賃貸物件の24時間サポートとは何か?

賃貸物件を契約すると、物件以外にもさまざまなものがあります。火災保険や家財保険のように、明らかに必要不可欠で、私たちの生活を守ってくれるものであれば特に悩むこともないでしょう。しかし、必要性がよく分からないサービスだと、「無駄にお金を取られるだけ」と考えてしまう方もいるかもしれません。その代表が「24時間サポート」と呼ばれるサービスです。以下では、賃貸物件における24時間サポートの特徴や必要性をご紹介します。

 

 

24時間サポートとは何か

24時間サポートとは、マンションやアパートなど、賃貸物件で起きたトラブルにスタッフが対応してくれるサービスです。他にも「安心サービス」などの名称で契約する場合もあります。サービス内容はまちまちですが、24時間365日電話1本で対応してくれるサービスも多く、想定外のトラブルの際の強い味方です。

ただし、半ば強制加入になっていることもあるため、本当に必要なのかどうか疑問に抱いている方が多いのも事実です。必要性については、今回の記事を踏まえて判断する必要があるでしょう。

 

24時間サポートで受けられるサービス

24時間サポートで受けられるサービスは、契約内容によって異なりますが、以下のようなものがあります。例えば、以下のようなものがあります。

・鍵に関するトラブル

・トイレやお風呂、キッチンなどのトラブル対応

・電気やガスなどライフラインに関するトラブル

・害虫駆除サービス

・健康相談のサポート

・その他居住環境に関するトラブルのサポート

サービス内容が豊富であ理、24時間受けられるのであれば、お得と感じる方も多いかもしれません。代表的なサービス内容について簡単にご紹介します。

鍵の関するトラブルサポート

賃貸物件を契約していると、鍵をなくすなどして家に入れなくなるケースも少なからずあります。本来であれば専門業者に連絡して鍵を開けてもらうか、大家さんに対応してもらう必要があります。

24時間サポートが鍵トラブルに対応していれば、迅速に対応してもらうことができ、万が一の時にも安心です。

また、近年はオートロック物件も増えているため、インロックなどの危険性もあります。より価値が高まっているといえるでしょう。

水回りのトラブル対応

水回りのトラブルも、賃貸物件ではよく見る光景です。キッチンやトイレ・お風呂など、何かしらのトラブルに見舞われたことのある方も多いでしょう。

24時間サポートのなかには、水回りのトラブルに対応しているサービスもあります。特に、社会人の方は夜遅くに水回りの機器を使用することも多いでしょう。そのため、24時間対応のサービスを利用できるとメリットになることも少なくありません。

ライフラインに関するトラブル対応

水回り以外にも、ガスや水道など、ライフラインとして生活に欠かせないものは多いです。しかし、利用頻度が高いからこそ、トラブルに見舞われるケースが多く、万が一の時の対応策を考えておかなければなりません。

24時間サポートでは、水回りだけでなくその他ライフラインに関するトラブル対応を行っている場合もあります。電気やガスなどは、業者に依頼していると時間がかかることも多いため、迅速に対応してもらえるのは大きなメリットです。

害虫駆除対応

人によっては、害虫に耐性がない場合や、自分では対応できないこともあるでしょう。害虫の種類にもよりますが、連絡をすると害虫駆除の対応まで行ってくれる24時間サポートも存在します。

健康相談のサポート

お年寄りや健康状態に不安を抱えている方におすすめなのが、健康相談に関するサポートです。日頃帰りが遅く、病院に行くのが難しい方などにとってはうれしいのではないでしょうか。

サービス内容は一律ではありませんが、近くの病院を紹介してくれるケースもあるようです。

 

 

24時間サポートは割高なのか

多くの方が気になるのが、24時間サポートが割高なのかどうかではないでしょうか。24時間サポートの料金は、提供している会社によりますが、賃貸物件の2年間で1万円〜2万円程度が相場です。ひと月あたりに計算すると、400円〜800円となり、これに対する評価は人それぞれでしょう。ただ、24時間サポートの料金は、賃貸物件の契約時に2年分まとめて支払うケースが多いため、割高に感じる方もいるかもしれません。

24時間サポートの内容は、上記で紹介した通り、多岐にわたる場合も珍しくありません。サポート内容を踏まえて、月額400円〜800円が割高なのかどうか判断する必要があるでしょう。加入するからには納得してお金を支払いたいところです。

 

 

24時間サポートは強制加入?

24時間サポートへの加入を判断する際に、よく問題となるのが「強制加入のためそもそも加入を拒否できない」という点です。24時間サポートは強制加入なのでしょうか。

実は、不動産の賃貸借契約において、法律上強制加入とされているものはほとんどありません。ほぼ確実に加入することになる「火災保険」ですら、強制加入ではありません。

ただ、24時間サポートを含めたこれらのサービスは、大家さんの希望で設定されているケースがほとんどです。入居に際して希望者は、「●●火災保険に入ること」「▲▲会社の24時間サポートに加入すること」などの条件が定められています。

強制の条件ではありませんが、大家さんには入居者を選ぶ権利があります。そのため、火災保険や24時間サポートに加入しない入居者については、入居を断ることもできるのです、強制加入ではないものの、入居できない可能性があるからこそ、強制的に感じる方が多いのも事実です。

本来であれば、24時間サポートの意義を理解・納得し、自らの意思で加入するのが望ましいといえるでしょう。

 

賃貸の森なら未公開物件がたくさん
⇑ LINEでカンタンお部屋探し ⇑

 

管理会社が休みの日は助かるケースも多い

24時間サポートは、人によっては不要と決めつけている方も少なくありません。費用対効果なども相まって不満に感じているのかもしれません。

ただ、場合によっては、24時間サポートが便利に働くケースもあります。その一例が「管理会社が休みの日」です。

実際、24時間サポートで対応しているサービス、鍵トラブルやライフラインに関するトラブルは、物件を契約した不動産管理会社が請け負っているケースも少なくありません。そのため、わざわざ24時間サポートを利用するまでもないのが実情です。

ただ、不動産管理会社には定休日があるのがほとんどです。そのため、トラブルに巻き込まれた時に対応してもらえない可能性もあります。その日に解決しなくてもよい場合は大丈夫なのですが、自宅に入れない時など、今すぐに対応してほしい場合もあるでしょう。その際は、24時間サポートが役に立ちます。

いつでも連絡を取れるのは非常に大きなメリットです。

 

 

賃貸物件の24時間サポート まとめ

賃貸物件の24時間サポートについては、人それぞれさまざまな意見があります。必要という方もいれば、絶対に必要ないという方もいるでしょう。実際、強制加入に近い形になっていることも多く、サポート内容に納得していないまま契約している方も少なくありません。

ただ、サポート内容や使い方によっては、賃貸物件での生活をより充実したものにし、万が一の時の安心材料として役に立ちます。契約する際は、納得してないままなんとなく契約するのではなく、どんなサポートを受けられるのか把握したうえで契約することをおすすめします。

 

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事