川崎市川崎区の治安はどう?住みやすさについても解説

神奈川県川崎市は、7つの行政区で構成される政令指定都市です。なかでも、川崎区は市の東南端に位置する街で、7つの区の中で唯一海に面しています。商業施設やオフィスビルが立ち並んでおり、数多くの方が訪れています。

今回は、川崎市川崎区の住みやすさについてご紹介します。川崎区の治安についても触れていきますので、今後移住を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

川崎市川崎区の特徴

川崎市川崎区は、川崎市の東南端に位置する行政区で、東京都大田区や横浜市鶴見区と隣接しています。そして、区内は商業エリアを中心とした中央地区、多摩川近くの大師地区、横浜市近くの田島地区の3つで構成されています。

中でも、中央駅にある川崎駅は、川崎区はもちろん川崎市でもトップクラスに賑わいのあるエリアとして多くの方が訪れています。川崎駅周辺には商業施設も充実しているため、川崎区に住む場合は必ず利用することになるでしょう。

川崎駅の特徴

川崎駅周辺は、川崎市内でもっとも賑わいのあるエリアです。川崎モアーズやアトレ川崎、ラゾーナ川崎プラザをはじめとした商業施設が数多く軒を連ねており、東芝未来科学館などアクティビティを楽しめる施設も揃っています。小さなお子さんのいる家庭にとっても役立つ場所となるはずです。

また、川崎駅周辺は飲食店も豊富に揃っています。フレンチやイタリアン、和食、中華など、好みに応じたお店を選択することができます。自炊をしない方でも、飲食店選びに困ることはないでしょう。

さらに、川崎駅は交通の便が良いことでも知られています。乗り入れているのは「JR東海道本線」「JR京浜東北・根岸線」「JR南武線」の3路線です。使用する路線によって、東京都内の各主要駅へ10分から30分程度でアクセスできます。以下では、川崎駅からのアクセスについて列挙します。

  • 新宿駅・・・所要時間約34分(乗り換え1回)
  • 品川駅・・・所要時間約10分(乗り換えなし)
  • 渋谷駅・・・所要時間約28分(乗り換え1回)
  • 池袋駅・・・所要時間約40分(乗り換え1回)
  • 東京駅・・・所要時間約20分(乗り換えなし)

東京駅まで20分程度で向かうことができるため、出張や旅行などで新幹線を利用することの多い方にもおすすめです。

ただし、川崎市川崎区は、神奈川県内でもトップクラスに家賃が高いのがネックです。都内へ数十分でアクセスできるため、魅力的な物件が多く、家賃も高くなる傾向にあります。以下では、駅周辺の家賃相場について、間取りごとにご紹介します。

  • ワンルーム・・・約6.9万円
  • 1K・・・約8万円
  • 1DK・・・約9万円
  • 1LDK・・・約11.3万円
  • 2K・・・約9.2万円
  • 2DK・・・約10.9万円
  • 2LDK・・・約14.9万円
  • 3LDK・・・約16.9万円

このように、都内の一部地域と比べても遜色ない家賃のエリアです。家賃を抑えたい場合は、少し離れた駅から探すのが良いでしょう。川崎区の詳細については、こちらの記事でも紹介しています。ぜひご確認ください。

川崎市川崎区の施設

川崎市川崎区は、数多くの公共施設や商業施設が集中しているエリアでもあります。こちらでは、川崎区にある特徴的な施設をいくつかご紹介します。

商業施設

ラゾーナ川崎プラザ

ラゾーナ川崎プラザは、川崎区でもっとも大規模な商業施設です。三井不動産が手がける商業施設のひとつで、食・音楽・旅の3つのポイントにこだわった施設となっているのが特徴です。数多くの飲食店が立ち並び、ショッピングしたくなるお店も数多く軒を連ねているため、休日にはファミリーやカップルなど多くのお客さまが訪れます。

アトレ川崎

アトレ川崎は、食料品店やファッションのお店が立ち並ぶ駅ビルです。川崎駅構内に立地しているため、雨の日でも濡れることなくショッピングを楽しむことができます。

川崎ルフロン

川崎ルフロンは、川崎駅東口から徒歩1分の好立地にある商業施設です。開業から30年以上経過し、大規模リニューアルが行われました。大規模スーパーマーケットも併設しているため、家族の多い方にも欠かせない施設です。

ラチッタデッラ

ラチッタデッラは、イタリアのヒルタウンをモチーフに造られた複合商業施設で、ヨーロピアンな雰囲気が目をひきます。飲食やショッピングを楽しんだりはもちろん、休日にはイベントを楽しむこともできます。

公共施設

カルッツかわさき

カルッツかわさきは、スポーツや芸術を楽しむことができる市内でも有数の施設です。同様の施設にミューザ川崎シンフォニーホールがありますが、コンサート専用であるのがネックとなっています。その点、カルッツかわさきは、オペラやバレエ、ミュージカルなどさまざまな芸術を楽しむ場所として利用されています。

かわさき健康づくりセンター

かわさき健康づくりセンターは、市民の健康づくりを支援する施設です。体育館やトレーニングルーム、フィットネススタジオ、ジョギングコースなどが設置されており、毎日多くの市民が利用しています。

その他の施設

川崎大師

川崎市の名物ともいえる存在である川崎大師。毎年お正月には、多くの人が訪れる一大初詣スポットとなっています。

川崎市川崎区の治安

川崎市川崎区のもっとも大きな懸念点は治安です。2009年や2010年のデータではあるものの、神奈川県内の犯罪発生件数を見てみると、1位が横浜市中区(2,358件)、2位が横浜市西区(2,253件)、そして3位が川崎市川崎区(2,137件)となっています。ここに挙げられたエリアは、どこも大きなターミナル駅や繁華街があり、いつも多くの人で賑わっている場所ですが、それでも決して治安が良いとはいえないのが現状です。

また、川崎市内の犯罪発生率を確認してみると、1位が川崎区(2.210%)、2位が中原区(1.099%)、3位が高津区(1.027%)となっており、圧倒的に川崎区の犯罪発生率が高いことがわかります。ちなみに、犯罪発生率がもっとも低いのは、宮前区(0.486%)となっています。

もちろん、川崎区全体が治安が悪いわけではありません。特に、川崎駅周辺は風俗店や飲食店なども多く、夜遅くまで飲み歩く方も多いため、自然とトラブルが発生しやすい傾向にあります。川崎区に住むのであれば、夜間に駅に近づかないなどの工夫が必要でしょう。近年では、川崎駅も再開発が進んでいますが、未だに治安があまりよくないイメージを持っている方も少なくありません。

また、人口の多さも川崎区の人口に影響を与えている可能性があります。川崎市は政令指定都市の中でもっとも面積の小さい街ですが、2018年時点で人口が22万人を超えています。住民が増えるとその分人同士のトラブルも発生すやすくなるため、治安に影響を与えるのです。

まとめ

川崎市川崎区は、治安に不安を残すものの、商業施設や公共施設が豊富で住環境も優れた街です。川崎駅から少し離れたところに住めば、それほど治安を気にする必要もないため、移住を検討の際は不動産会社に問い合わせましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事