保証人が不要に?保証人代行サービスとは何か

物件を見つけて引越しをしようと考えているものの、保証人に不安があり躊躇している方も多いでしょう。

そのような場合に活用できるのが「保証人代行サービス」です。身近に頼れる親族がいない、両親がすでに退職しているなどの事情がある場合でも利用できます。

今回は、保証人代行サービスについて解説します。

賃貸物件に入居する場合は保証人が必要

賃貸物件に入居する際、必ず必要となるのが保証人です。保証人とは、契約者の負う債務を保証する立場の人を指します。

賃貸物件に入居する場合は、家賃の滞納や退去費用の未精算などがあった場合に契約者の代わり立て替えて支払う義務を負います。

保証人については、こちらの記事でも解説していますので、ぜひご覧ください。

保証人には誰を選ぶ?

保証人を選ぶ際、誰にお願いするべきか悩む方もいるかもしれません。保証人は、基本的には二親等以内というルールがあります。

そこで、まずは両親を検討するのが一般的です。ただし、両親が退職している、経済力に不安があるなどの事情がある場合は、保証人になることができません。

そのようなケースでは、兄弟や親族に依頼することになります。場合によっては会社の上司などにお願いすることもできますが、不動産会社や大家さんによっては認められていない可能性もあります。

保証人代行サービスとは?

ほとんどの賃貸借契約で保証人が必要となりますが、両親や親族が高齢であったり、すでに退職していたりすると、保証人になれないケースがあります。

そのような場合に活用されているのが、保証人代行サービスです。契約者が保証人を立てなくても家を借りることができ、選べる物件の幅も広がるため、利用者は年々増加傾向にあります。

また、万が一のときでも確実に家賃を回収できるため、大家さんや不動産会社から積極的に利用しているケースも見られます。

保証会社と保証人代行の違いは?

賃貸物件を契約する際、保証人が見つからない場合によく利用されているのが「保証会社」です。両者には、どのような違いがあるのでしょうか。

保証会社は、部屋を借りる方が保証委託料を保証会社に支払うことで、大家さんに対して入居中の家賃を保証する会社のことです。

保証会社は、大家さんが特別拒否しない限り、基本的にどの物件でも利用できるのが特徴です。

保証委託料については会社ごとに異なりますが、家賃の0.5~1ヵ月分/年程度が相場です。更新のタイミングでは、1万円前後の更新料がかかることもあります。

一方、保証人代行サービスとは、部屋を借りる方の保証人の役割を法人(会社)が代行してくれるサービスです。

保証会社が家賃の支払いという債務を保証することを事業としているのに対して、保証人代行サービスは入居者支援の目的で事業を展開しています。

保証人を見つけられない方でも部屋を借りられるように、不動産管理会社や仲介会社が保証人代行サービスを提供しているケースが見られます。

保証人代行サービスの仕組み

保証人代行サービスを提供する会社は、大家さんや不動産会社と部屋を借りる方の間に立って保証人と同等の役割を果たします。

契約者は保証人代行会社に保証料を支払うことで、保証人を用意することなく部屋を借りられます。

入居者が家賃を滞納したり、退去費用を支払わなかったりした場合は、保証人代行会社が滞納分を支払います。その後、契約者は保証人代行会社に対して滞納分を支払う必要があります。

保証人代行サービスの利用手順

それでは、実際に保証人代行サービスを利用する場合の手順について確認しましょう。

申し込み

まずは不動産会社に保証人代行サービスを利用した旨を伝え、申し込みを行います。

不動産会社が提携している保証人代行会社やサービスを利用して借りることのできる物件を紹介してもらうのがスムーズです。

一定の支払い能力を有していれば誰でも申し込むことができますが、学生や未成年の場合は親権者による同意書の提出などを求められます。

申し込み時に必要となるのは、主に以下の4つの書類です。

  • 本人確認書類(免許証やパスポート、健康保険証など)
  • 外国人登録証明書(在留資格のある外国籍の方の場合)
  • 収入証明書類(給与明細、預金通帳、確定申告書など)
  • 親権者の同意書(学生、未成年者の場合)

契約内容に応じて必要な書類は異なるため、指定された書類を不備なく準備ましょう。

審査、契約

申し込みが完了したら、提出した書類の内容に応じて保証人代行会社による審査が行われます。

審査をパスすると契約へと進み、保証委託契約書に必要事項を記入して保証料を支払います。入金を確認したあとでサービスが開始となります。

審査で重要視される点は、一般的な入居審査と大きくは変わりません。下記の記事で解説していますので、不安な点がある場合は一度ご確認ください。

保証人代行サービスのメリット・デメリット

保証人代行サービスを利用する場合、特別な事情があるという方が多いでしょう。しかし、メリットやデメリットを比較した上で申し込むことが大切です。

こちらでは、保証人代行サービスを利用するメリットやデメリットをご紹介します。

保証人代行サービスを利用するメリット

保証人代行会社は、物件を管理している不動産会社や管理会社が運営しているケースがほとんどです。

そのため、第三者機関である通常の保証会社を利用するよりも、審査が柔軟に行われる傾向にあります。保証会社の審査で落ちてしまった場合でも、保証人代行会社であればOKというケースも珍しくありません。

保証人代行サービスを利用するデメリット

保証人代行サービスを利用できる物件は、依然として限られており、自分の気に入った物件が必ずしも利用できるとは限りません。

また、保証人代行会社のすべてが不動産会社が運営しているものではなく、保証会社とほとんど変わらない会社も少なくありません。

なかには強引に契約を迫り、トラブルとなっている事例もあるため注意が必要です。

保証人代行会社が判明したら、ホームページを確認して「保証人を代行する」旨の記載があるか確認しましょう。「斡旋」とだけ記載されている場合は、実体は保証人代行会社ではない可能性があります。

まとめ

保証人代行は審査の融通が利きやすいというメリットがある一方、なかにはトラブルに発展するケースもあります。

対応している物件が限定されているため、不動産会社に利用できる物件を紹介してもらうのが安心です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す


関連する記事