています。「全国賃貸住宅新聞」という業界紙の記事によると、平成29年度には「賃貸住宅に強い建設会社 年間着工数第1位」を獲得。着工数が多いということは、様々なタイプの土地に物件を建設していることになり、結果比較的狭いスペースにも建てることができるアパートが多くなるということになります。

単身者向けの間取りが中心

リブリの賃貸物件の多くは、ワンルームや1DKといった単身者向けの間取りになります。もちろんファミリーサイズの物件がないわけではありませんが、基本的には一人暮らしの方向けの物件を多く扱っている会社と考えていいでしょう。

収納スペースが多い

これはリブリのコンセプトともなっていますが、限られた空間を有効活用するデザインが多く、どの物件も一般的な単身者向けの物件に比べ、収納スペースが充実している印象があります。特に荷物が多くなりがちな女性の単身者に人気のポイントとなっています。

家賃は相場よりも若干安め

これは一概に言うのは難しいところですが、リブリの賃貸物件の広さ、設備を考えると、おおよそどの物件も周辺の家賃相場よりは安くなる印象です。もちろん中にはそうでもないという物件もあるかと思いますが、基本的には「やや安めの物件が多い」と考えて問題ないでしょう。

 

リブリの賃貸のサービス

クロス貼り替えサービス

リブリの賃貸物件に入居が決まったら、お部屋の壁紙(クロス)を好きな色や柄に貼り換えてもらえます。クロスのパターンはリブリが用意している者から選ぶ形になり、多彩なクロスが用意されています。一部物件でこのサービスがない物件もあるようですが、多くの物件で無料でお好きな柄に貼り換えることが可能です。

セコムと提携し万全のセキュリティ

リブリの賃貸物件は、警備会社のセコムによるセキュリティシステムが設置されています。MDIはこの業界で初めてセコムとの提携を実現しており、各部屋にはセコムのカラーモニター付きドアホンが設置されており、外出時に簡単な操作をするだけで、セコムがあなたのお部屋をしっかりガードしてくれます。また、外出時に鍵を紛失してしまった場合などもセコムの警備員が迅速に対応し、開錠してくれるというケースもあるようです。

コンシェルジュサービス 「LivLiCLUB」

リブリの賃貸物件と契約すると、「LivLi CLUB」の会員になることが求められます。この会員になると、様々な特典を受けられる他、コンシェルジュサービスを受けることも。生活の中で気になることがあれば、このコンシェルジュに相談すれば、コンシェルジュが迅速に対応してくれます。

LivLi CLUB 会員費用

  • 2年間で7,000円(税別)

 ※ 会員費用がない建物もあります。

LivLi CLUB Wi-Fi導入物件 会員費用

  • 入会金 7,000円(税別)
  • 月会費 1,500円(税別)

 ※ 会員費用がない建物もあります。

LivLi CLUB 特典

  • 「LivLi CLUB OFF」で旅行やグルメ、映画などが最大90%off
  • 宅配クリーニング 10%off
  • ハウスクリーニング 10%off
  • ヨガ体験などのイベントご招待
  • 同じ趣味の方とサークル活動 他多数

有料となるLivLi会員ですが、得点は非常に幅広く、使い勝手の良い物ばかり。すべてを細かく挙げるとキリがないので代表的な物だけをご紹介しましたが、他にも家具のレンタルサービスの割引やお取り寄せグルメの割引などもあります。また、会員ページではお住まいの地域のゴミ出しの曜日のお知らせや、物件内の各設備の取扱説明書もあり、使い勝手のいいサービスとなっています。

 

リブリの口コミ情報

オートロックがあるから子供がいるし安心。
セコムもついていて設備が整っている。
駐車場も狭いけどある。


https://www.mansion-review.jp/mansion/771736/review.htm

内装はきれいですが、騒音には悩まされています。木造なので1階に住むと2階の生活音が非常にうるさいし、廊下の音は響いて全て筒抜けですし、外界の音は歩行者の声まではっきり聞こえるレベルです。
私は耳栓をして対応しておりますが、音に敏感な方にはオススメ出来ません。

https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/618530/res/1-1000/

リブリ17ヶ月程使いました。
駅近、ネット完備で部屋も広め、新築で設備も整っていることもあり、入居を決めました。確かに、防音は弱めだと思います。上の階の人が帰宅した音がまるで自分の家の中のように聞こえます。(慣れますが)それから、セコムの音なんかも聞こえますね。自分が耐え難かったのは、隣人がサッカーファンらしく、夜中にドタバタと大声で暴れまわってた事です。要はモラルによるところが大きいと思います。音や揺れの指摘はありますが、一人暮らし用の物件はこんなもんかな。と考えており、大きな不満はなかったです。
あとMDIについては、Wi-Fiやトイレの故障などすぐに対応してもらい、自分としては助かりました。リブリクラブのサービスはほとんど使ってません。ネット代と考えて支払ってます。Wi-Fiは、普段使いでストレスを感じることはほとんどないです。

https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/618530/res/1-1000/

転職に伴い今月5日に引っ越して来ました。
線路沿いのマンションなので二重窓が付いてましたね。
自分は今のところ気になる点はあまり無いですね。
というのも今まで木造、軽量鉄骨、鉄筋コンクリに住んできました。
ですので軽量鉄骨造のマンションはこんなもんだろうと思って住んでますので上の人の足音もあまり気にしてません。
あと3路線走ってる線路沿いですので揺れます!!
でもちゃんと契約書に記載してありましたが契約時に口頭で説明して欲しかったですね。
そして終電終わっても一時間に1本のペースで貨物列車が通過します。けど寝る時は普段耳栓してるので全く気になりません。
ここのマンションに住んでる人みんなモラルが良いのかゴミ出しはしっかりされてます。
結論で言えば生活音気にしなければ良い物件だと思います。
社員の対応の良し悪しは支店によると思いますよ。


https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/618530/res/1-1000/

 

リブリの賃貸の評判【良い点】【悪い点】

リブリの賃貸の良い評判

セキュリティが充実

ほとんどの物件がセコムに加入しており、そのほかにも窓にシャッターがついていたり、マグネットセンサーがついていたりと、万全の防犯対策が施されています。もちろんオートロックの物件もあり、入居者の多くはセキュリティに関して満足しているようです。

清潔感のあるデザイン

株式会社MDIの創業が2008年ですから、平成最後の年である2019年の時点で創業11年です。つまりリブリの物件は、どんなに古くとも築11年以内、平成29年度に着工件数1位と言われているように、その後もどんどん新築物件を建てています。必然的にリブリで物件を探すと、築浅な物件ばかりとなり、新築物件も多いということに。新しい物件だけにデザインも新しく、周辺を含め清潔感があふれる物件が多くなるということになります。

おしゃれで使いやすい内装

リブリの物件は賃貸物件として貸し出すために建てられています。そのため建設前からターゲットを絞り込みやすく、「一人暮らしの女性向けのデザインに」、「学生が住みやすい間取りに」、「お子様連れでも安心できる物件に」などコンセプトを決めて建設、デザインができるため、ニーズに合った部屋を提供できるのがポイントです。また、「特徴」の点でも触れましたが、おおむねどの物件も収納スペースが広いため使いやすい物件ともなっています。

手頃な家賃

リブリの物件は、相対的に家賃が相場よりも安めの設定になっています。口コミなどを見ても、「この設備と広さで考えれば安い」という意見が多くみられました。家賃は毎月の生活に直結する費用ですから、これを抑えることができるのは大きな利点といえるでしょう。

リブリの賃貸の悪い評判

騒音がひどい

悪い評判となると、騒音の問題が大半を占めています。隣の部屋との壁や、床天井が薄く隣人の生活音が聞こえるという書き込みが多くみられます。リブリの物件の多くはアパートであり、建築工法で言えば「木造」もしくは「軽量鉄骨」という工法が用いられています(重量鉄骨造やRC造、SRC造の場合、アパートではなくマンションになります)。木造にしても軽量鉄骨にしても、重量鉄骨や鉄筋コンクリートと比較すれば強度は当然落ちます。そんな中で建物全体の耐震強度を確保するためには、建物自体の重量を軽くする必要があります。結果、建物内部の壁や天井、床といった部分は軽く(薄く)なる傾向にあり、マンションと比較してアパートは防音性能が低いということになります。

リブリの賃貸物件は見た目が新しく、デザインもきれい、さらにセキュリティも万全な物件が多いことから、当然防音対策もしてあると思って契約している人も多いかもしれません。そんな期待の中で、普通のアパート同様の音漏れがあると、そのギャップから「騒音がひどい」という印象になるのかもしれません。

敷引の物件も

西日本に住んでいる方は分かるかもしれませんが、東日本では一般的ではない「敷引」という制度。この制度を採用している物件もあります。この「敷引」というのは、退去時の部屋の状況に関わらず、預けた敷金が返ってこないという制度になります。仮に家賃60,000円、敷金1ヶ月分で敷引60,000円であれば、最初に預けた敷金は戻ってきません。もちろん敷金で賄いきれない修繕費に関しては、退去時にさらに請求されるということになります。

この制度が一般的である西日本の方にとっては当たり前の話になりますが、「敷金は預けるもので、退去時の修繕費用で余った分は返ってくるのが当たり前」と思っている東日本の人にとっては納得のいかない制度と言えるでしょう。

ただし敷引がある分、どの物件も基本的には敷金は控えめ(0~1ヶ月分程度。東日本では敷金2ヶ月分が一般的)ですので、これは契約前にきちんと確認しておきましょう。

 

リブリの賃貸の評判まとめ

関東を中心に名古屋や大阪、神戸などでも展開しているリブリの賃貸。単身者向けのワンルームや1LDKのアパートを中心に、高級マンションなども増えてきています。そんなリブリの賃貸は、賃貸向けの物件として設計、建設、入居者募集、管理まで株式会社MDIが一括で行っています。そのためターゲットを絞り込んだ建設計画が可能となり、周辺相場よりも比較的安い家賃で、充実の設備を持った物件が多くなります。

管理する物件にはアパートが多いため、騒音やニオイなどの問題はありますが、集合住宅で暮らす以上こういった環境はある程度仕方がないもの。隣家と離れた一軒家と同様の環境というわけにはいきません。こういった住環境に慣れている、または騒音などがあまり気にならないという方には強くオススメできる賃貸物件といっていいでしょう。

ただし、初めての一人暮らしや、初めての都会暮らしなどで、騒音に慣れていない方にはあまりオススメできません。こういった方は少々家賃は高くなるかもしれませんが、マンション、特に分譲賃貸マンションなどを中心に物件選びをした方がいいでしょう。

もしリブリの物件と他の物件を比較検討したいという方は、リブリの物件を貸した実績があり、さらに他の物件も多く扱っている不動産店で、細かく比較検討することをオススメします。そんな方に心強い不動産店が「ネクストライフ」の各店。ネクストライフはリブリの賃貸物件を多く貸し出した実績を持ち、さらに他の賃貸物件も多数持っている地域密着型の不動産店になります。担当する社員は地元の情報や状況にも詳しいので、あなたの相談に真摯に乗ってくれるはずです。

リブリの賃貸物件には、良い点も悪い点もありますので、すべての人にオススメできる物件とは言い切れません。ネクストライフのような多くの物件を持つ不動産店で、多くの候補物件の一つと考え、借りるかどうかを決めるようにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事